飯能top
【PR】2022.08.15

Hanako's Information 自然と暮らしの距離感がちょうど良い移住の新提案!飯能市で叶う理想の“半農ライフ”って?

自然が身近にありながら、都心とのアクセスの良さも人気の秘密!今注目を集める“農のある暮らし”「飯能住まい」について紹介します。(PR/飯能市)
0H5A1333
0H5A1302
0H5A1211
0H5A1215
0H5A1322
0H5A1361
0H5A1186
_MG_0810
_MG_0130
_DSC2388修正画像
0H5A1333
0H5A1302
0H5A1211
0H5A1215
0H5A1322
0H5A1361
0H5A1186
_MG_0810
_MG_0130
_DSC2388修正画像

『仕事は変えず、住まいを変える。新しい「移住」のカタチ』として、今、注目を集めるのが埼玉県飯能市の「飯能住まい」。家庭菜園から本格農業まで、土と自然に親しみ、ライフスタイルにあった“半農ライフ”が実現できる制度です。

対象地域の南高麗地区は山や畑など里山風景が広がるエリアながら、駅から車で5~15分程の距離。アクセスに優れた緑豊かな土地に一軒家を建て、土に触れる暮らしを楽しめます。
自然の中で子育てできる点も魅力。市内には「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」など特色ある公園が多く、対象地域の小学校では、自然を生かし、授業で田植えや野菜の収穫などを学びます。
川遊びやBBQで人気の「飯能河原」をはじめ、ハイキングやゴルフ、カヌーなど、大人も楽しめるアクティビティスポットも充実。「飯能住まい」を利用して移住すると、休日の過ごし方が変わると評判です。
移住を考えるうえで、重要なのが仕事。飯能駅から池袋へは最短約38分とアクセス良好。西武池袋線「池袋行き」の始発駅なのでゆったり座って通勤でき、新宿・渋谷・横浜方面へも乗り換えなし。「飯能住まい」で移住した人のほとんどが移住前と同じ仕事を続けています。

仕事を続けながら、住む場所を変え、ライフスタイルが変わる。これが叶うのが「飯能住まい」です。 自然、農、くらしの距離感がちょうどいい「飯能住まい」で、理想の“半農ライフ”を見つけてみては?

Hanako's Information
Hanako's Information / Hanako編集部

「最新情報やお得な情報など幅広くお届けします!」

Hanako's Informationさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る