蒸し鶏のミニトマト黒酢だれ
2021.10.29

15分できるレシピも。 ダイエット中にもおすすめ!鶏肉を使った簡単×おいしいレシピ4選

鶏肉は、牛肉や豚肉に比べて低カロリーでダイエットに向いているお肉として人気が高まっています。そこで今回は、鶏肉を使ったプロ直伝の簡単レシピをご紹介します。

1.「カオマンガイ」

「カオマンガイ」

【材料】
・鶏もも肉…1枚
・にんにく…1かけ
・しょうが…5g
・パクチー…1/2束
・タイ米…1.5合
・水…230ml
・レモン…適量
【A】
・ナンプラー…小さじ2/3
・砂糖…小さじ1/4
・塩…小さじ2/3
・白ワイン…大さじ2
【B】
・味噌….大さじ2
・スイートチリソース…大さじ2
・砂糖…大さじ1/2
・しょうゆ…大さじ1/2
・ごま油…大さじ1/2

【POINT】
【POINT】

【作り方】
1:しょうがとにんにくは、みじん切りにする。パクチーは根をみじん切りにして、葉と茎は3cm幅に切り、それぞれ水にさらしておく。

2:フライパンにタイ米、水、【A】を入れて軽く混ぜてから、パクチーの根、にんにく、しょうが、鶏もも肉をのせる。

3:蓋をして強火にかけ、沸騰したら弱火で10分炊き、火を止めて10分蒸らす。
【POINT】鶏もも肉と米は、フライパンで一緒に炊く。
作り方2&3は通常、鶏肉を茹で、冷ました茹で汁で米を炊くが、自宅で作りやすいようにふたつの工程をフライパンひとつで。もも肉は、皮を上にすると旨みが出やすい。

4:ボウルにBを入れてよく混ぜる。

5:お皿にご飯を盛り付け、食べやすい大きさに切った鶏もも肉、パクチーの葉と茎をのせ、鶏もも肉に4のタレをかけてレモンを添える。

Teacher…山田英季(やまだ・ひですえ)/おいしいものと旅をテーマに活動する〈and recipe〉の料理人。レシピ開発やケータリングも行う。近著に『あたらしいおかず 家ごはんをも~っとおいしく!』。

(Hanako1196号掲載/photo : Kenya Abe styling : and recipe illustration : Shapre text : Yumiko Ikeda)

2.「蒸し鶏のミニトマト黒酢だれ」

蒸し鶏のミニトマト黒酢だれ

【材料:2人分 調理時間:約15分】
・鶏むね肉…………1枚(約330g)
・しょうが…………5g
・ミニトマト………6個
・きゅうり…………1/2本
・ごま………………適量
〈A〉
・塩…………………小さじ1/2
・黒こしょう………少々
・酒…………………大さじ4
〈B〉
・しょうゆ…………大さじ2
・砂糖………………大さじ1と1/2
・黒酢………………大さじ2
・ラー油……………小さじ1/4

【準備】
・ミニトマトはヘタをとって4等分の輪切りにする。(画像1)
・きゅうりは薄い輪切りにする。
・しょうがは千切りにする。

画像1
画像1
画像2
画像2
画像3
画像3
画像4
画像4
画像1
画像2
画像3
画像4

【作り方】
1:耐熱ボウルに鶏むね肉、しょうが、〈A〉を入れて、もみ込む。(画像2)
2:1にラップをかけて、600Wの電子レンジで8分蒸す。(画像3)
3:別のボウルに〈B〉を入れて混ぜ、ミニトマトときゅうりを加えて混ぜる。
4:鶏むね肉の粗熱がとれたら、大きめに手でさいて(画像4)、汁ごと器に盛り付け、3をかける。ごまを振って出来上がり。

【アレンジ】
蒸し鶏を作る時にオリーブオイルやバジルなどをまぶせばイタリアンな蒸し鶏ができます!

3.「マスタードソースの油淋鶏」

「マスタードソースの油淋鶏(ユーリンチー)」

【材料:2人分 調理時間:約30分】
・鶏もも肉…………1枚(約240g)
・青ねぎ……………2本
・ごま………………大さじ1/2
・小麦粉……………大さじ2
・片栗粉……………大さじ2
・揚げ油……………適量
〈A〉
・塩…………………ひとつまみ
・しょうゆ…………大さじ1
・白こしょう………少々
・おろししょうが…5g
・酒…………………大さじ1
〈B〉
・しょうゆ…………大さじ3
・砂糖………………大さじ2
・レモン汁…………大さじ3(なければ酢でもOK)
・粒マスタード……大さじ1と1/2
・黒こしょう………少々
・ごま油……………小さじ1/2

【準備】
・青ねぎを小口切りにする。
・揚げ油を170度に温める。
・鶏もも肉を半分に切る。
・ボウルに〈B〉を入れて混ぜる。

画像1
画像1
画像2
画像2
画像3
画像3
画像1
画像2
画像3

【作り方】
1:ボウルに鶏もも肉と〈A〉を入れて混ぜ、10分おく。(画像1)
2:1の鶏もも肉に小麦粉と片栗粉をまぶし、170度の揚げ油で両面を返しながら4~5分揚げる。(画像2)
POINT:楊枝などで刺して、透明な肉汁が出たら揚がっている目安。(画像3)
3:2を包丁で食べやすく切って、器に盛り付ける。〈B〉をかけ、青ねぎをのせ、ごまを振る。

【アレンジ】
厚揚げに片栗粉をまぶして、多めの油で焼き、このソースで食べるのもおすすめです。

4.「スパイスチキンステーキ」

スパイスチキンステーキ

【材料:2人分 調理時間:約25分】
・鶏もも肉…………………1枚(約300g)
・オリーブオイル…………大さじ1と1/2
・いんげん豆………………20本
・レモン……………………1/4個
〈A〉
・塩…………………………小さじ1/2
・白こしょう………………少々
・黒こしょう………………少々
・コリアンダーパウダー…小さじ1/2

【準備】
・鶏もも肉の余分な脂と筋をとって、2等分に切る。
・いんげん豆は筋をとる。

画像1
画像1
画像2
画像2
画像3
画像3
画像1
画像2
画像3

【作り方】
1:鶏もも肉の両面に混ぜ合わせた〈A〉を振る。
2:フライパンにオリーブオイルを中火で温め、鶏もも肉を皮目から入れてアルミホイルを被せる。
3:2にフライパンよりひとまわり小さい平皿をのせて、上から押さえつけ、皮目を伸ばして、中火で2分焼く(画像1)。
4:皿をはずして、鶏もも肉の上下を返して、弱火で3分焼く(画像2)。
5:いんげん豆を加えて分量外の塩少々を振り、さらに鶏もも肉の両面を1分ずつ焼き器に盛り、レモンを添える(画像3)。

【アレンジ】
ひとりで食べた時に肉が残ったら、翌日に小さめに切って、スープの具として使うとスープの味がぐっと良くなります。スープの味付けは、塩かクリームがおすすめです。

Navigator…and recipe(アンド・レシピ)/山田英季、小池花恵のふたりによるユニット。料理と旅をテーマに活動している。メディアや飲食店などへのレシピ作成のほか、食の楽しさを伝えるためのイベントなどもプロデュース。自身のメディアも展開している。『冷蔵庫にあるもんで』『あたらしいおかず』など著作も多数。

(Hanako1198号掲載/photo : Wataru Kitao illustration : Maori Sakai, Yu Nagaba (portrait) text : Kahoko Nishimura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る