無題 (52)
2021.08.20

スタイリストセレクトアイテムも。 どのシーンでも使えるおしゃれなアウトドアサンダル6選!街ブラも、キャンプも使い勝手◎

履き心地が快適でおしゃれなアウトドアサンダルが今年のトレンド。そこで今回は、スタイリストセレクトアイテムを含めたおしゃれなアウトドアサンダルをご紹介します。

1.〈BIRKENSTOCK〉

「KYOTO」
「KYOTO」
「ARIZONA/EVA」
「ARIZONA/EVA」
「KYOTO」
「ARIZONA/EVA」

・「KYOTO」
今季の限定モデルはその名も「KYOTO」。絶妙な発色に加え、ソール部分まで青というのが◎。
■18,000円(ビルケンシュトック/ビルケンシュトック・ジャパンカスタマーサービス 0476-50-2626)
・「ARIZONA/EVA」
室内履きや散歩にも便利な軽量サンダル。
■5,500円(税込)(ベネクシーカスタマーサービス 0800-500-3840)

2.〈KEEN〉

無題 (49)

スポーティな印象が強いブランドですが、オフホワイト×グレーなら、街でも違和感なし。いろんなブラン ドとのコラボモデルも気になる今日この頃です。
■12,000円(キーン/キーン・ジャパン 03-6416-4808)

3.〈BEAUTIFUL SHOES〉

〈BEAUTIFUL SHOES〉

インスピレーションの源は、足の速さで知られるメキシコのタラウマラ族のワラーチサンダル。日本製の新素材「i45」のソールが足裏にフィット。高密度ナイロンのベルトはバックルで調整できる。
■H1.8cm 16,500円(ビューティフル・シューズ)

(Hanako1161号掲載/photo : Kengo Shimizu styling : Chiaki Utsunomiya text : Hiroko Yabuki)

4.〈trippen〉

〈trippen〉

鼻緒がレザーのトリッペンのサンダルは、コーディネートにほどよく大人の“抜け”を作ってくれる。品のあるラフさも絶妙です。サンダル26,400円(トリッペン|トリッペン原宿店 03-3478-2255)

(Hanako1199号/photo : Kozue Hanada styling : Kaho Yamaguchi text : Yoshie Chokki)

Styling by…山口香穂(やまぐち・かほ)/スタイリスト。栃木県生まれ。轟木節子氏に師事後、2014年に独立。雑誌、WEB、広告などで活動中。
インスタグラム:@kaho__yamaguchi

5.〈ボホノマド〉

サンダル

リサイクル可能で、軽くて抗菌性にも優れたポリプロピレン素材のロープサンダルが人気のトルコブランド。現地の女性たちが一つずつ手作業で生産し、安定収入を得られる雇用にもつながっている。また、洗濯ネットに入れて洗濯機で丸洗いができ、清潔感をキープできるところもうれしいポイント。素足だけでなく、ソックスとのコーディネートも素敵。
■サンダル各9,900円(ボホノマド|クオリネスト 03-6427-1977)

(Hanako1197号掲載/photo : Akiko Baba styling : Nami Kagiyama hair & make : Momiji Saito model : Serena Motola text : Kazuyo Nojiri edit : Nao Yoshida cooperation : UTUWA)

6.〈TEVA〉

〈TEVA〉

アウトドアサンダルのスタンダード〈テバ〉から新たに登場した「ボヤ インフィニティー」。低反発クッションソールに細身のコードストラップがあしらわれ、スカートやワンピースとも好相性。サイズは22~25cm、計5色がラインナップする。
■H2cm 4,800円(デッカーズジャパン)

(Hanako1158号掲載/photo : Kengo Shimizu styling : Chiaki Utsunomiya text : Hiroko Yabuki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る