プロが教える簡単テクで楽しむ、夏のおうちカクテルレシピ3選
【PR】2021.07.30

〈タンカレー〉でおうちでも本格的な味わいを! プロが教える簡単テクで楽しむ、夏のおうちカクテルレシピ3選

家で過ごす機会が増えたいま、本格的なカクテルでおうち飲みを充実させてみませんか?今回はプロのバーテンダーの方を迎え、〈タンカレー〉の「ロンドン ドライジン」を使った「おうちカクテル」のレシピを教えてもらいました。専用の器具を用意したり、シェイカーで振る必要はなし!混ぜるだけで簡単に作れて、見た目もかわいいカクテルは必見です。(PR/ディアジオ ジャパン)

バーテンダーに「おうちで簡単に作れるカクテルレシピ」を教えてもらいました!

田中大智さん。
田中大智さん。

田中大智(たなか・だいち)さんは、都内ホテルのバーに勤務するバーテンダー。カクテル大会に日本代表で出場するなど、数々の輝かしい経歴を持つ。「〈タンカレー〉は普段お店でもよく使っているプレミアムジン。ロックやローダ割りなど自由自在なので、レシピは考えやすかったです。紹介する3品は夏らしく“炭酸”をメインに。ジュースよりシュワッとした刺激があるため味の調整がしやすく、初心者の方でも作りやすいと思います」(田中さん)。

簡単&おいしいカクテルレシピで、おうち飲みを華やかに!
簡単&おいしいカクテルレシピで、おうち飲みを華やかに!

タンカレーはイギリスで1830年に創業されたプレミアムジンのブランド。熟成させた高級ボタニカル(香味植物)の風味を加えるため、4回もの蒸留を行うなど、180年以上変わらないこだわりのレシピは門外不出。洗練されたキレのある味わいが特長です。今回は、厳選された高品質な4つのボタニカルで作られた「タンカレー ロンドン ドライジン」をメインに、家でも簡単に作れる「夏のおうちカクテル」をお届け。特別な道具は用意せず、材料はヨーグルト、はちみつなど近所のスーパーで買えるものだけ。誰でも簡単に本格カクテルを楽しむことができます。

カクテルレシピ1「ヨーグルトジンソーダ」

さわやかな白が夏らしい「ヨーグルトジンソーダ」。「さっぱりとした風味のタンカレー ロンドン ドライジンに、甘味のあるヨーグルトでまろやかに。さらにソーダを加えることで爽快な喉越しが楽しめます。初めてジンを飲むという人にぜひトライしてほしいですね」(田中さん)。

ヨーグルトはフルーツ入りで味変しても。
ヨーグルトはフルーツ入りで味変しても。

■材料(1人分)
タンカレー ロンドン ドライジン…30mL
ミント…ひとつかみ(バジル、ローズマリーでも可)
飲むヨーグルト…30mL
はちみつ…10mL(砂糖でも可)
ライム…1/2個
ソーダ…適量

タンカレー ロンドン ドライジンの風味をより感じたい人は、はちみつ抜きに。
タンカレー ロンドン ドライジンの風味をより感じたい人は、はちみつ抜きに。
ミントは無理に潰そうとはせず、はちみつが完全に溶ける程度でOK。
ミントは無理に潰そうとはせず、はちみつが完全に溶ける程度でOK。
しっかりこしながら氷入りのグラスに注ぐ。
しっかりこしながら氷入りのグラスに注ぐ。
グラスのフチ側にミントをそっとのせて。
グラスのフチ側にミントをそっとのせて。
タンカレー ロンドン ドライジンの風味をより感じたい人は、はちみつ抜きに。
ミントは無理に潰そうとはせず、はちみつが完全に溶ける程度でOK。
しっかりこしながら氷入りのグラスに注ぐ。
グラスのフチ側にミントをそっとのせて。

■作り方
1.容器にミント、タンカレー ロンドン ドライジン、飲むヨーグルト、はちみつを入れたら、ライム果汁を絞る。すりこぎでミントを潰しながらしっかり混ぜる。エグみが出てしまうため、潰しすぎには注意。
2.ミントをこしながら氷が入ったグラスに注ぐ。
3.グラスにソーダを注いだら軽く混ぜる。下に沈んだお酒を上げるようにスプーンを動かすのがポイント。
4.グラスのフチ側にミント(分量外)を添える。

爽快な喉ごしの「ヨーグルトジンソーダ」完成です!

「ヨーグルトジンソーダ」
「ヨーグルトジンソーダ」

「ミントのフレッシュ感を楽しみたい人は、グラスに直接入れて潰しても◎。仕上げはグラスの中央からずらして添えることで、口で飲みながら鼻からも感じることができます」(田中さん)。

カクテルレシピ2「フルーツゼリーソーダ」

フルーツゼリーをスプーンで食べながら飲む大人のためのデザート。「果実酢とジンは相性抜群。さらにフルーツゼリーを入れてフルーティーに仕上げました。ゼリーはたっぷり入れればスイーツ感がアップしますよ」(田中さん)。

りんご酢は無糖だと酸味が強く、味の調整がむずかしくなってしまうため、加糖をチョイス。
りんご酢は無糖だと酸味が強く、味の調整がむずかしくなってしまうため、加糖をチョイス。

■材料(1人分)
タンカレー ロンドン ドライジン…30mL
フルーツゼリー…適量(柑橘系入りがおすすめ)
甘口ワイン…30mL(お酒が得意ではない人は、白ぶどうジュースでも可)
りんご酢…10mL(果実酢であれば何でも可。おすすめはカラマンシー)
ソーダ…30mL

フルーツゼリーの量はお好みで。写真はスプーン大さじ3です。
フルーツゼリーの量はお好みで。写真はスプーン大さじ3です。
りんご酢でほんのり色味を足す。
りんご酢でほんのり色味を足す。
軽く混ぜる程度に。
軽く混ぜる程度に。
はじめに取っておいたフルーツを添える。
はじめに取っておいたフルーツを添える。
フルーツゼリーの量はお好みで。写真はスプーン大さじ3です。
りんご酢でほんのり色味を足す。
軽く混ぜる程度に。
はじめに取っておいたフルーツを添える。

■作り方
1.グラスにタンカレー ロンドン ドライジン、フルーツゼリー、甘口ワイン、りんご酢を入れる。ゼリーに入ったフルーツは、飾り用に別途分けて置いておく。
2.氷を入れ、ソーダを注いだら、軽く混ぜる。
3.飾り用に取っておいたフルーツを添える。

大人なスイーツカクテル「フルーツゼリーソーダ」完成です!

「フルーツゼリーソーダ」
「フルーツゼリーソーダ」

「全部のレシピに言えることなのですが、氷はかち割のものを用意しましょう。溶けにくく味が薄まらないため、スイーツ感はそのままに、おいしさが持続します」(田中さん)。

カクテルレシピ3「ミョウガジンジャーエール」

旬のミョウガとタンカレー ロンドン ドライジンを組み合わせた、暑い日に飲みたいすっきりとしたカクテル。「ミョウガのピリッとした辛味がアクセントに。これだけでもおいしいのですが、アセロラジュースとジンジャーエールを足して甘さをプラスすればさらに飲みやすくなります。アセロラジュースの酸味と、薬味を使ったジンジャーエールとの相性はぴったり。アセロラのかわいらしい色味もポイントです」(田中さん)。

主役のミョウガはトッピングにも使用。
主役のミョウガはトッピングにも使用。

■材料(1人分)
タンカレー ロンドン ドライジン…30mL
ミョウガ…1/2個
アセロラジュース…30mL(酸味があるものであれば何でも可。クランベリージュースもおすすめ)
ライム(お好みで)…1/8個
ジンジャーエール…適量(さっぱり派はソーダがおすすめ)

ミョウガは1/2個とたっぷりめに。
ミョウガは1/2個とたっぷりめに。
アセロラジュースのピンクでかわいらしさをプラス。
アセロラジュースのピンクでかわいらしさをプラス。
ミョウガのエキスを出すイメージ。
ミョウガのエキスを出すイメージ。
しっかりこしながら氷入りのグラスに注ぐ。
しっかりこしながら氷入りのグラスに注ぐ。
スライスした大きめのミョウガを大胆にのせる。
スライスした大きめのミョウガを大胆にのせる。
ミョウガは1/2個とたっぷりめに。
アセロラジュースのピンクでかわいらしさをプラス。
ミョウガのエキスを出すイメージ。
しっかりこしながら氷入りのグラスに注ぐ。
スライスした大きめのミョウガを大胆にのせる。

■作り方
1.容器にミョウガ、タンカレー ロンドン ドライジン、アセロラジュースを入れたら、ライム果汁を絞る。すりこぎでミョウガをしっかり潰す。硬い感触がしなくなったらOK。
2.ミョウガをこしながら氷が入ったグラスに注ぐ。
3.ジンジャーエールを注ぎ軽く混ぜる。
4.スライスしたミョウガ(分量外)を添える。

ミョウガのピリッと感がやみつきになる「ミョウガジンジャーエール」完成です!

「ミョウガジンジャーエール」
「ミョウガジンジャーエール」

「ミョウガはあくまでエキスを出す役割なので、しっかりすり潰さなくてOK。トッピングはグラスからはみ出るくらい、大きめのミョウガをのせれば写真映えがアップします」(田中さん)。

〈タンカレー〉があれば、おうちカクテルが簡単に作れる!

「タンカレー ロンドン ドライジン」750mL オープン価格
「タンカレー ロンドン ドライジン」750mL オープン価格

厳選された4つのボタニカルで作られたプレミアムジン「タンカレー ロンドン ドライジン」。洗練されたキレのある味わいは、フレーバーの強いヨーグルトやハーブとぴったり。特別な器具や材料は用意せず、混ぜるだけで本格的なカクテルが作れます。遊び心を持って色々な材料で試してみるのはおうち飲みならでは。お店では出来ないような組み合わせで、もしかしたら本格カクテルが作れるかも!?

styling:Ami Kanno text:Moe Tokai

※飲酒は20歳になってから。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。飲酒運転は法律で禁止されています。お酒は楽しく適量で。空きビンはリサイクル。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る