名称未設定のデザイン (10)
2022.11.24

非常時に備えて、 【防災グッズ】準備するなら「兼ねられるもの」を増やして、賢く省スペース。

ついつい、“あれもこれも用意しなきゃ”と思いがちだが、普段から“ひとつのものをどうやって応用させるか”考えるクセをつけよう。

防災バッグとして持ち出すアイテム は多いほうが安心だが、持ち運びに苦労するほどかさばるのは、むしろ危険!防災バッグをコンパクトかつ“使えるもの”にするコツは、ひとつの用途だけでなく、複数の使い方ができるアイテムを増やすこと。 アイデア次第だったりもするので、 自分なりの使い方を考えてみて。

例えば…大判ストール

1

羽織ったり、首に巻いたりする以外にも、さまざまな使い方が。大は小を兼ねるので、かさばらない薄手のものを用意しよう。

腰に巻いて目隠しに
トイレのない場所でもよおしてしまったとき、全体を隠しながら用を足すことができる。着替えをするときにも便利。
腰に巻いて目隠しに トイレのない場所でもよおしてしまったとき、全体を隠しながら用を足すことができる。着替えをするときにも便利。
帽子やマスク代わりに
頭や口元を覆って粉塵、煙などを防御。スッピンで人前に出るストレスも軽減される。日差しの下では、紫外線対策にも。
帽子やマスク代わりに 頭や口元を覆って粉塵、煙などを防御。スッピンで人前に出るストレスも軽減される。日差しの下では、紫外線対策にも。
非常時のついたて代わりに
避難所ではプライベートな空間を確保しにくいが、カーテンのように使えば、ひとりの場所を作ることが。着替え時にも。
非常時のついたて代わりに 避難所ではプライベートな空間を確保しにくいが、カーテンのように使えば、ひとりの場所を作ることが。着替え時にも。
ロープ代わりに
細長く巻いてロープの代用に。強度は望めないかもしれないが、荷物を括ったり、何かを束ねたり、結んで目印にしても。
ロープ代わりに 細長く巻いてロープの代用に。強度は望めないかもしれないが、荷物を括ったり、何かを束ねたり、結んで目印にしても。
腰に巻いて目隠しに
トイレのない場所でもよおしてしまったとき、全体を隠しながら用を足すことができる。着替えをするときにも便利。
帽子やマスク代わりに
頭や口元を覆って粉塵、煙などを防御。スッピンで人前に出るストレスも軽減される。日差しの下では、紫外線対策にも。
非常時のついたて代わりに
避難所ではプライベートな空間を確保しにくいが、カーテンのように使えば、ひとりの場所を作ることが。着替え時にも。
ロープ代わりに
細長く巻いてロープの代用に。強度は望めないかもしれないが、荷物を括ったり、何かを束ねたり、結んで目印にしても。

そのほか、こんなアイテムも
・ラップ
・靴下
・オリーブオイル

illustration: naohiga text : Ikuko Hyodo

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る