〈愛群産婦人科中西医クリニック〉
2022.02.21

台湾の不妊治療について。 台湾人にとって欠かせない『中医学』とは?台湾の不妊治療の最前線を取材してみた。

日本と同様、不妊治療の受診が多い台湾。コロナ前にはわざわざ日本から治療を受けに行く人も少なくなかったという。日本との差はどこに?台湾の不妊治療の最前線を取材してみた。今回は〈愛群産婦人科中西医クリニック〉へ。西洋医学と東洋医学を併用し、中医学で体を整えて治療にあたる。年齢が高い患者さんには、積極的に卵子を育てるための漢方を処方する。

患者の体質を改善し、良好な卵子を育てる。

〈愛群産婦人科中西医クリニック〉

〈愛群産婦人科中西医クリニック〉の陳曉萱院長は、中医学と西洋医学を合わせた不妊治療を行う。台湾人にとって中医師は、体調不良からガン治療までなくてはならない存在。愛群中西医クリニックの来院者には、37歳以上の人や、体外受精法を1〜2回試して成功しなかった人も多い。早発卵巣不全、多嚢胞性卵巣症候群といった難病の場合もある。

黄耆(おうぎ)や生薬の人参が抗酸化にもいい漢方。台湾では日常的に取り入れられている。
黄耆(おうぎ)や生薬の人参が抗酸化にもいい漢方。台湾では日常的に取り入れられている。

「不妊の原因は複雑に絡み合いますが、妊娠は腎の機能が関わり、肝の健康は順調な生理につながっています。漢方薬で子宮を温めたり、気の巡りをよくしたり、血流をよくすることが重要です」とチェン院長。クリニックでは患者一人ひとりの状況を把握し、適切な「弁証論治」で治療にあたる。

患者さんの状態に合わせてオーダーメイドのように生薬を調合して、効果を高める。
患者さんの状態に合わせてオーダーメイドのように生薬を調合して、効果を高める。

まずは陰陽・気血などの体質を整えて、問題点に対しそれぞれの生薬を配合する。体の酸化に対抗する力もつけられるようにする。日本とは異なり、既製品の漢方薬に特定の生薬を加え、治療効果を強化することができるのが特徴だ。「台湾では不妊治療とは『養卵(卵子を育てる)』という考え方があり、ここでは自家配合の養卵漢方薬を使います。年齢の高い患者さんの場合、西洋医学の科学的研究方法を借りつつ、養卵漢方薬を服用するのとしないのとでは、成功率に差があるという臨床での報告もあります。中医学は不妊治療において大役を担っています」

リンさんは排卵誘発で妊娠できたが、残念なことに胎児は9週で心拍が停止。チェン院長の下で、体質改善と質のよい卵子のため、漢方薬を服用し食事に気をつけ、夫は生薬で体を整えた。後にリンさんは自然妊娠。「今もクリニックにお世話になってます」
リンさんは排卵誘発で妊娠できたが、残念なことに胎児は9週で心拍が停止。チェン院長の下で、体質改善と質のよい卵子のため、漢方薬を服用し食事に気をつけ、夫は生薬で体を整えた。後にリンさんは自然妊娠。「今もクリニックにお世話になってます」

気になる費用は、台湾の国民健康保険がない場合は、毎週2000〜3000元の自己負担が目安だ。日本人の患者さんも来院する。「日本人は食生活が淡白だからでしょうか、漢方との相性がいいことが多いです」とも教えていただいた。

※1元は約4.15円です(1月17日現在)。

〈愛群産婦人科中西医クリニック〉

中医、西洋医の両方も、西洋医学のみの受診も可能。
■台北市大安區信義路三段 178號 6F
■02-5599-8333

Profile…陳曉萱(チェン・シャオスアン)

中國医薬大学学士後中医学科、台湾中医家庭医学会会員、台北市立連合病院陽明院区中医科チーフレジデント等を経て現職。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る