【アートの円卓】スージー甘金×加古万貴 2人展『艺术包 (イー シゥー パァォ) Yìshùba-o』4月7日~24日、高円寺〈FAITH GALLERY〉で開催。
2022.04.08

ROUND TABLE OF ART 【アートの円卓】4月7日~24日スージー甘金×加古万貴 2人展、高円寺〈FAITH GALLERY〉で開催。

毎回、編集の大池明日香さんがアーティストと会って作品のことなど四方山話をします。本誌連載『アートの円卓』よりお届け。

本日のアーティスト…スージー・甘金×加古万貴(あまかね×かこまき)

DMA-ART_2名

1956年生まれ×1994年生まれ。元祖マンガイラストレーター×おふざけアーティスト。ともに多摩美術大学出身で、加古万貴はスージー甘金の教え子。今回が初の2人展。Instagram:スージー@suzyamakane、加古万貴@kimakoka

MAIN

大池:加古万貴さんとの2人展のきっかけを教えてください。

スージ:ー実は多摩美術大学の教え子で昔から知ってはいたんですが、少し前にクリームチーズをもじった「敤犡(グェァリー)」という作品をSNSに上げていたのを見て面白いなぁと。実物はカチカチで噛めない、チーズのふりしたマグネットというトリックになっているんです。

大池:面白いですねー。加古万貴さんってどんな方なんですか?

スージ:ジー学生時代からちょっと変わった子でしたね。文字を描くのが好きで、小学生が描くようなポスターの作品なんかもつくっていました。美大にはコミック系の絵を描く学生が多くて、そういう方向性の子はあまりいなかったので、ちょっと特殊な存在だったのかな。台湾や韓国に行きたいって、その頃からアジアにも注目していたんですよ。俺はその時は興味がなかったんですが、いまはブームにもなっているので、今回2人展の題材にするのもいいのかなと。

加古万貴
加古万貴
加古万貴
加古万貴
スージー甘金
スージー甘金
スージー甘金
スージー甘金
加古万貴
加古万貴
スージー甘金
スージー甘金

大池:サンプリングカルチャーやシミュレーションアートの側面もあって、スージーさんの作品とも共通するものを感じますね。

スージ:ーそうですね。自分はトリックというよりパロディですが、パッケージみたいなことにも興味があったし、共通点も多かったです。だから内容も、きっかけとなった作品「敤犡」と、お店みたいな展示にしたいという加古万貴のアイデアがあって、すんなり自然と決まっていった感じです。年代が親子以上に違うので彼女は緊張してるかもしれないけど、あまり世代差は感じていないですね。気は使わないで、って言ってます。

大池:どんな展示になりますか?

スージ:ータイトルは中国語で『艺术包』としました。「艺术」は字面が芝犬に似ていますが、芸術や、美術という意味なんです。そこに、いろんなパッケージの商品が並んだお店ということで「包」を加えて、「美術包装」という意味になりました。ペインティングのほかに立体や、変な装飾なども組み合わせて、ギャラリー全体をアジアンアートテイストで包んでしまえたらと計画しています。

大池:めちゃくちゃ楽しみです〜。

スージー甘金×加古万貴 2人展『艺术包(イー シゥー パァォ)Yìshùba-o』

4月7日~24日、高円寺〈FAITH GALLERY〉。ペインティング、立体作品やレディメイド、アートグッズ販売も。
■東京都杉並区高円寺南4-2-10 伊澤ビルB1
■03-5913-8279
■13:00~19:00 月休

Navigator…大池明日香(おおち・あすか)

大池明日香さん

編集・執筆・展示など。Instagram:@surugadai_で神田を発信しています。約5年、ご愛読ありがとうございました!

(Hanako1207号掲載/ text : Asuka Ochi edit : Mariko Uramoto)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る