スクリーンショット 2021-03-17 22.20.35 (1)
2021.03.18

日々の備えがやっぱり大切! 【都市の防災対策】簡単チャート式で学ぶ!災害のときにするべき行動+日常の備え。

災害は、時と場所を選んではくれません。自分がどこにいるかによって、その後にとるべき行動も、必要となってくる備えも変わります。そこで今回は、簡単チャート式で学ぶ防災の基本をご紹介します。

災害発生!どんな備えが必要か、チャート式で考える。

スクリーンショット 2021-03-17 22.20.35 (2)

①考えること

a.家にいる。…ハザードマップを事前に確認する。

浸水や土砂災害などの危険範囲を示すハザードマップは自治体が発行・配布している。事前に確認し、状況に合った判断を。

b.会社にいる。…会社の安全と交通状況を確認する。

建物が安全か、避難経路が確保できているかを確認。道路状況や交通状況を見て、帰宅するかその場にとどまるかをまず判断。

c.電車・徒歩など移動中。…情報を収集し安全を確認する。

移動中は、パニックにならず、落ち着いて行動することが大事。スマホを使い、ネットなどで災害情報をチェックしよう。

②どこへ行く?

a.避難所へ行く。

自宅が危険な場合は、最寄りの避難所へ。受け入れできない場合もあるので、何カ所か調べておこう。

b.家にとどまる。

在宅避難はストレスが少ないが、頼りは自分。非常食や防災グッズをしっかりと準備しておきたい。

c.会社にとどまる。

会社が安全と判断したら、とどまる判断もあり。事前に社内の備蓄は何があるのか、知っておこう。

d.最寄りの安全な場所へ。

指定避難所のほか、ホテルや映画館が臨時の避難場所になっていることも。SNSで情報収集を。

③必要なもの

1.家の防災袋

2.家の備え

3.会社の防災袋

4.ポーチの備え

備えの3つの基本、まずはここから!

1.備蓄の基本は1週間分。

大災害の場合、ライフラインの復旧や配給が来るまでは、早くても1週間。水と食料はもちろん、調理をするためのカセットコンロとガスボンベも忘れずに。

2.スマホは生命線。充電は必須。

何はなくとも、スマホがあれば何とかなる!ラジオやライト、連絡手段、情報収集と1台で何役もこなしてくれる頼れる味方。フル充電+充電器は必携!

3.トイレはまず使えなくなる。

断水や排水管の破裂が起きると、下水道が使えなくなる。トイレを無理に使うと詰まりや逆流の原因に。災害用トイレは必ず多めに準備しておいて。

Teachers

・佐々木真琴(ささき・まこと)

岩手県宮古市に生まれ、中学2年で東日本大震災を経験。現在、防災NPO法人〈プラス・アーツ〉に携わる。

・室崎友輔(むろさき・ゆうすけ)

地域防災プランナー、アウトドア防災アドバイザー。防災学者の父の影響もあり、防災事業の道へ。

(Hanako1194号掲載/photo : MEGUMI styling : Rina Taruyama illustration : naohiga text : Motoko Sasaki , Kana Umehara edit : Kana Umehara)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る