1
2022.11.14

【防災グッズ特集】女性ならではの“備え”を考えよう。

各地で起こる地震、そして毎年大きな被害をもたらす台風や大雨…。日本で暮らす限り、災害にきちんと備えておくことは生活の重要事項。今回の防災特集は、女性だからこそ備えたいポイントにフォーカスします。

特別ではない、いつもの備えが非常時の味方に。

ハナコではこれまでも防災特集を定期的に行ってきたこともあり、読者の方々は防災意識が比較的高いといえるかもしれない。ハナコラボパ ートナーへのアンケートによると、 防災意識が高いと思う人は3割強にとどまったが、9割近くが自宅に何らかの備えをしている結果に。一方で「何から始めればいいかわからない」という声も根強くある。
そんな人にぜひ知ってほしいのが、Q5にもある「フェイズフリー」という考え方。日常時と非常時を分けず、2つのフェイズをフリーにして、身の回りにあるモノやサービスをどちらにも役立てる、いわゆる「備えない防災」だ。常備食のローリングストックや、日頃から持ち歩いて使う防災ポーチなど、以前からこうした考え方はあったが、今、ますますその意識が高まっている。

Q1、防災意識は高いほうだと思いますか?

Hanako_2210_防災_グラフ_1

「いいえ」と「どちらともいえない」を合わせると63.9%。その理由として「揃えないといけないものがわからない」「何からしたらいいかわからない」「現実的に捉えられていない」という声が。

Q2:自宅に備えをしていますか?

Hanako_2210_防災_グラフ_3

9割近くが自宅に備えをしていて、防災袋を玄関やすぐ取り出せるところに置いている人も。ほかにも備えとして多いアイテムは、水、食料、懐中電灯(ランタン)、簡易トイレ、カセットコンロなど。

Q3:「防災ポーチ」を知っていますか?また、持ち歩いていますか?

Hanako_2210_防災_グラフ_2

防災ポーチを持ち歩いている人は8.3%。なかには「用意はしているけれども、カバンが小さくて……」という人も。持ち歩いている人のポーチの中身は、ウエットティッシュ、絆創膏、常備薬など。

Q4:「防災」という言葉を聞いて、どんなイメージがありますか?

・「実際に災害が起きたときに対処できるかどうかわからない」
・「大雨など直近に何か予想されるときに、意識が高まる」
・「いつ起こるかわからないから、備蓄しようと思ってもつい忘れてしまう」
・「地元周辺が被災した際に初めて自分ごと化され、備えを始めたり、意識が高まった」
・「昔よりも新しい技術が盛り込まれていたり、おしゃれなグッズが増えてきているイメージ」

Q5:以下の防災関連のワードで聞いたことのある&意味を知っている言葉を教えてください。

Hanako_2210_防災_グラフ_5

「常備食」「ハザードマップ」という言葉はかなり浸透しているようだが、「ローリングストック」「水平避難/垂直避難」は3割程度、「フェイズフリー」はまだまだ知られていないのが現状だ。

illustration : naohiga text : Ikuko Hyodo

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る