「基本のチキンカレー」
2021.07.25

スパイスカレー初心者必見! おうちで本格カレーを作ろう!【プロ直伝】夏に食べたいスパイスカレーレシピ3選

夏といえば食べたくなるのはスパイスの効いたカレー!そこで今回は、料理初心者も必見の、プロ直伝・スパイスで作る本格カレーのレシピをご紹介します。カレーで暑い夏を乗り越えよう!

1.「基本のチキンカレー」カレーの王道にして基本中の基本!

「基本のチキンカレー」
「基本のチキンカレー」
「基本のチキンカレー」
「基本のチキンカレー」

【材料(4人分)】
・鶏もも肉…500g
・タマネギ…1個
・トマト…1個
・おろしニンニク…小さじ1
・おろし生姜…小さじ1
・水…200ml
・ココナッツミルク…400ml
・パクチー(粗みじん)…1束
・クミンシード(ホール)…小さじ1
・赤唐辛子(ホール)…1本
・カルダモン(ホール)…3粒
・ターメリック(パウダー)…小さじ1
・コリアンダー(パウダー)…大さじ1
・レッドペッパー(パウダー)…小さじ1/2〜1
・油…大さじ3
・塩…小さじ1と1/2

「基本のチキンカレー」
「基本のチキンカレー」
「基本のチキンカレー」
「基本のチキンカレー」

【作り方】

1.温めた深めのフライパンで油とホールスパイスを熱し、シュワシュワしてきたら、みじん切りにしたタマネギを加えて強火で5分ほどしっかり炒め、おろしニンニクとおろし生姜を加える。

2.さいの目切りのトマトを加えて2〜3分炒める。

3.さらにパウダースパイスと塩を加えて炒め合わせる。

4.ブツ切りの鶏もも肉を加え、表面に火が入ったら水を加える。グツグツと煮立ってきたら弱火にし、フタをして10分ほど煮込む。

【Point】クミンシードはカレーに欠かせないスパイスだが焦げやすいので温度と時間に要注意。クミンシードのまわりから細かい泡が出てきたタイミングを逃さずに。
①タマネギは飴色になるまで、トマトは水分が飛ぶまで炒めること。
②水を加える時は何回かに分けて少しずつ、が鉄則。

5.ココナッツミルクを加え、ひと煮立ちしたら好みでパクチーを加える。

Teacher…メタ・バラッツ/1954年に祖父が創業した〈アナン〉で新商品開発や新規事業を手がけつつ、出張料理や教室などを展開。インド料理探求集団「東京スパイス番長」メンバー。

(Hanako1185号掲載/photo:Mou Soejima text:Mutsumi Hidaka)

2.「ネパールカレー」おなじみのカレー粉で本場の味が完成。

ネパールカレー

【材料】
・鶏もも肉…1枚
・手羽中…10本
・玉ねぎ…1と1/2個
・トマト…1個
・バター…30g
・カレー粉…大さじ2と1/2
・おろしにんにく…2かけ分
・おろししょうが…小さじ2
・塩…小さじ1
・砂糖…小さじ1/2
・水…300ml
・ご飯…適量

「キャベツのクミン和え」
・キャベツ…3枚
・クミン…小さじ1/3
・塩…ひとつまみ

【POINT】
【POINT】

【作り方】

1.玉ねぎはみじん切りにする。トマトは1cm角に切る。鶏もも肉は大きめのひと口大に切る。

2.鍋にバターと玉ねぎを入れて、飴色になるまで中火で炒める。
【POINT】やりすぎ?というくらい、玉ねぎを炒めて濃い飴色に。/作り方2で10分くらいかけてしっかりと玉ねぎを炒め、コクと甘みを出すことが味の決め手。木べらでまんべんなく全体を混ぜながら炒めれば、焦げることはない。

3.カレー粉、にんにく、しょうがを入れて混ぜながら1分ほど炒める。

4.鶏もも肉と手羽中に塩をふって3に加え、スパイスを絡ませるように炒める。

5.トマトを加えて潰しながら水分を飛ばし、ペースト状になるまで炒め煮にする。

6.水と砂糖を加えてひと煮立ちさせ、蓋をして弱火で50分煮込む。

7.キャベツのクミン和えを作る。千切りにしたキャベツを塩ひとつまみ(分量外)でもんで15分おく。水にさらし塩抜きをしてからよく絞り、クミンと塩で和える。

8.お皿にご飯とカレー、7を盛り付ける。

Teacher…山田英季(やまだ・ひですえ)/おいしいものと旅をテーマに活動する〈and recipe〉の料理人。レシピ開発やケータリングも行う。近著に『あたらしいおかず 家ごはんをも~っとおいしく!』。

(Hanako1196号掲載/photo : Kenya Abe styling : and recipe illustration : Shapre text : Yumiko Ikeda)

3.「はじめてのスパイスキーマカレー」

「はじめてのスパイスキーマカレー」

【材料(2人分)】
・鶏ひき肉…250g
・玉ねぎ…1と1/2個
・ししとう…4本
・おろしにんにく…1かけ分
・おろししょうが…5g
・トマトピューレ…大さじ3
・砂糖…少々
・油…大さじ1と1/2
・水…250ml
・温かいご飯…適量
〈A〉
・クミンパウダー…大さじ1/2
・コリアンダーパウダー…大さじ1/2
・チリペッパー…小さじ1/2
・ターメリック…小さじ1/2
・塩…小さじ2/3

【準備】
・玉ねぎは皮をむいてみじん切りにする。
・ししとうは、ヘタをとって輪切りにする。
・〈A〉を小さめの容器に混ぜておく。

画像1
画像1
画像2
画像2
画像3
画像3
画像1
画像2
画像3

【作り方】

1.フライパンに油を温め、玉ねぎとししとうを入れて、玉ねぎがあめ色になるまで中火で炒める(画像1)。
【POINT】途中、焦げそうになったら、分量外の水を少し加えると温度が下がり、焦げにくくなる。

2. 1におろしにんにくと、おろししょうがを加えて1分ほど炒める。

3.トマトピューレと〈A〉を入れて1分ほど炒める。

4.鶏ひき肉を入れて、ほぐしながら炒め、肉が白っぽくなったら水を加えてひと煮立ちさせ、弱火で5分ほど混ぜながら炒め煮にする(画像2)。

5.砂糖を加えて全体を混ぜ、塩味が足りなければ塩(分量外)を少し足す(画像3)。

6.器に温かいご飯と一緒に盛り付ける。

【アレンジ】ほうれん草を茹でて、みじん切りにし、4の工程で加えれば、キーマサグカレーにできます。

Teacher…and recipe(アンド・レシピ)/山田英季、小池花恵のふたりによるユニット。料理と旅をテーマに活動している。メディアや飲食店などへのレシピ作成のほか、食の楽しさを伝えるためのイベントなどもプロデュース。自身のメディアも展開している。『冷蔵庫にあるもんで』『あたらしいおかず』など著作も多数。

(Hanako1198号掲載/photo : Wataru Kitao, Miyu Yasuda illustration (portrait) : Yu Nagaba text : Ami Hanashima)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る