無2題
2022.05.12 — Page 1/2

家コーヒーをおいしくする3ステップ。 簡単・明快・失敗なし!世界チャンピオンのバリスタが教えるハンドドリップ法。

素人でも家で最高の一杯を味わうために、コーヒーのプロたちが集結。おいしく淹れて、好みの味を探して、お気に入りのアイテムを見つけて。家で飲むコーヒーこそ一番おいしくなる!今回は、コーヒー界を牽引する〈 Philocoffea(フィロコフィア)〉の粕谷哲さんが考案した、家飲みコーヒーが確実においしくなる抽出法を本人が解説。さらに粕谷さん監修・お店で使えるキーワードも伝授!

革新的な「4:6」法で本格ドリップにトライ!

0402HNpc_0967_bDN

コーヒーの抽出技術を競う「ワールド ブリュワーズ カップ2016」でアジア人初の世界チャンピオンとなった粕谷哲さん。〈ハリオ〉のオフィシャルパートナーを務め、〈ファミリーマート〉のコーヒー監修など多方面で才腕を振るう人物だ。そんな彼が前述の競技会で披露し、世界中のバリスタに衝撃を与えたドリップ法が「4:6メソッド」。基本は湯量を前半40%と後半60%に分け、45秒ごとに注ぐというもので、鍛錬が必要とされてきた注湯の技術も必要なし。すべて数値化され、粕谷さんいわく「量と時間を守れば誰でも簡単においしく淹れられる」という高い再現性が特長だ。

豆を粗挽きにするのも「味わいがクリアで後味がキレイになるから。よりコーヒーの風味をキャッチしやすくなり、誰が淹れても同じ味に仕上がります」。何より、抽出したコーヒーの芳醇な風味と澄んだ後口を味わえば、メソッドの確かさを実感するはず。簡潔&明快なドリップ法は、ビギナーの強い味方。今日から家のコーヒーが格段においしくなる!

基本の道具はこの7点!

0402HNpc_0509_bDN

ケトルは本人が監修した「粕谷モデル」。1.コーヒーミル3,300円、2.V60ドリップスケール6,600円、3.V60ドリッパー2,310円、4.V60サーバー360クリア2,200円、5.フィルターは円錐形を。6.ミニドリップケトル3,850円(全てHARIO)、7.本日の豆は〈フィロコフィア〉の中煎り「ラダーブレンド ミディアム」200g 1,404円。さらにタイマー、温度計があれば完璧。

1 グラインダー
2 スケール
3 ドリッパー
4 サーバー
5 ペーパーフィルター
6 ミニケトル
7 コーヒー豆

1.まずは豆の「粗挽き」と フィルターのリンスから。

1.豆は20g、「粗挽き」が鉄則。ザラメより大きめの粒感が目安。
1.豆は20g、「粗挽き」が鉄則。ザラメより大きめの粒感が目安。
2.スケールの上にセットし、フィルターに熱湯をかけて“リンス”。
2.スケールの上にセットし、フィルターに熱湯をかけて“リンス”。
3.湯を捨て粉を入れ、ドリッパーを軽く揺すって平らにならす。
3.湯を捨て粉を入れ、ドリッパーを軽く揺すって平らにならす。
4.口の細いケトルが理想的。中煎りの豆用に湯温は92℃程度。
4.口の細いケトルが理想的。中煎りの豆用に湯温は92℃程度。
1.豆は20g、「粗挽き」が鉄則。ザラメより大きめの粒感が目安。
2.スケールの上にセットし、フィルターに熱湯をかけて“リンス”。
3.湯を捨て粉を入れ、ドリッパーを軽く揺すって平らにならす。
4.口の細いケトルが理想的。中煎りの豆用に湯温は92℃程度。

豆は1人分20g、湯量はその15倍の300ml。粗挽きにするのは「雑味のないクリアな味わいになる」ため。ペーパーフィルターのリンスは、紙の匂いを取るほか、コーヒー液がフィルターに吸収されるのを防ぎ、的確にサーバーに落とす効果が。

2.注ぐ湯を4:6に分割し、いざ抽出スタート!

1.1投目。45秒間隔が計れるように、タイマーがあると便利。
1.1投目。45秒間隔が計れるように、タイマーがあると便利。
2.円を描きながら、粉の全体にお湯が行き渡るように注いでいく。
2.円を描きながら、粉の全体にお湯が行き渡るように注いでいく。
3.くる~りくる~りと4周ほどで60mlを注ぎ切るイメージ。
3.くる~りくる~りと4周ほどで60mlを注ぎ切るイメージ。
4.注湯後、45秒待つ。プックリ膨らむ泡は“蒸らし”のサイン。
4.注湯後、45秒待つ。プックリ膨らむ泡は“蒸らし”のサイン。
1.1投目。45秒間隔が計れるように、タイマーがあると便利。
2.円を描きながら、粉の全体にお湯が行き渡るように注いでいく。
3.くる~りくる~りと4周ほどで60mlを注ぎ切るイメージ。
4.注湯後、45秒待つ。プックリ膨らむ泡は“蒸らし”のサイン。

お湯300mを5回に分け、60mlずつ5度注ぐのがベースの淹れ方。この“5回抽出”を前半と後半とで4:6(120m:180m)に分割し、前半40%は味わいを、後半60%で濃度を調整する。これが「4:6メソッド」。主に45秒間隔で注ぐのもポイントだ。

3.蒸らしの次は2投目へ。これで前半40%完了。

1.45秒経ったら2投目の60mlを。ここからは勢いよく注いでOK。
1.45秒経ったら2投目の60mlを。ここからは勢いよく注いでOK。
2.この前半の40%=120ml分で、味わいの調整はほぼ完了。
2.この前半の40%=120ml分で、味わいの調整はほぼ完了。
3.湯は粉の縁を目掛けつつ、フィルターにかけないのがコツ!
3.湯は粉の縁を目掛けつつ、フィルターにかけないのがコツ!
4.2度目の45秒、つまり1分30秒になるまで静かに待つ。
4.2度目の45秒、つまり1分30秒になるまで静かに待つ。
1.45秒経ったら2投目の60mlを。ここからは勢いよく注いでOK。
2.この前半の40%=120ml分で、味わいの調整はほぼ完了。
3.湯は粉の縁を目掛けつつ、フィルターにかけないのがコツ!
4.2度目の45秒、つまり1分30秒になるまで静かに待つ。

2投目からは湯の勢いは気にせず大らかに注いで問題なし。これもビギナーさんにうれしいテクニックいらず。「味わい」を決める前半は、より甘さを出したいなら1投目を50ml、2投目を70㎖にするなど、湯量を変えることで好みの味に調整できる。

4.残すは後半の60%。3~5投目で濃度調整。

1.ここから後半戦。3投目の60mlを注ぎ、2分15秒まで待つ。
1.ここから後半戦。3投目の60mlを注ぎ、2分15秒まで待つ。
2.4投目の60mlは、少し早めて30秒後の2分45秒を目安に。
2.4投目の60mlは、少し早めて30秒後の2分45秒を目安に。
3.5投目で300ml分が完了。最後の方は泡の色も薄くなっていく。
3.5投目で300ml分が完了。最後の方は泡の色も薄くなっていく。
4.3分30秒になり、液体が落ち切ったらドリッパーを外し、完成。
4.3分30秒になり、液体が落ち切ったらドリッパーを外し、完成。
1.ここから後半戦。3投目の60mlを注ぎ、2分15秒まで待つ。
2.4投目の60mlは、少し早めて30秒後の2分45秒を目安に。
3.5投目で300ml分が完了。最後の方は泡の色も薄くなっていく。
4.3分30秒になり、液体が落ち切ったらドリッパーを外し、完成。

後半の180mlは、60mlずつ3度に分けて注ぐのが基本。少し薄く淹れたい場合は90ml+90mlの2回に分け、180mlを一度に注ぎ切るとさらに薄く仕上がる。抽出したコーヒー液はサーバーを揺らして撹拌し、濃度を一定にしてから注ぐこと!

必ずおいしいアイス編。こちらも「4:6」が鉄則!

0402HNpc_1243_bDN

アイスの場合も「4:6」が黄金バランス。200mlのアイスコーヒーを作る場合、氷80g+コーヒー液120mlで合計200mlに。豆は総量の1/10=20gを細挽きに。氷を入れてもブレない、芳醇でクリアな風味は感動的。氷を入れたグラスに注げば完成!

1.粉の粒度は濃く抽出するため“細挽き”に。
1.粉の粒度は濃く抽出するため“細挽き”に。
サーバーに80gの氷を投入。
サーバーに80gの氷を投入。
氷の入ったサーバーの上からドリップし、総量が200㎖になるまでコーヒーを抽出。
氷の入ったサーバーの上からドリップし、総量が200㎖になるまでコーヒーを抽出。
抽出後、サーバーを振って中の氷を溶かし、濃度を均一に。
抽出後、サーバーを振って中の氷を溶かし、濃度を均一に。
1.粉の粒度は濃く抽出するため“細挽き”に。
サーバーに80gの氷を投入。
氷の入ったサーバーの上からドリップし、総量が200㎖になるまでコーヒーを抽出。
抽出後、サーバーを振って中の氷を溶かし、濃度を均一に。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る