宇宙キャスター、フリーアナウンサー・榎本麗美さん
2022.01.18

それぞれのやりがいや思いをインタビュー。 「宇宙まわり」で働く女性たち。/宇宙キャスター、フリーアナウンサー・榎本麗美さん

一見、男性ばかりなのでは?という印象を持たれがちな宇宙業界。実は多くの女性たちが生き生きと活躍しているという。宇宙にまつわる仕事をしている方の、やりがいや思いとは?今回は、宇宙キャスター、フリーアナウンサー・榎本麗美さんにお話を伺いました。

宇宙に注ぐ情熱が、人生を切り拓いてくれた。

宇宙キャスター、フリーアナウンサー・榎本麗美さん

現在の肩書き“宇宙キャスター”は、榎本麗美さんの集大成。それを可能にしたのは、孤独でも宇宙への揺るぎない愛を持ち続けたことだった。「私のように宇宙好きの子どもは当時珍しく、宇宙キャスターと名乗って仲間ができるまでは、たった一人で宇宙と向き合っていたんです」。

宇宙に関連する化学や生物、物理に夢中になり、大学ではバイオサイエンスを専攻。卒業後、研究職に就こうと考えていたところ、高校時代の同級生に誘われてアナウンサー試験を受けることに。「何社も受けて諦めそうになると、ふと『宇宙』の2文字がよぎりました。宇宙の楽しさ、面白さを伝えたい!という一心で、地方局に内定。フリーになってからも『宇宙人』とあだ名がつくくらい宇宙の魅力を語っていましたが、変わり者だと思われていましたね」

宇宙の魅力を発信し続ける、たった一人のキャスター。

榎本さんを取り囲む空気がほんのりと変わったのは、2018年に“宇宙キャスター”と名乗り始めて少し経った頃。「当時は、ちょうどJAXAが宇宙ビジネスに力を入れ始めようとしている頃でした。出演する番組に出す企画書を、JAXAの方と相談しながら練り上げたら、採用してもらえたんです」。

それでも周りにはイロモノ扱いされたが、2020年11月、野口聡一宇宙飛行士が乗ったSPACEX社の宇宙船「クルードラゴン」の打ち上げを特番で取り上げると、一気に認められるように。「どのメディアも、そのすごさに注目していないようだったので初めは自分のYouTubeで生配信をしようと思っていたんです。それをプロデューサーに話したら、番組にさせてくれて。宇宙の専門的なことはスタッフの皆さんはわからないので、私が事前資料を用意し勉強会を開き、台本を作って、構成まで決めました。そしたらみんな『宇宙キャスター、すごいじゃん!』と」

榎本さんがいま力を入れているのは、未来につながるコミュニティを作ること。「私が子どもの頃一人じゃなければ、違う未来があったかもしれません。ほんの少しのきっかけでメキメキと成長する子どもたちに、宇宙の面白さを知ってほしいなと思います」。地域密着型の公益財団法人「日本宇宙少年団(YAC)」では東京日本橋分団の分団長として旗を振り、宇宙飛行士を本気で目指す人たちが集う「めざせ!未来の宇宙飛行士講座」を開講中の、宇宙を楽しむコミュニティ「そらビ」でも代表を務める。「責任が大きくなると忘れがちですが、私が楽しんでいれば周りにも伝わるはず。ワクワクを大事にしていきたいです」

情報発信の必須アイテムと宇宙に持っていきたいもの。

【1】
【1】
【2】
【2】
【1】
【2】

【1】〈BEAMS〉製の宇宙服、ストップウォッチ、青ペンは宇宙キャスターとして必携。

【2】宇宙に持っていきたい食用コオロギと、自身が手掛けるアクセサリー「Uchury(ウチュリー)」。

Profile…榎本麗美(えのもと・れみ)

JAXA研究開発プログラム「J-SPARC」ナビゲーター、宇宙コミュニティ「そらビ」代表、YAC東京日本橋分団 分団長。

【BIOGRAPHY】
2005:大学は理工学部バイオサイエンス学科を卒業。西日本放送のアナウンサーに。

2007:フリーアナウンサーとして独立。

2013:『日テレNEWS24』のキャスターに就任。

2018:宇宙キャスターとして活動開始。2021:「宇宙キャスター」を商標登録。唯一無二の存在に。

(Hanako1204号掲載/photo : Shu Yamamoto, Wataru Kitao text : Kahoko Nishimura, Momoka Oba)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る