©Mooneye Studios
2021.07.15

ゲーム初心者も夢中になること間違いなし。 ゲームマニアが選んだ!『Nintendo Switch』で遊べるおすすめゲーム9選

家庭ではもちろん、テレビがない場所でもプレイできるのが魅力的な人気ゲーム機『Nintendo Switch』。おうち時間が増えた今こそ、ゲームで気分転換はいかがですか?今回はゲームマニアが選んだ『Nintendo Switch』で遊べるゲームをご紹介します。

1.『サブノーティカ:ビロウゼロ』危険に満ちた海中が舞台の、サバイバルゲーム。

©2020 Unknown Worlds Entertainment, Inc. SUBNAUTICA, BELOW ZEROand UNKNOWNWORLDS and the logos and designs associated therewithare trademarks of Unknown Worlds Entertainment, Inc. The SUBNAUTICA,BELOW ZERO and UNKNOWNWORLDS trademarks are Registered in the U.S.Patent and Trademark Office and in other jurisdictions. All Rights Reserved.
©2020 Unknown Worlds Entertainment, Inc. SUBNAUTICA, BELOW ZEROand UNKNOWNWORLDS and the logos and designs associated therewithare trademarks of Unknown Worlds Entertainment, Inc. The SUBNAUTICA,BELOW ZERO and UNKNOWNWORLDS trademarks are Registered in the U.S.Patent and Trademark Office and in other jurisdictions. All Rights Reserved.

未知の海洋惑星に取り残された主人公を操作し、惑星からの脱出を目指す。キラキラと光る洞窟や溶岩地帯、生物の発光で照らされた深海など、美しく幻想的なステージが用意されている。生き抜くためには食料や水を調達するだけでなく、危険な生物に遭遇したり、乗り物や基地のグレードアップ、時には暖を取る必要も。ガイドやマップがないため、本格的なサバイバル感を味わえるのも特徴。

■対応機種:Nintendo Switch, Steam, PS4,PS5, Xbox One/価格:3,520円(Nintendo Switch用は前作も収録し6,578円)

2.『コーラル サンゴ海の探検』海中を浮遊しながら、サンゴ礁について知る。

©2019 Carlos Coronado Licensed to and published to Rainy Frog LLC.
©2019 Carlos Coronado Licensed to and published to Rainy Frog LLC.

与えられたミッションは、色鮮やかで美しい海中でサンゴ礁を守ること。全15のエリアで「海流」を操って、サンゴ礁に癒しのエネルギーを与える。海流の行く手を阻む有害な水で構成された壁は、パズルを解いて突き進む。ゲーム内には現実世界でサンゴ礁を取り巻く状況がインサートされ、現在サンゴ礁が直面している問題を知り、環境問題への意識を高める要素も含まれている。

■対応機種:Nintendo Switch/価格:1,000円

3.『ロスト・エンバー』雄大な大自然を、オオカミになって駆け巡る。

©Mooneye Studios
©Mooneye Studios

文明が滅びつつある世界で、歴史の謎を紐解いていくアドベンチャーゲーム。他の動物に変身する能力「魂替え」を持つオオカミを操作し、不思議な火の玉と大自然を冒険する。オオカミとして侵入できない場所には、鳥に変身して空を飛んだり、魚になって川を渡って進んでいく。本作には難解な謎解きや派手なバトル、ゲームオーバーはなく、思うがままにゆったりと大自然を探索するのも◎。

■対応機種:Nintendo Switch, Steam,PS4, Xbox One/価格:2,990円

4.『牧場物語 オリーブタウンと希望の大地』自分だけの牧場で、気ままにスローライフを送る。

©2021 Marvelous Inc.
©2021 Marvelous Inc.

森を開拓して自分だけの牧場を作り、豊かな自然に囲まれた生活を送る。ウシやアルパカなどの動物の世話や、野菜や果物の栽培がシリーズの醍醐味だ。個性あふれる住人との交流や恋愛を楽しむこともでき、追加コンテンツも続々と配信予定。鉱山での採掘で集めた素材で建物を修復したり、どんな牧場ができるかはプレイヤー次第。牧場での自由なスローライフを楽しめる。

■対応機種:Nintendo Switch/価格:6,578円

(Hanako1198号掲載/illustration : karashisoell edit : Kei Kimura, Kumpei Kuwamoto(Mo-Green))

5.『moon』22年経った今でも熱狂的なファンが存在する伝説のRPG。

『moon』/Nintendo Switch

なぜモンスターを倒すのか?なぜ勝手に家に入り物を物色するのか?RPGで誰もが感じる違和感を投げかける伝説のRPG。戦闘のないRPGで、オリジナル版発売から22年経った今でも熱狂的なファンが存在。2019年の10月にオリジナルスタッフが完全監修し再配信され、業界でも話題に。

■対応機種:Nintendo Switch/1,980円(税込、Onion Games)

6.『カービィボウル』1994年にリリースされたボールアクションゲームが復活!

©Nintendo ©1994 HAL Laboratory, Inc. /Nintendo
©Nintendo ©1994 HAL Laboratory, Inc. /Nintendo

1994年にリリースされたボールアクションゲームが「スーパーファミコンNintendo Switch Online」で復活!内容は主人公のカービィがボールになって敵を倒し、ゴールを目指すというもの。プレイにはNintendo Switch Onlineの加入が必要。

■対応機種:Nintendo Switch/1カ月306円〜(任天堂)

Navigator…黒木ほの香(くろき・ほのか)/声優。アニメをはじめ、ラジオのパーソナリティや「ファミ通LIVE」などの動画配信サービスでも活躍。新人声優ユニット「サンドリオン」としても活動中。

(Hanako1184号掲載/photo:Kenta Aminaka styling:Chie Hosonuma text:Kohei Kawakami hair&make:Aki)

7.『あつまれ どうぶつの森』どうぶつたちとのコミュニケーションは癒し効果絶大!

©2020 Nintendo
©2020 Nintendo

3月に発売されたばかりの『どうぶつの森』シリーズ最新作。ゲームの中でスローライフを満喫できる大ヒット作。登場するどうぶつたちとのコミュニケーションは癒し効果絶大!舞台となる無人島で釣りをしたり、家具や小物をDIYしたり、その生活はハッピーライフそのもの。

■対応機種:Nintendo Switch/5,980円(任天堂)

Navigator…嵯峨寛子(さが・ひろこ)/『週刊ファミ通』編集長。2009年よりファミ通編集部に勤務。「ファミ通.com」副編集長を経て現職。ゲーム好きに刺さる熱量のある記事づくりを日々心掛けている。

(Hanako1184号掲載/text:Kohei Kawakami)

8.『Ring Fit Adventure』トレーナーいらずのワークアウトが実現!

©2019 Nintendo
©2019 Nintendo
『Ring Fit Adventure』
7,980円(任天堂)
7,980円(任天堂)
©2019 Nintendo
『Ring Fit Adventure』
7,980円(任天堂)

収録されている60種類以上のフィットネスは、すべて専門家が監修。筋トレ系をはじめ、リズム系、ヨガエクササイズまで。楽しく冒険しながらフィットネス。脂肪燃焼や肩こり改善、バストアップにスッキリ美脚までこの一本でOK。
※このソフトには「Nintendo Switch(別売)」が必要です。

■対応機種:Nintendo Switch/7,980円(任天堂)

Navigator…重信 綾(しげのぶ・あや)/ライター。早稲田大学時代、雑誌『POPEYE』のアルバイトをきっかけにライターデビュー。現在、『anan』をはじめ各方面で活躍中。ゲーム好きは兄の影響が大。

9.『Fit Boxing』収録されるエクササイズは50種類

5,800円(イマジニア)
5,800円(イマジニア)

『Ring Fit』がない方にはこちら。Switch付属のJoy-Con(コントローラー)で、リズムゲーム感覚で全身を鍛えられる優れもの。収録されるエクササイズは50種類。お気に入りの曲を選び、その日の気分で楽しくエクササイズ。

■対応機種:Nintendo Switch/5,800円(イマジニア)

(Hanako1184号掲載/text:Kohei Kawakami)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る