冷蔵庫にある食材で!世界中の“旅のぶっかけご飯”レシピ4選。自宅でプチトリップできるひと皿を作ろう。
2021.04.30

いつもあるもので作る、気分があがるごはん。 冷蔵庫にある食材で!世界中の“旅のぶっかけご飯”レシピ4選。自宅でプチトリップできるひと皿を作ろう。

〈and recipe〉が得意とする世界各国の味わいを、ご飯と合わせてのひと皿に。冷蔵庫にある食材を使って、アジアや南米へと旅する気分をかなえてくれる。今回は旅のぶっかけご飯レシピをご紹介します。4月28日(水)発売 Hanako1196号「自分を高める、学びの教科書。」よりお届けします。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

【韓国】ボウルひとつで作るナムルがポイント。「ピビンパ」

_MG_0148

■材料

ナムルの材料(作りやすい分量)

・にんじん…1/3本
・きゅうり…1/2本
・ほうれん草…1/2束
・もやし…1/2袋
【B】
・塩…ふたつまみ
・しょうゆ…小さじ1
・ごま油…大さじ2

そぼろの材料(作りやすい分量)

・合挽き肉…200g
・サラダ油…小さじ1
【A】
・コチュジャン…大さじ1と1/2
・しょうゆ …大さじ1/2
・砂糖…大さじ1/2
・酒… 大さじ2
・おろししょうが…小さじ2

その他の材料(2人分)

・卵…2個
・ご飯… 2膳分

■作り方

1.にんじんは千切り、きゅうりは細切りにする。ほうれん草を茹でて冷水にとり、水気をよく絞って4cm幅に切る。もやしは茹でて水気を切る。

_MG_0144
【POINT】

2.ボウルに1と【B】を入れて手で混ぜる。
【POINT】ナムルを作るときは、手でしっかり和える。
作り方2で菜箸ではなく手で混ぜ合わせることで、塩、しょうゆ、ごま油が野菜となじみ、しっかりと味が入る。ひとつのボウルで調味することで、手間を省くメリットも。

3.フライパンにサラダ油を温め、合挽き肉を入れてほぐしながら炒め、【A】を加えて汁気がなくなるまで炒め煮にする。

4.目玉焼きを作る。フライパンに油大さじ1(分量外)をひき、強火にかける。油が温まったら卵を割り入れ、ふちがカリカリになったらごく弱火にし、好みの固さまで焼く。

5.器にご飯を盛り付け、2、3、4をのせ、好みでコチュジャンを添える。

【ネパール】おなじみのカレー粉で本場の味が完成。「ネパールカレー」

_MG_0160

■材料

・鶏もも肉…1枚
・手羽中…10本
・玉ねぎ…1と1/2個
・トマト…1個
・バター…30g
・カレー粉…大さじ2と1/2
・おろしにんにく…2かけ分
・おろししょうが…小さじ2
・塩…小さじ1
・砂糖…小さじ1/2
・水…300ml
・ご飯…適量

キャベツのクミン和え

・キャベツ…3枚
・クミン…小さじ1/3
・塩…ひとつまみ

■作り方

1.玉ねぎはみじん切りにする。トマトは1cm角に切る。鶏もも肉は大きめのひと口大に切る。

_MG_0001
【POINT】

2.鍋にバターと玉ねぎを入れて、飴色になるまで中火で炒める。
【POINT】やりすぎ?というくらい、玉ねぎを炒めて濃い飴色に。
作り方2で10分くらいかけてしっかりと玉ねぎを炒め、コクと甘みを出すことが味の決め手。木べらでまんべんなく全体を混ぜながら炒めれば、焦げることはない。

3.カレー粉、にんにく、しょうがを入れて混ぜながら1分ほど炒める。

4.鶏もも肉と手羽中に塩をふって3に加え、スパイスを絡ませるように炒める。

5.トマトを加えて潰しながら水分を飛ばし、ペースト状になるまで炒め煮にする。

6.水と砂糖を加えてひと煮立ちさせ、蓋をして弱火で50分煮込む。

7.キャベツのクミン和えを作る。千切りにしたキャベツを塩ひとつまみ(分量外)でもんで15分おく。水にさらし塩抜きをしてからよく絞り、クミンと塩で和える。

8.お皿にご飯とカレー、7を盛り付ける。

【タイ】フライパンひとつで作る、タイの大衆食。「カオマンガイ」

_MG_0049

■材料

・鶏もも肉…1枚
・にんにく…1かけ
・しょうが…5g
・パクチー…1/2束
・タイ米…1.5合
・水…230ml
・レモン…適量
【A】
・ナンプラー…小さじ2/3
・砂糖…小さじ1/4
・塩…小さじ2/3
・白ワイン…大さじ2
【B】
・味噌….大さじ2
・スイートチリソース…大さじ2
・砂糖…大さじ1/2
・しょうゆ…大さじ1/2
・ごま油…大さじ1/2

_MG_0014
【POINT】

■作り方

1.しょうがとにんにくは、みじん切りにする。パクチーは根をみじん切りにして、葉と茎は3cm幅に切り、それぞれ水にさらしておく。

2.フライパンにタイ米、水、【A】を入れて軽く混ぜてから、パクチーの根、にんにく、しょうが、鶏もも肉をのせる。

3.蓋をして強火にかけ、沸騰したら弱火で10分炊き、火を止めて10分蒸らす。
【POINT】鶏もも肉と米は、フライパンで一緒に炊く。
作り方2&3は通常、鶏肉を茹で、冷ました茹で汁で米を炊くが、自宅で作りやすいようにふたつの工程をフライパンひとつで。もも肉は、皮を上にすると旨みが出やすい。

4.ボウルにBを入れてよく混ぜる。

5.お皿にご飯を盛り付け、食べやすい大きさに切った鶏もも肉、パクチーの葉と茎をのせ、鶏もも肉に4のタレをかけてレモンを添える。

【メキシコ】サラダ感覚の爽やかなサルサがたっぷり。「サルサタコライス」

_MG_0113

■材料(2人分)

タコスミート

・豚ひき肉…200g
・塩…小さじ1/2
・オリーブオイル…大さじ1/2
・ご飯…適量
【A】
・ケチャップ…大さじ2
・ウスターソース…大さじ1
・チリパウダー…小さじ1
・黒こしょう…少々

サルサ(ソース)

・玉ねぎ…1/6個
・トマト…1個
・きゅうり…1/3本
【B】
・塩…小さじ1/4
・レモン汁…大さじ1
・オリーブオイルv大さじ1と1/2
・タバスコ…小さじ1/2

_MG_0083
【POINT】

■作り方

1.サルサを作る。玉ねぎはみじん切りにして10分ほど水にさらし、水気を絞る。トマトときゅうりは1cmの角切りにする。

2.ボウルに1と【B】を入れて混ぜる。

3.タコスミートを作る。ボウルに豚ひき肉と塩を入れて粘り気が出るまで混ぜ、円盤状にまとめる。

4.フライパンにオリーブオイルを温め、3を入れて、ハンバーグのように両面に焼き色をつけてから、木べらで潰しながらほぐす。

5.【A】を入れて、混ぜながら中火で炒めて、火を通す。
【POINT】肉はハンバーグ状にして両面を焼いてから崩す。
作り方4&5でひき肉をハンバーグ状の塊にして火を入れて、香ばしい焼き色をまとわせる。さらに崩してから炒めることで、肉の塊感が出て、ぐっと食べ応えが出る。

6.お皿にご飯を盛り付け、タコスミートとサルサをかける。

いつもあるもので作る、気分があがる各国ごはん。

なかなか海外旅行に出かけられない日が続く中、普段の食事に〝旅気分〞を取り入れることを提案してくれたのが〈and recipe〉の料理人、山田英季さん。「本場の味をリアルに再現することよりも、気軽に現地風ごはんを作ることができるほうが楽しいですよね。普段、冷蔵庫にある食材や、キッチンに常備している調味料で意外とできます。

たとえば、いくつもスパイスをそろえずに、おなじみのカレー粉を使ってネパールカレーの味を作ったり。タイの代表料理のひとつ、茹で鶏ご飯のカオマンガイのソースに日本の味噌を用いたり。作る工程を少なくしても、それぞれのメニューのポイントを押さえておけばOKです」気合いを入れても長続きしなかったら台無し。まずはいつもの食事を作る延長で、スマートに美味なる各国料理に仕上がる、この4皿から。

Teacher…山田英季(やまだ・ひですえ)

おいしいものと旅をテーマに活動する〈and recipe〉の料理人。レシピ開発やケータリングも行う。近著に『あたらしいおかず 家ごはんをも~っとおいしく!』。

(Hanako1196号掲載/photo : Kenya Abe styling : and recipe illustration : Shapre text : Yumiko Ikeda)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る