1.〈Traditional Weatherwear(トラディショナル ウェザーウェア)〉
2021.06.28

人気スタイリスト・山口香穂が選ぶ、暮らしに寄り添うアイテム。 おしゃれな1本が欲しい!おすすめ「晴雨兼用傘」5選【Hanako Something Good vol.23】

スタイリスト、山口香穂さんによる新連載【Hanako Something Good】。存在感を大きく強調することはないけれど、毎日の暮らしにそっと寄り添うアイテムを彼女の視点を通して紹介します。

今回のテーマは「雨も晴れも傘」。

出がけの慌ただしさの中で、つい手が伸びるのはいつも同じ無地の傘…。私もまさにそうなんです。だからでしょうね、服に合った素敵な傘を手にする人を見ると、心に余裕をもつ大切さを痛感します。日傘も身近になり、雨の日も晴れの日も上を見上げたくなる晴雨兼用で使えるものを集めてみました。

1.〈Traditional Weatherwear(トラディショナル ウェザーウェア)〉

1.〈Traditional Weatherwear(トラディショナル ウェザーウェア)〉

2.〈Coci la elle(コシラエル)〉

2.〈Coci la elle(コシラエル)〉

3.〈FOX UMBRELLAS(フォックス・アンブレラズ)〉

3.〈FOX UMBRELLAS(フォックス・アンブレラズ)〉

4.〈BonBonStore(ボンボンストア)〉

4.〈BonBonStore(ボンボンストア)〉

5.〈CINQ(サンク)〉

5.〈CINQ(サンク)〉

1.〈Traditional Weatherwear(トラディショナル ウェザーウェア)〉
2.〈Coci la elle(コシラエル)〉
3.〈FOX UMBRELLAS(フォックス・アンブレラズ)〉
4.〈BonBonStore(ボンボンストア)〉
5.〈CINQ(サンク)〉

1.〈Traditional Weatherwear(トラディショナル ウェザーウェア)〉

爽やかな白地のドット柄。シンプルなモノトーンのコーディネートに、ほんのり柔らかな表情が生まれます。16,500円(トラディショナル ウェザーウェア|トラディショナル ウェザーウェア 青山店 03-6418-5712)

2.〈Coci la elle(コシラエル)〉

日傘作家のひがしちかさんが主宰するブランドの傘は、独特の色彩感が光ります。赤のハンドルと不ぞろいのチェックがたたずまいを軽やかに。27,500円(コシラエル|コシラエル 本店 03-6325-4667)

3.〈FOX UMBRELLAS(フォックス・アンブレラズ)〉

1868年にロンドンで誕生した世界的に有名な老舗ブランド。ベーシックながら、他にない色も多くそろいます。左・20,900円、右・23,100円(フォックス・アンブレラズ|グリニッジ ショールーム 03-5774-1662)

4.〈BonBonStore(ボンボンストア)〉

丸みを帯びたフォルムがチャーミングな折り畳み傘。ヴィンテージ調の花柄プリントは、オーバーオールやボーダーカットソー、浴衣まで意外と服を選ばないのも◎。14,300円(ボンボンストア 03-6427-6016)

5.〈CINQ(サンク)〉

ともすると“紳士用”っぽく、男前度が高く見えてしまう黒い傘。これは質感に加え、バンブーの取っ手が小ぶりで女性らしさがさりげなく薫る一本。シンプルに素敵です。11,550円(サンク 0422-26-8735)

Styling by…山口香穂(やまぐち・かほ)

スタイリスト。栃木県生まれ。轟木節子氏に師事後、2014年に独立。雑誌、WEB、広告などで活動中。
インスタグラム:@kaho__yamaguchi

(Hanako1198号/photo : Kozue Hanada styling : Kaho Yamaguchi text : Yoshie Chokki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る