【土屋宅 AFTER】
2022.06.25

ワンチェンジでセンスアップする魔法のキーアイテム。 お部屋がおしゃれなる『照明』の使い方。スタイリストのアドバイスで大変身!

たった1つのアイテムを家に迎えるだけで、インテリアの完成度が上がり、部屋がぐっと心地よくなる。そんなテクニックを、スタイリストの官野亜海さんが伝授。「圧迫感のない自然素材やガラスのキーアイテムを、用途に縛られずに取り入れるのがコツ」とのアドバイスを元にハナコラボ パートナーの自宅をブラッシュアップする。

お悩み部屋の住人はこの2人

無題 (23)
001
無題 (23)
001

◆写真・動画クリエイター・永田尚子(ながた・なおこ)「育児中でも、イギリスアンティーク調を楽しみたい!」
4LDKの一軒家に越して4カ月。イギリスアンティーク調やカフェ風のインテリアが好き。7歳・5歳・0歳の息子の子育て中で、繊細なガラスやスタンド型の小物が置けないという制限がある。ごちゃつかず実用性も大事にしながら、好きなテイストに挑戦したい。

無題 (24)
074
無題 (24)
074

◆ハナコラボプロデューサー・土屋志織(つちや・しおり)「今の持ち物を生かしながら、遊び心で彩る方法は?」
1LDKの賃貸マンションで一人暮らし。チェストやテーブルなどの家具を気に入ってはいるが、前の家からそのまま持ってきた印象を拭えないのが悩み。今ある赤い小物を生かしつつ、部屋をもっと飾りたい思いが。狭く感じさせずに彩る方法を知りたい。

今回のワンアイテム…「照明」

絶大な効果を持ち、一瞬でムードを変えられるのが“照明”。置き場所や光の向きを変えたり、シェードで変化をつけたりすることで、空間演出を楽しもう。

1.圧迫感を与えないガラスシェードがおすすめ。

【土屋宅 AFTER】
【土屋宅 AFTER】
【土屋宅 BEFORE】
【土屋宅 BEFORE】
【土屋宅 AFTER】
【土屋宅 BEFORE】

北欧の黄昏時の光を表現。ブロシ フロアランプ 187,000円(ヌーラ|アクタス 03-5269-3207)

大ぶりの植物のような存在感で、部屋の余白にメリハリを生みだすフロアライト。空間が洗練されるものの、背が高いゆえの注意点は、圧迫感のないアイテムを選ぶこと。クリアなガラスシェードなら視界を遮ることなく、一人暮らしの家にもフィットする。「来客時はソファ側に、と移動できるメリットも。一つの空間に複数の光源があると、光の表情に変化が生まれ、雰囲気が格段によくなります」

2.LEDのキャンドルライトで安全に配慮した癒し空間に。

【土屋宅 AFTER】
【土屋宅 AFTER】
【土屋宅 BEFORE】
【土屋宅 BEFORE】
【土屋宅 AFTER】
【土屋宅 BEFORE】

中がロウで、リアリティも。キャンドルライト 24,200円(レ・クリント|スキャンデックス 03-3543-3453)

玄関の靴箱の上にキャンドルライトを置くと、ホテルのウェルカムライトのような演出になる。LEDでキャンドルの炎を表現したライトは、充電式バッテリーのコードレスタイプ。持ち運べるので、玄関で鍵置き場を照らすだけでなく、夜に足元を明るくするランタンにもなる。「揺れる灯りの癒し効果と、LEDの安心感のいいとこ取りができます」

3.クリップライトをベッドサイドの灯りに。

【永田宅 AFTER】
【永田宅 AFTER】
【永田宅 BEFORE】
【永田宅 BEFORE】
【永田宅 AFTER】
【永田宅 BEFORE】

ホーローのシェードが優しい印象。ノームクリップ 39,600円(ニューライトポタリー|シボネ 03-6712-5301)

シーリングライトの白い光が寝室には明る過ぎる上に、スイッチがベッドから遠く、寝室にはミスマッチだったというBEFORE。クリップライトをベッドのヘッドボードに付ける方法なら、眠りへ導く光、ベッドの中からのスイッチオフ、そして省スペースの3つが叶う。「ライトの向きが変えられるので、間接照明に、手元に当てて読書灯に、と多様に活躍」

4.テキスタイルのシェードでクラシカルな印象へ導きます。

【永田宅 AFTER】
【永田宅 AFTER】
【永田宅 BEFORE】
【永田宅 BEFORE】
【永田宅 AFTER】
【永田宅 BEFORE】

ブルーグリーンの淡色使いも、軽やかに見せるコツ。ペンダントライト イチゴドロボウ40,480円※受注生産(ウィリアム・モリス|フィーク自由が丘 03-3718-4111)

シェードは空間の印象を左右するので、寄せたいテイストの象徴的なものを選ぶとよい。永田さん宅の場合は、現在のモダンな多角形の木製から、イギリスのデザイナー、ウィリアム・モリスのテキスタイルアイテムに。「北欧テイストが好きなら北欧のテキスタイルなど、好きなテイストのものを取り入れて。低めに吊るすと、くつろぎ感が出ます」

左ページ下・プレート 2,310円(ピリヴィッツ)、ジャグ 7,480円(ベイリーズ)、スプーン、スパゲッティスプーン 各1,430円(共にメイソンキャッシュ)、リネン アリシャエプロン 6,160円(miiThaaii|全てザ テイストメイカーズ アンド コー 03-5466-6656)

Navigator…官野亜海(かんの・あみ)

大谷優依氏に師事し、2021年に独立。インテリアスタイリストとして、雑誌や広告で暮らしや食の空間演出を手掛ける。生活に即したリアルなスタイリングが得意。

(Hanako1209号掲載/photo : Aya Sunahara styling : Ami Kanno text : Kyoko Kashimura edit : Nao Yoshida)

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る