【おしりストレッチ】
2021.05.02

心身の健康知識を手に入れる。 ホルモンバランスをセルフチェック!セラピストに聞いた『女性ホルモンを整えるための3つの実践。』

コロナ禍で生活リズムが変わり、なんだか調子が悪い…。そんな人にこそじっくりと読んでほしい、心と体に役立つこと。今回は女性ホルモンを整えるための3つの実践をご紹介します。女性の体にとって大切な女性ホルモン。その働きを学びつつ、バランスを整えるセルフケアを習慣に!4月28日(水)発売 Hanako1196号「自分を高める、学びの教科書。」よりお届けします。

1.ホルモンバランスのセルフチェック

体ポイント

□むくみやすい
□お尻や下腹部が冷える
□生理痛がひどい
□便秘や下痢を繰り返す

美容ポイント

□フェイスラインにニキビができる
□顔がどんよりくすんでいる
□髪がパサパサする、抜け毛・白髪が多い
□かかとがガサガサする

メンタルポイント

□PMS(月経前症候群)がきつい
□イライラすることが増えた
□小さなことで悲しくなったりしがちだ
□人と比べやすい

今の状態を知ることが改善の第一歩。

ホルモンバランスの乱れで引き起こされる不調をラインナップ。通常、黄体期に表れることが多いが、バランスが崩れると、月経周期にかかわらず、これらの症状に悩まされる。当てはまる項目が多ければ多いほど、ホルモンバランスの乱れは深刻!

2.呼吸&おなか~子宮エリアマッサージメソッド

【子宮呼吸】
【子宮呼吸】
【小腸マッサージ】
【小腸マッサージ】
【口角上げ呼吸】
【口角上げ呼吸】
【子宮呼吸】
【小腸マッサージ】
【口角上げ呼吸】

1.子宮呼吸
1.子宮を意識した呼吸法。手で逆三角形を作り、おへそに親指を当てた時に、人差し指にあたる部分が、大体子宮の位置。

2.子宮をふくらませるイメージで、腹式呼吸を繰り返す。鼻から吸って、5秒息を止めた後に、口から吐き出す。これを5セット。

2. 小腸マッサージ
1.おへそを囲むように、下腹部から時計回りに全5カ所マッサージ。指の腹を使って、渦を描くように、1カ所5回ほど刺激。

2.外出中も気軽にできるリラックス呼吸法。手のひらにアロマスプレーオイル、香水など、自分の好きな香りを軽く振りかける。

3.口角上げ呼吸
1.外出中も気軽にできるリラックス呼吸法。手のひらにアロマスプレーオイル、香水など、自分の好きな香りを軽く振りかける。

2.目を閉じ、鼻と口を覆った手の中は、にっこりと口角を上げた状態で深呼吸。吐く息は脱力しやすい「はー」がおすすめ。

3.仙骨&おしりエリアマッサージ&ストレッチメソッド

【おしりストレッチ】
【おしりストレッチ】
【仙骨刺激】
【仙骨刺激】
【仙骨あたため】
【仙骨あたため】
【おしりストレッチ】
【仙骨刺激】
【仙骨あたため】

おしりストレッチ

1.おしりを伸ばして血流を促し、女性ホルモンの分泌を活性化させるストレッチ。仰向けになり、左脚が上になるように脚を組む。

2.両手で右脚のすねを抱える。胸に引き寄せたり、離したりを約1分間繰り返し、おしりが伸びるのを感じて。左脚も同様に。

仙骨刺激

1.手をグーにして、おしりの割れ目の上の仙骨を中心に、上下左右にぐりぐりとマッサージする。手にオイルを塗ってもOK。

2.最後に、仙骨をグーで5回強めにたたく。過剰になりがちな交感神経の働きを抑える効果があり、女性ホルモンの乱れを防ぐ。

仙骨あたため

カイロなどで仙骨を温めるだけで、血流アップ。仙骨周辺に、大きな血管の枝が通っているため、冷え解消の即効性あり!

Teacher…Kie(きえ)

プライベートサロン〈美管理spa〉のオーナーセラピスト。「子宮と脳の解放」をテーマに女性の美を追求。よもぎ蒸し講座など、オンラインサロンも大人気。

(Hanako1196号掲載/illustration : Ema Mori text : Asami Kumasaka, Emi Suzuki, Moe Tokai)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る