Something Good
2021.05.03

人気スタイリスト・山口香穂が選ぶ、暮らしに寄り添うアイテム。 今買うべきトレンドアイテム「スウェット」5選!スタイリストがセレクト。【Hanako Something Good vol.21】

スタイリスト、山口香穂さんによる新連載【Hanako Something Good】。存在感を大きく強調することはないけれど、毎日の暮らしにそっと寄り添うアイテムを彼女の視点を通して紹介します。

今回のテーマは「スウェット」。

今季のトレンドでもあるスウェット。私の中では通年で出番の多いアイテムのひとつです。素材や形、バリエーションは多彩ですが、着心地の良さに加え、大人っぽく転べるデザインかは大事なポイント。色やシルエットにもこだわりつつ、ヒールやワンピースと合わせてみるなど、全体でバランスをとるのがコツですね。

Something Good

1.〈OSHIMA REI(オオシマレイ)〉

アメフトモチーフで古着のような風合いを持つパーカ。ショート丈で、スカートやワンピに合わせてもかわいい。何年も何年も着込んでいきたい一枚。26,400円(オオシマレイ|マチュピチュ 03-5459-3713)

2.〈YOUNG & OLSEN The DRYGOODS STORE(ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア)〉

「アイラブ ブラームス」のメッセージとともに、似顔絵があしらわれた白スウェット。大人のユーモアが光る一枚。24,200円(ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア|グーニー PR 03-6441-2142)

3.〈Just Right(ジャストライト)〉

カットソー感覚で着られる薄手のスウェット。大人が抵抗なく袖を通せる絶妙なニュアンスピンク。白いサロペットと合わせて着るのもおすすめ。13,200円(ジャストライト https://just-right.jp/)

4.〈MIXTA(ミクスタ)〉

古着業界に携わってきた2人が作っているブランドだけあり、最初からこなれた表情。半袖タイプは、季節をまたいで活躍してくれる。9,350円(ミクスタ|メイデン・カンパニー 03-5410-9777)

5.〈FilMelange(フィルメランジェ)〉

汗をかいても肌離れが良く、心地よいコットンの肌触りはさすが。サイドのスリットや襟元の抜け感を活かして、ワンピやスカートの上に、さっと着たい。28,600円(フィルメランジェ 03-3473-8611)

Styling by…山口香穂(やまぐち・かほ)

スタイリスト。栃木県生まれ。轟木節子氏に師事後、2014年に独立。雑誌、WEB、広告などで活動中。
インスタグラム:@kaho__yamaguchi

(Hanako1196号/photo : Kozue Hanada styling : Kaho Yamaguchi text : Yoshie Chokki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る