可愛いデザインや季節限定も多数!京都女子旅のお目当ては、お寺で御朱印巡り!
2018.07.04

まだまだ続く御朱印ブーム。 可愛いデザインや季節限定も多数!京都女子旅のお目当ては、お寺で御朱印巡り!

まだまだ続く御朱印ブーム。可愛いデザインから限定ものまで、そのバリエーションは実に豊富。今回は京都のお寺を巡って集めたい、おすすめの御朱印をご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈毘沙門堂門跡〉/山科

季節限定の御朱印のバリエーションが豊富。

7cec3c4e198ef7cd97d291a2b1c191b2
桜の吉祥天(5月初旬まで)500円

桜と紅葉が描かれたオリジナル御朱印帳2,000円も。

〈毘沙門堂門跡〉
■京都府京都市山科区安朱稲荷山町18 
■075-581-0328
■8:30~17:00 

2.〈大福寺〉/麩屋町二条

通年授与される、マッチ箱より小さな豆朱印300円(豆朱印帳300円)が可愛い。

b25e618831820098c813aaad0958e509
4073d9db10d263f3db1a85034f706b34

〈大福寺〉
■京都府京都市中京区麩屋町通二条上ル布袋屋町498 
■075-231-3624
■土日祝、縁日の9:00~16:00(問合せ:7:00~8:30) 

3.〈佛光寺〉/烏丸四条

仏様の教えを伝える言葉を添えた「絵入り法語印」は3カ月に一度変わる。

1888085027ae3d543184d1bba17cd08e1

お雛さまや兜の金太郎など風物詩が。

02d3813c17a59f9011ef6c37c13c37c11

書き置きのみ。500円。

〈佛光寺〉
■京都府京都市下京区新開町397 
■075-341-3321
■9:00~16:00(受付は月~金の15:30まで) 

(Hanako1154号掲載/photo : Makoto Ito text : Mikako Sawada)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る