植木鉢
2021.05.20

絵の具パレットも不要。 シンプルな植木鉢をおしゃれに!スタイリスト・石井佳苗さん直伝、簡単インテリアDIY【vol.2】

塗るだけ、くっつけるだけ、で、完成。そんなとにかく簡単で、でも部屋に飾るとちょっと特別な雰囲気を与えてくれるインテリア小物を手作りしてみよう。材料も、どこででも手に入るものだけでできる!今回は植木鉢をアレンジ。シンプルな植木鉢だってアイデア次第でおしゃれにアレンジ。絵の具を使うけれどパレットいらず。すぐやってみたくなる!

スポンジでペタペタと塗るだけ。市販のポットにクラフト感をプラス。

植木鉢

植木鉢の下や上にスポンジでペイントするアイデア。「塗る範囲はお好みで。幅を広めに塗ってもまた違う印象になってすてきです」(石井さん、以下同)。好きな色で塗れるから多色使いでバリエを楽しんで。

■用意するもの

植木鉢

A.植木鉢
B.スポンジ
C.絵の具
D.紙(新聞紙など)

植木鉢はホームセンターや園芸店で購入を。サイズはお好みで(今回はテラコッタのポット、3~3.5号鉢を使用)。スポンジはキッチン用など手に入るものを(今回は靴磨き用スポンジを使用)。チューブ絵の具はガーデニング用の水性塗料。汚れるので下に新聞紙や古い雑誌などを敷いて。

■作り方

持ちやすいサイズであればOK!
持ちやすいサイズであればOK!

1.スポンジを切る。

はさみ、カッターなどを使って、使いやすい大きさにスポンジを切る。5~6㎝程度の立方体にするイメージで。いくつか色を塗るならその分だけスポンジを用意する。

植木鉢

2. 絵の具をスポンジに置く。

チューブ式の絵の具を使えば、パレットいらず。直にスポンジに絵の具をオン。今回、絵の具はヌーロ(カンペハピオ)のチョコレート、ライトベージュ、ダークグレーを使用。

植木鉢
植木鉢
植木鉢
植木鉢

3.スポンジになじませる。

スポンジを泡立てるようにつまみ、絵の具が広がるようになじませる。適度に広がったらスポンジの絵の具のついていない部分をきゅっと丸めて、絵の具をつけやすいように持つ。

塗りすぎないほうが仕上がりがきれい!
塗りすぎないほうが仕上がりがきれい!

4.鉢に塗っていく。

鉢の底からポンポンとスタンプするように塗っていく。どこまで塗るかはバランスを見ながら。徐々に絵の具がなくなって薄くなる感じを利用してグラデーションを作るのがコツ。

【CHECK】色を塗った植木鉢をインテリアとして飾る。

植木鉢

植物を育てるのが苦手…という方は、造花を挿すだけでも印象的なインテリアに。模造紙などをくしゃくしゃと丸めて土台にし、そこに造花を挿すだけ。何種類か並べて飾りたい。

Teacher…石井佳苗(いしい・かなえ)

石井佳苗(いしい・かなえ)さん

インテリアスタイリスト。DIYについての著書も多数手がける。インテリアのオンライン講座「Heima Home Design Lesson」も人気。Instagram : @kanaeishii_lc

(Hanako1196号掲載/photo : Tomoya Uehara illustration : Shapre text & edit : Kana Umehara)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る