第3回ヒコロヒー_トップ画像
2022.08.22

第3回 ヒコロヒーのナイトキャップエンタメ 在日コリアン四世代の 苦闘の歴史にイッキ見。

疲れた心と体に染み込む、ナイトキャップ(寝酒)代わりのエンタメをヒコロヒーが紹介。第3回は、オバマ元米大統領も絶賛の韓国系アメリカ人作家ミン・ジン・リーの長編小説を実写化した、Apple TV+のオリジナルドラマ『Pachinko パチンコ』。
第3回ヒコロヒー

昨年たまたま立ち寄った書店で原作に出会った。興味をそそるタイトルもだが、それ以上に帯に書かれた壮絶なあらすじにビビッときたのだ。「夫ではない男の子供を宿し、彼女は日本に渡ってきた」。どうやら四世代にわたる在日コリアン一家の物語で、移民が受ける差別等の問題も描かれているよう。気になって読み始めたら、引き込まれ上下巻を読了。期待していたドラマ版もイッキ見してしまった(シーズン2はよ)。

1931年、祖国である朝鮮を離れた主人公のソンジャがやってきたのは大阪だった。私も大阪に長く住んでいて、まわりに〝在日〞や移民の友達はたくさんいた。当時は友達が差別を受けていると感じたことはなかったが、私が気づかないでいられたのはマジョリティ側の人間だったからなんだろう。差別や偏見はきっと今も存在しているし、無自覚でいられたあの頃の自分を恥じたくもなる。

一方で、苦難に遭っても尊厳を失わないソンジャの姿からは、人間の力強さを感じた。勇ましく人生を切り拓いていく様には、誰もが勇気をもらえることだろう。

最近は大久保界隈に飲みに行くこともあり、移民の方とすれ違うことも多い。物語は続いていて、今もこの国にはたくさんの〝ソンジャ〞が暮らしているのだ。そのことを忘れないようにしたい。

text : Daisuke Watanuki

ヒコロヒー
ヒコロヒー

「世界観やセリフで魅せるコントで活躍するピン芸人。松竹芸能所属。テレビ朝日系『キョコロヒー』等に出演中。Instagram:@hiccorohee

ヒコロヒーさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る