生ごみが自家製肥料になる!自作「ダンボールコンポスト」の作り方。
2021.06.21

楽しみながらできること。 生ごみが自家製肥料になる!自作「ダンボールコンポスト」の作り方。

やってみたいけど難しそうで踏み出せない「コンポスト」。楽しみながら、上手に続けるコツを教えてもらいました。

コンポスト 基本の考え方。

前日に入れた生ゴミも次の日にはサラサラに!
前日に入れた生ゴミも次の日にはサラサラに!

ダンボールコンポストは、ダンボールに基材を入れ、その中で微生物に生ゴミを分解してもらい、堆肥化するもの。作り方は多くの自治体のwebサイトに掲載されているものを参考にしてみて。

【作り方】

【1】
【1】
【2】
【2】
【3】
【3】
【1】
【2】
【3】

【用意するもの】

・ピートモス3:もみ殻くん炭2…700g
・水…適量
・ぬか…適量
・底面積A4程度のダンボール箱
・麻布袋
・ワイヤーバスケットなど

【作り方】

❶ワイヤーバスケットに麻布袋を入れ、ダンボール箱を入れる。

❷ピートモスともみ殻くん炭、ぬかを入れて混ぜ、水をしっとりする程度入れ、さらによく混ぜる。

❸②を通気性のいい場所に床につけずに置く。

【デイリーケア】

1.毎日入れる生ゴミの平均は160g。
1.毎日入れる生ゴミの平均は160g。
2.空気を含ませ、適度な水分を保つのが大事。
2.空気を含ませ、適度な水分を保つのが大事。
2.空気を含ませ、適度な水分を保つのが大事。
2.空気を含ませ、適度な水分を保つのが大事。
1.毎日入れる生ゴミの平均は160g。
2.空気を含ませ、適度な水分を保つのが大事。
2.空気を含ませ、適度な水分を保つのが大事。

1.毎日入れる生ゴミの平均は160g。

はじめは、コーヒーカスや茶殻、卵の殻、細かく刻んだ野菜くずなど身近なものから入れてみよう。「魚の皮やワタ、揚げ油、排水口のゴミも入れられます」

2.空気を含ませ、適度な水分を保つのが大事。

毎日中をかき混ぜ、基材に空気を含ませる。生ゴミを入れて混ぜ込み、虫が入らないように閉じる。乾いていれば水分を足す。ほんのりとあたたかく、しっとりサラサラなのが良好な状態。

Teacher…山内彩子(やまうち・あやこ)

夫と子どもの3人暮らし。趣味はものづくり。著書に『暮らしが整う家づくり』(大和書房)。Instagram:@at.mame.guri

(Hanako1197号掲載/photo : Ayako Yamauchi text : Motoko Sasaki edit : Kana Umehara)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る