somethinggood
2021.07.30

人気スタイリスト・山口香穂が選ぶ、暮らしに寄り添うアイテム。 2021年夏のマストファッションアイテム6選【Hanako Something Good vol.24】

スタイリスト、山口香穂さんによる新連載【Hanako Something Good】。存在感を大きく強調することはないけれど、毎日の暮らしにそっと寄り添うアイテムを彼女の視点を通して紹介します。

今回のテーマは「気分だけバカンス」。

これまでにない不自由な生活が続く今、旅への想いは募るばかり。暑いのが苦手で、夏に遠出する機会は少ない私でも、そろそろ出掛けたい気分です。今回は、私が考える大人の妄想バカンススタイルがテーマ。そのまま街でも着られるアイテムを選びました。夏が終わる前に、どうか旅に出られますように…。

somethinggood

1.〈KIJIMA TAKAYUKI(キジマ タカユキ)〉

麻で編まれた帽体にラフィアブレードを組み合わせたハット。日差しの強い日、顔に落ちる影まで美しい繊細な網目がコーディネートを軽やかに印象づけてくれる。ハット22,000円(キジマ タカユキ 03-3770-2174)

2.〈muller of yoshiokubo(ミュラー オブ ヨシオクボ)〉

露出度が少ないぶん、普段使いも可能なデザイン。デニムやサロペットを合わせて、そのまま街へ!スイムウエアトップス19,800円、スイムウエアボトムス11,000円(ミュラー オブ ヨシオクボ 03-3794-4037)

3.〈ayame(アヤメ)〉

バカンスでは、カラーレンズで遊び心を乗せるのもおすすめ。クリアブルー×べっ甲のコンビネーションなら、夏らしい涼しげな目元が完成します。サングラス44,000円(アヤメ|G.B. ガファス 03-6427-6989)

4.〈human woman(ヒューマンウーマン)〉

一気に夏気分を盛り上げてくれる白のマキシスカート。付け足す小物次第で大人な着こなしも可能。モノトーンで甘さを抑えるのがおすすめです。スカート17,050円(ヒューマンウーマン 03-6748-0350)

5.〈trippen(トリッペン)〉

鼻緒がレザーのトリッペンのサンダルは、コーディネートにほどよく大人の“抜け”を作ってくれる。品のあるラフさも絶妙です。サンダル26,400円(トリッペン|トリッペン原宿店 03-3478-2255)

6.〈rebear by Johnbull(リベア バイ ジョンブル)〉

いつでも旅の途中にいるような、そんな気持ちにさせてくれるハンモックバッグ。カラフルな色使いが心躍らせます。バッグ6,380円(リベア バイ ジョンブル|モーイストア 03-3797-3287)

Styling by…山口香穂(やまぐち・かほ)

スタイリスト。栃木県生まれ。轟木節子氏に師事後、2014年に独立。雑誌、WEB、広告などで活動中。
インスタグラム:@kaho__yamaguchi

(Hanako1199号/photo : Kozue Hanada styling : Kaho Yamaguchi text : Yoshie Chokki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る