FotoJet (1)
2022.05.20

新しい習慣はたくさんある方がいい。 セルフコントロールが上手なセンスのいい人がしていること。vol.2

ファッションやアートなどでセンスの良さを発揮している人は、普段のセルフコントロールが上手。毎日心がけていることを真似してみたら、心に余裕が生まれて新しいアイデアが生まれるかも。

1.【ウェブディレクター・大平かりん】“刺激を受けるための積極的なアクション”

「雑誌の編集アシスタントを経て、現在は媒体のウェブディレクターとして活動。職業病なのか、新しい情報をキャッチする癖がプライベートでも染み付いています。毎日違う服装を考えるのも、刺激を感じたいからかも」。

0215HNc_0041_bDN (7)
0215HNc_0041_bDN (5)
0215HNc_0041_bDN (6)
0215HNc_0041_bDN (7)
0215HNc_0041_bDN (5)
0215HNc_0041_bDN (6)

1.週末にその週の新聞をまとめ読みする。
新聞はデジタルではなく紙で取っておきます。インタビューや寄稿文では、雑誌とは違う視点で人選されているのが面白い。投書欄なら、普段出会えない人の意見に触れられます。

2.金曜日になったら洋楽の新譜を総ざらい。
金曜って洋楽の新譜が発売される日。30~40曲なので、全部聴いてみます。無名のアーティストでも好みの曲を見つけられるし、世の中のムードやトレンドがわかる。

3. 365日違うコーディネートをする。
毎日違う服装で過ごすのって、冷蔵庫にあるもので野菜炒めを作る感覚に近い。カレー粉を入れるように異質のアイテムを入れてみたり。今日が一番楽しい!と過ごしたい。

IMG_6961

大平かりん(おおひら・かりん)/『BRUTUS』のウェブディレクションを担当。趣味はファッション。“365日同じコーディネートはしません?”がモットー。Instagram:@ko365d

2.【イラストレーター・湯浅 望】“オークランドで見つけた気持ちのいい生活”

「3年前からニュージーランドに住んでいます。コーヒー文化が盛んで、不用品はリサイクルするのが当たり前など、さまざまな価値観に触れたことで新しい習慣ができました」。

IMG_3526
D7F90836-D552-4EEB-99DB-E472E6178A9C
0215HNc_0041_bDN (8)
IMG_3526
D7F90836-D552-4EEB-99DB-E472E6178A9C
0215HNc_0041_bDN (8)

1.直火でエスプレッソを淹れる、朝の癒し時間。
直火式のエスプレッソメーカーを火にかけながら、朝ごはんを準備するのが日課。この作業が加わったことで、心にゆとりも生まれましたね。オーツミルクで割るのがお気に入り。

2.子供の送り迎えがてら、自然あふれる街を散歩。
14歳未満を一人で留守番させるのは違法なので、送り迎えするか家で出迎えるのが一般的。健康と親子関係にもよい気がして我が家は徒歩に。途中で作品を撮るのも楽しみです。

3.ヴィンテージアイテムを部屋に取り入れる。
こちらは寄付で成り立っているヴィンテージショップが多いんです。誰かの物語が込められているという味わい深さに惹かれて、家具や小物類も集めるようになりました。

profile

湯浅 望(ゆあさ・のぞみ)/東京都出身。スタイリストアシスタントなどを経てイラストレーターに。鮮やかでファッショナブルなテイストが評判になり、雑誌やブランドとのコラボなど多彩に活躍中だ。Instagram:@joetonozomi

3.【ファッションディレクター・野尻美穂】“ほっと一息つくための自分だけの時間”

「もうすぐ2歳の娘を育てながら産休も取らずに働いてきたけど、やっぱり仕事の仕方や生活スタイルは変化しています。娘のケアだけでなく自分の環境づくりが大切になって、出産前にはなんとなくやっていた習慣が定着しました」。

IMG_9457
IMG_2360
IMG_9486
IMG_9457
IMG_2360
IMG_9486

1.起きたら白さ湯ゆを飲んで子供にも水分補給を。
今までだったら飲まない時があっても「しょうがない」で済ませていたけど、今では完璧な習慣に。お湯が体の中を伝っていく感覚が好きで、便通も良くなる気がします。

2.唯一好きなものを食べられる朝ごはんがないと動けない。
食べることが大好きなのに、昼や夜は自分の食事は二の次。子供が残したものや簡単につまめるものになってしまう。朝は夫がいるのでなんとか落ち着いて食べられるんです。

3.翌朝のコンディションを左右するストレッチでリラックス。
子供を産んでから肩こりがしんどくなって。娘を寝かしつけてから、這い上がって、深呼吸やストレッチをします。テレビを見る余裕すらないから、これが私の癒しの時間。

0968

野尻美穂(のじり・みほ)/1984年生まれ。大手セレクトショップのプレスを経て、現在はフリーのファッションディレクターに。Instagram:@miho_cocoa

(1208号掲載/text : Kahoko Nishimura, Wako Kanashiro)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る