〈乗泉寺〉
2022.01.25

圧倒的な存在感に足を止める。 有名建築家によるお寺の名作巡り。【東京】谷口吉郎が手がける〈乗泉寺〉

探してみると都内にも名作の寺院を発見!お寺に対するイメージが 覆されるような、斬新で印象的な名建築をお見逃しなく。今回は、谷口吉郎が手がける〈乗泉寺〉を訪れました。
〈乗泉寺〉

和を取り入れながら、モダンを実現。

〈乗泉寺〉

磨りガラスやステンドグラスを使用しており、和の中にもエレガントさを醸し出しているジャバラ折りの窓。谷口自身はこの形を“千切形(ちぎりがた)”と呼んでいたのだとか。

こだわりの形を建物の中に発見。

〈乗泉寺〉

日本伝統の亀甲(六角形)と、面取りといわれる尖った角を削り落とした形は谷口が好んで使用。寺院内の随所に見られるので、広い敷地内を散策しながら見つけてみて。

Profile…谷口吉郎(たにぐち・よしろう)

昭和期の建築家で〈国立近代美術館〉をはじめ、日本を代表する建築を多数設計。〈鹿鳴館〉の取り壊しを残念に思い、古い建物の保存を唱え、〈博物館明治村〉の開村に尽力した。

〈乗泉寺〉

〈乗泉寺〉

217mに及ぶ回廊は圧巻の迫力。竹林や水面に映る霊堂が都会の喧騒を忘れさせてくれる。
■東京都渋谷区鶯谷町10-15
■03-3462-9991
■6:30~20:00(冬季・夏季は6:00~)

(Hanako1204号掲載/photo : Yoshinobu Kawaharazaki, Shinnosuke Yoshimori (P. 7 3) model : Yurie Akutsu (Gunn’s) text : Yuko Watari)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る