八雲
2022.10.06

Hanako's Information 木彫り熊の伝統を未来に紡ぐ、八雲町×BEAMS JAPAN「八雲の木彫り熊」が始動!

日本の魅力を発信するBEAMS JAPAN(ビームスジャパン)と北海道八雲町が、木彫り熊をモチーフにしたTシャツやグラスなどオリジナル商品を制作。10/5(水)から11/2(水)まで東京・新宿の店舗〈ビームス ジャパン〉と、〈ビームス 公式オンラインショップ〉で販売します。

0Z4A2025
0Z4A2026
0Z4A3537
0Z4A3625_F
0Z4A3940_F
0Z4A3960_F
0Z4A3970_F
IMG_8780
yakumo-1
0Z4A4327
0Z4A2025
0Z4A2026
0Z4A3537
0Z4A3625_F
0Z4A3940_F
0Z4A3960_F
0Z4A3970_F
IMG_8780
yakumo-1
0Z4A4327

北海道の南西部、渡島半島のほぼ中央に位置し、太平洋と日本海の2つの海に面している八雲町は、明治になってから尾張徳川家によって開拓され、豊富な海産物をはじめ酪農・農業などの1次産業が盛んな町。そんな八雲町は、実は「北海道木彫り熊発祥の地」としても注目を集めています。そのはじまりは1924 (大正13)年までさかのぼり、北海道第一号の木彫り熊が八雲町で作られてから、多くの人が彫るようになり、やがて北海道を代表する土産物に成長。戦前には八雲のブランド化が推進され、木彫り熊の足裏に焼印が押されていました。今回、そんな八雲町の木彫り熊の伝統や歴史を未来に紡ぐために、BEAMS JAPANがタッグを組んで、オリジナル商品を制作することに。木彫り熊の足裏の焼印をトレードマークとしたTシャツやグラス、八雲を代表する8人の作家の木彫り熊を画家 坂巻弓華氏が描きおろした湯呑、バンダナといったオリジナルの木彫り熊アイテム、グッズのほか、八雲町特産品も販売します。期間は10/5(水)から11/2(水)まで。東京・新宿の店舗〈ビームス ジャパン〉のほか〈ビームス 公式オンラインショップ〉でも販売されるのでぜひチェックしてみてください!

yakumo_750_540
logo-Hanako's-information_author-1_ページ_1
Hanako's Information / Hanako編集部

「最新情報やお得な情報など幅広くお届けします!」

Hanako's Informationさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る