サムネDMA-b1187
2022.10.06

ぼる塾の田辺さんが、憧れの茶道に挑戦!

茶道はいつか身につけたい作法の一つだけど、お稽古を始める前にまずは客人としてお茶会に招かれたときの振る舞い方を知っておきたい。お茶にもハマっているお笑い芸人、ぼる塾の田辺智加さんの茶道体験レポート。

茶室に入る前から出るまで、茶道にはさまざまな決まりがある。初心者でも気負わず体験できる茶席が〈神楽坂 和茶〉で開かれていると聞いて、お笑いカルテット「ぼる塾」の田辺智加さんが参加することに。

たなべ・ちか/お笑い芸人。1983年生まれ、千葉県出身。TBS『ラヴィット!』で月曜レギュラーを務めるなど、テレビ番組で活躍する。Hanako.tokyoではコラムを連載し、幅広いスイーツ知識を発信。
ワンピース(AS KNOW AS olaca 10120-713-906)
たなべ・ちか/お笑い芸人。1983年生まれ、千葉県出身。TBS『ラヴィット!』で月曜レギュラーを務めるなど、テレビ番組で活躍する。Hanako.tokyoではコラムを連載し、幅広いスイーツ知識を発信。 ワンピース(AS KNOW AS olaca 10120-713-906)

スイーツの女王とも称される田辺さんは、お供にするお茶にも興味津々。「おいしい抹茶を点ててみたくて、京都で抹茶碗を手に入れました。ちょうどこの前、ぼる塾メンバーに振る舞ったのですが、かなり自己流だったので今回はお勉強したいです!」(田辺さん、以下同)

【お道具】参加する服装は洋装でも和装でもいいが、白い靴下、懐紙、扇子はマスト。
〈神楽坂 和茶〉では貸し出しや販売も行っている。ネックレスや指輪など、茶碗に触れてしまうアクセサリーは外しておこう。
【お道具】参加する服装は洋装でも和装でもいいが、白い靴下、懐紙、扇子はマスト。 〈神楽坂 和茶〉では貸し出しや販売も行っている。ネックレスや指輪など、茶碗に触れてしまうアクセサリーは外しておこう。

〈神楽坂 和茶〉では、茶室を囲む土間に寄付(よりつき)と待合を兼ねたスペースが設けられている。白い靴下に履き替えてここで身支度を整え、白湯で一息。「鉄瓶で淹れられたこの白湯、まろやかで驚きました。心が落ち着いて、浄化された気がします」。手水鉢(ちょうずばち)で手と口を清め、扇子や懐紙を持ったらいよいよお茶室へ。

一、白湯を一口
白湯を飲んで、クールダウン。
一、白湯を一口 白湯を飲んで、クールダウン。
二、清める
手水の作法は神社で行うものと同じ。左手、右手、口、柄杓の柄の順に清めていく。
二、清める 手水の作法は神社で行うものと同じ。左手、右手、口、柄杓の柄の順に清めていく。
三、躙口からお茶室
躙口から入る前に、中の様子を窺うようにする。畳を歩くときは、“半畳三歩”、“縁を踏まない”ことを心掛けてみよう。
三、躙口からお茶室 躙口から入る前に、中の様子を窺うようにする。畳を歩くときは、“半畳三歩”、“縁を踏まない”ことを心掛けてみよう。
一、白湯を一口
白湯を飲んで、クールダウン。
二、清める
手水の作法は神社で行うものと同じ。左手、右手、口、柄杓の柄の順に清めていく。
三、躙口からお茶室
躙口から入る前に、中の様子を窺うようにする。畳を歩くときは、“半畳三歩”、“縁を踏まない”ことを心掛けてみよう。

茶道は〝音と気配〞の世界。躙口(にじりぐち)から入ったら、トンと音をたてて戸を閉め、亭主へ入室の合図をする。掛け軸や花、釡の具合を拝見し、着座した頃に亭主が現れるのだ。「釡の火を見ていたら、チリチリとお湯が沸いている音も聞こえてきました。耳から楽しむのもいいですね」
 

四、床の間を鑑賞する
掛け軸に一礼し、香合やお花を見て茶席のテーマを感じ取る。
四、床の間を鑑賞する 掛け軸に一礼し、香合やお花を見て茶席のテーマを感じ取る。
五、釡を拝見する
お茶を点てるお湯は、この釡から。
五、釡を拝見する お茶を点てるお湯は、この釡から。
六、ごあいさつ
着座したら亭主を「お入りください」と招き入れ、「本日はありがとうございます」とあいさつを。
六、ごあいさつ 着座したら亭主を「お入りください」と招き入れ、「本日はありがとうございます」とあいさつを。
七、お菓子をいただく
季節を表すお菓子をいただきながら、お茶を待つ。
七、お菓子をいただく 季節を表すお菓子をいただきながら、お茶を待つ。
五、釡を拝見する
お茶を点てるお湯は、この釡から。
六、ごあいさつ
着座したら亭主を「お入りください」と招き入れ、「本日はありがとうございます」とあいさつを。
七、お菓子をいただく
季節を表すお菓子をいただきながら、お茶を待つ。

次に、お茶と水差しや茶碗などの道具が一つ一つ運ばれてくる。お菓子は、亭主が茶筅(ちゃせん)をお湯に通し始めたら手に取ろう。今回は名店〈梅花亭〉から、秋らしい「長明菊」がもてなされた。「抹茶のいい香りが漂ってきて、飲むのが楽しみに」

八、お茶を待つ
茶席での会話は最低限。お茶を点てる間の音にも耳を傾けよう。
八、お茶を待つ 茶席での会話は最低限。お茶を点てる間の音にも耳を傾けよう。

お茶をいただくときも、〝音と気配〞が大事。まずは、茶碗を自分の膝の前に置き、「ちょうだいします」と両手で茶碗を持ち、感謝を込めていただいて。「最後はズズッと音をたてて吸いきり、飲み終わったことを知らせるんですって」

九、お茶をいただく
一口いただいて「苦味の奥にある甘みを感じました」と田辺さん。飲み切ったらお茶碗の姿も見てみよう。
九、お茶をいただく 一口いただいて「苦味の奥にある甘みを感じました」と田辺さん。飲み切ったらお茶碗の姿も見てみよう。
十、一礼
亭主が道具を片付け、一礼して今回の茶席は終了。入ったときと同じく、掛け軸や釡などを鑑賞してから退室する。
十、一礼 亭主が道具を片付け、一礼して今回の茶席は終了。入ったときと同じく、掛け軸や釡などを鑑賞してから退室する。
九、お茶をいただく
一口いただいて「苦味の奥にある甘みを感じました」と田辺さん。飲み切ったらお茶碗の姿も見てみよう。
十、一礼
亭主が道具を片付け、一礼して今回の茶席は終了。入ったときと同じく、掛け軸や釡などを鑑賞してから退室する。

亭主が点てる様子もよく見ていた田辺さん。「私のがむしゃらな点て方とは違い、一つ一つが丁寧。これがおいしさに繋がるんですね。ルールはあるけれど、茶席は決して怖いものじゃないということをみんなに知ってほしいです」

体験してみて

DMA-b0960

抹茶って最近まで苦いものだと思っていました。こちらでいただいたのは、苦いだけじゃない旨味がありました。お湯の質や茶筅の扱い方などが関係しているのかな、と学べてよかったです。
茶道の所作を、まずはお客さんとして見ることができ、お稽古も始めやすいですね。やってみないとわからないことが多いから、怖がらずに来てみてほしいです。
こちらのお店は、来るまでの小道の雰囲気も良くて、見つけたときのうれしさがあります。

〈神楽坂 和茶〉

DMA-b1594

体験茶会(1人3,000円~)は月1回開催(予約制)し、会のテーマや内容はそのたびに変更。日時・内容を相談して体験できるプライベート茶会は、1席(1~4人)12,000円~。茶室内でお茶とお菓子を楽しめるカフェとしても営業している。

住所:東京都新宿区横寺町37 
営業時間:12:00~17:00LO 
定休日:水休 
席数:4席

photo : Kenta Yoshizawa styling : Mika Sasaki hair & make : Mizuka Takamaru (Ari . gate) text : Kahoko Nishimura

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る