水回り掃除の基本はたったの3つ!?少ない道具でできるキッチン&バスルームの掃除術。
2021.06.21

掃除は少ない道具と洗剤のみ。 水回り掃除の基本はたったの3つ!?少ない道具でできるキッチン&バスルームの掃除術。

掃除のなかでも気が滅入ってしまう「水回りの掃除」。楽しみながら、上手に続けるコツを教えてもらいました。

水回りの掃除、基本の考え方。

山内さんの台所掃除、たったこれだけ!
山内さんの台所掃除、たったこれだけ!

掃除の基本は「こする、拭く、乾かす」の3つ。道具は少なく、洗剤はあるもので簡単に 、必要なところに使うだけ。ぬめりやカビは発生させない、水アカやこげは放置せず、がんこにしないのが重要。

【キッチン】

【1】
【1】
【2】
【2】
【3】
【3】
【1】
【2】
【3】

1.コンロまわりは余熱があるうちに。

「料理をして余熱があるあったかいうちに拭くと、汚れが簡単に取れます」。がんこな汚れには、セスキ炭酸ソーダを水で薄めたセスキ水でゆるめてから拭くと◎。

2.“吊るす収納”で掃除をラクに。

「掃除が億劫になるのは、ものを避けて拭くのが面倒だから」と、キッチンツールから石けんまですべて吊るして収納。水切れよく、乾きやすいので一石二鳥。

3.気になる水アカには重曹×卵の殻が効く。

シンクは、食器用洗剤と兼用している石けんを使って麻布でこすり洗い。それでも落ちないがんこな水アカは、研磨剤代わりの重曹と卵の殻でこするとよい。

【バスルーム】

【1】
【1】
【2】
【2】
【1】
【2】

1.洗面所の掃除はハンドソープで兼用。

顔を洗ったついでに洗面台を拭く、手を洗ったついでにハンドソープで洗面台もこする、など「ついで」掃除がきれいを保つコツ。余計なものを置かないのもポイント。

2.お風呂の排水口は水シャワーで流すだけ。

排水口に付いている蓋は常に外しておく。毎日、お風呂に入ったあとの掃除ついでに排水口もリセット。パーツはすべて外し、勢いよくシャワーで流すのみ。

Teacher…山内彩子(やまうち・あやこ)

夫と子どもの3人暮らし。趣味はものづくり。著書に『暮らしが整う家づくり』(大和書房)。Instagram:@at.mame.guri

(Hanako1197号掲載/photo : Ayako Yamauchi text : Motoko Sasaki edit : Kana Umehara)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る