無題 (2)
2021.03.17

その時、必要な行動は!? 防災クイズで学ぼう!いざという時の行動 vol.3『地震発生時の選択 外出時編』

防災の備え、いざという時の行動は、判断に迷うシチュエーションも多い。覚えておきたい基本の考えやアクションを、防災アドバイザーの室崎友輔さんに教えてもらいます。今回は、地震発生時の選択-外出時編-です。

A1.「駅のホームにいる時に地震が。激しい揺れがおさまったら…。」

無題 (2)

正解は…「駅員の指示に従い、安全な場所に。」

火災や地下鉄の浸水など、外に出ないと危険な状況でなければホームや停車中の電車で安全を確保して。人が出口に集中すると階段でなだれになる、押しつぶされてケガをするなどの危険が。

Q2.「歩いている時に地震が。余震が怖い。一時的に避難するなら?」

無題

正解は…「ガススタは耐震性&耐火性が完璧!」

消防法や建築基準の対策がされたガソリンスタンドは、実は災害に強い。阪神・淡路大震災でも火災発生件数はゼロ。さらに災害発生時には支援施設として提供されるスタンドもある。

Q3.「オフィスで長い揺れ。落ち着いたタイミングで移動するなら?」

正解は…「頭上から物が落ちない場所へ。」

オフィスでは、揺れの最中は机の下などで身を守って。長い余震が続く場合は、頭上に危ないものがなく、物が倒れる恐れが少ないエレベーターホールで待機するのがベター。

今回教えてくれたのは…室崎友輔(むろさき・ゆうすけ)

室崎友輔さん
室崎友輔さん

地域防災プランナー、アウトドア防災アドバイザー。防災学者の父の影響もあり、防災事業の道へ。

(Hanako1194号掲載/photo : MEGUMI styling : Rina Taruyama illustration : naohiga text : Motoko Sasaki , Kana Umehara edit : Kana Umehara)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る