ブリキッカ
2021.08.24

Hanako w/ Seibu 〜わたしが出会ったお店と、その暮らし。〜〜 緑とアンティークに囲まれた、丘の上の隠れ家。ゆるやかな時間が流れる〈ブリキッカ〉で心をリセット。

かつて米軍基地内の公園だった〈狭山稲荷山公園〉が、駅の目の前に広がる西武鉄道池袋線「稲荷山公園」駅。そこからゆるやかな坂を上っていくと、大きな木に囲まれるようにして建つアンティークとカフェの店〈ブリキッカ〉にたどり着きます。白い扉の向こうには、物語のある雑貨がひしめく空間に、心休まるスロウな時間が流れていました。

子育てがひと段落したのをきっかけに、「好き」を集めた空間に自宅をリノベーション。

ブリキッカ

入口で靴を脱いで店内に入ると、外国の文具や紙ものの雑貨が並ぶ小部屋が現れ、そこを抜けるとアンティークの食器や古道具がディスプレイされたフロアが登場。そこからシームレスに、カフェスペースへとつながる〈ブリキッカ〉。ヨーロッパの田舎町にあるお家にお邪魔したような、素朴で素敵な空間が広がります。

お店がオープンしたのは、今から15年前。店主である内山さんご夫婦が、住まいとしてこの一軒家に引っ越してきたのがきっかけでした。

「もともとここは友人の家で、その友人と1階でレストランを営んでいたんです。でも、その子がほかの場所に家を建てて引っ越すことになり、この家を気に入っていたので、私たち夫婦が買い取って移り住むことに。最初は住居として暮らしていただけでしたが、子どもたちが巣立って、子ども部屋もいらなくなって、そしたら下でお店ができるね……って話になりまして。お店をやるために選んだ物件じゃないから、造りも後から手を加えたり、行き当たりばったりなんです(笑)」と、話すのは妻の元子さん。空間に暮らしの温度をそこはかとなく感じるのは、そんな経緯も関係しているのかもしれません。

「子どもがアメリカ留学している時に、あっちでファイヤーキングのアイテムをたくさん見つけて、『じゃあ、買い付けてこっちで売ろうかな』というのがお店の始まり。その頃は、入口のスペースが売り場でした。でもそれだけじゃつまんないから、アンティークのアイテムを置くようになり、お茶を飲みながら買い物ができたらいいなと、カフェスペースを作ったんです」(元子さん)

ブリキッカ

昔からアンティークが好きだったと話す元子さんですが、友人とレストランを営んでいた頃もインテリアを担当し、お店の道具を集めるのが得意だったそう。

「当時は米軍基地内にあるセレクトショップによく行っていて、アメリカの雑貨や子ども服を買ってお店に置いたりしていました。今は、ドイツ、オランダ、ベルギー、チェコ、フランスで買い付けたものを中心に置いています。廃屋が好きで、そこにある朽ちた感じというか、“やられてる感”のあるものに惹かれちゃうんです。好きなものしか買ってこないから、自然とそれがお店らしさになっているんでしょうか。扱うアイテムは変わりましたが、今も昔も、やっていることはあんまり変わらないですね」(元子さん)

Hanako w/ Seibu
Hanako w/ Seibu / 編集部

「私が出会ったお店と、その暮らし。サイト「Hanako w/ Seibu」はこちら

Hanako w/ Seibuさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る