DMA-0164
【PR】2022.10.28

どんな場面も、水分補給に ポカリスエット イオンウォーターを。

普段の生活の中でも、私たちの体は意外と汗をかいているもの。一日を通してこまめな水分補給は欠かせません。水分とイオンをおいしく摂って、体と心をすっきりリセット。(PR/大塚製薬)

毎日の生活を、気持ちよくうるおして。

朝起きてから夜眠るまで、私たちは日常のあらゆるシーンで水分を失っている。激しい運動をしなくても、皮膚や吐く息からも失われ続けているため、体はいつの間にか渇いた状態に。だから、一日を通してこまめな水分補給がとても大切。 けれど、水だけを補給すればいいわけではない。実は私たちの体の中の水分(体液)は、真水ではなくナトリウムなどの電解質(イオン)が含まれたもの。汗がしょっぱいのもこれが理由だ。

もし汗をかいたときに水だけを飲んでいると、体は体液の濃度を一定に保とうとして、過剰な水を体外へ排出してしまうため、体液量は十分に回復しない。だから体液に近い電解質バランスの飲料を飲むことが鍵になる。また、湿度が低下してくるこれからの季節は体の水分量をキープしておくことが重要。

乾燥した空気は鼻やのどなどの空気の通り道を乾燥させ、ほこりなどの異物が体に入りやすい環境を作ってしまう。そこで大切なのが体の水分量。これを維持することで、鼻やのどのうるおいを保ってくれる。 ポカリスエット イオンウォーターは、体液に近い電解質バランスの健康飲料。スムーズに水分と電解質を補給できる。後味すっきりで低カロリー。入浴やサウナでしっかり汗をかいたときはもちろん、日常にもおすすめ。水分補給の習慣を生活に取り入れて、健やかな日々を送ろう。

SCENE #1 WAKE UP 朝、目が覚めたら。

発汗量 約300~400ml※1
発汗量 約300~400ml※1

寝ている間にも水分は失われ、寝起きの体は渇いた状態。起きたらまずは日差しを浴びながら、コップ一杯の水分をチャージ。なんだかいい一日が始まりそう。

※1 睡眠時間8時間での夏、秋、冬の平均。 出典:日本生気象学会雑誌, 出町耕一, 2008:45(3),S19

SCENE #2 WALK 通勤中も。

発汗量 約200ml※2
発汗量 約200ml※2
DMA-0368

涼しい季節になったけれど、電車に乗ったり歩いたりするだけでも体は汗をかいている。300㎖サイズならいつものバッグに入り、会社へ向かう途中でも手軽に水分が摂れる。

※2 夏の場合。冬は約120㎖。 出典:日本生気象学会雑誌, 芳田哲也, 2001:38(2),S49

SCENE #3 WORK デスクワークで。

発汗量 約300ml※3
発汗量 約300ml※3

冷房や暖房で乾燥しているオフィス。デスクワーク中も体の水分は失われるから、水分補給を忘れずに。控えめな甘さとすっきりした後味で、気分までリフレッシュ。

※3 4、5月のデスクワーク8時間で。 出典:日本生気象学会雑誌, 新矢博美, 2011,4(3) S75

SCENE #4 SAUNA サウナでしっかり。

発汗量 約800ml※4
発汗量 約800ml※4
DMA-0164

週末は、大好きなサウナへ。汗をかいたら、外気浴中はたっぷり水分と電解質補給を。体液に近い電解質バランスのイオンウォーターは、そんな時にぴったりの相棒。体と心に染みわたる〜!

※4 80度、38分間。 出典:Kukkonen-Harjula, et al., Eur J Appl Physiol Occup Physiol. 1989;58(5):543-50.

POCARI SWEAT ion water

ライフスタイルに合わせてチョイス!

PSIW_lineup_stick_cmyk

汗をかくことにより「心身のリセット」を行う人たちに、ポカリスエット イオンウォーターを。900、500、300、250㎖と豊富なサイズ展開で、日常のシーンで選べる。寒い季節は、パウダースティックタイプをお湯に溶かして飲むのもおすすめ。

■問い合わせ先/大塚製薬お客様相談室 0120-550-708

photo : Yutaro Yamane (TRON) styling : Miki Sayama (LOVABLE) hair & make : Kosuke Hirose model : AKEMI RODRY (Number Eight) text : Yoko Abe

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る