無題 (9)
2021.03.14

その時、必要な行動は!? 防災クイズで学ぼう!いざという時の行動 vol.2『地震発生時の選択 在宅編』

防災の備え、いざという時の行動は、判断に迷うシチュエーションも多い。覚えておきたい基本の考えやアクションを、防災アドバイザーの室崎友輔さんに教えてもらいます。

A1.「トイレに入っていたら激しい揺れ!すべきことは?」

無題 (7)

正解は…「状況を確認せず飛び出すのは危険。」

建物が倒壊する危険がある場合は急いで出る必要があるが、まずはその場にとどまり、トイレの外が安全か、歩けるかなど確認を。逃げられなくなると困るのでドアは必ず開けておくこと。

Q2.「リビングにいたら地震が発生。ちょっと先のキッチンではヤカンに火がついていて…。」

無題 (8)

正解は…「コンロの火より、まずは身の安全を。」

コンロの火は地震の場合、安全装置で自動的に消える。無理して火元に向かうとやけどをすることも考えられるので、ここは自分の安全を守るべき。火を消すのは揺れがおさまってからに。

Q3.「一人暮らしの寝室。地震で棚が倒れ、出られない。まず、すべきことは?」

無題 (9)

正解は…「無理して体力を消耗しないように。」

棚がすぐ動きそうなら動かすのもOKだが、一人の力では無理な場合は、体力温存がベター。人を呼ぶ時は、スマホのライト、物を叩いて音を出す、ホイッスルなどを利用するべし。

今回教えてくれたのは…室崎友輔(むろさき・ゆうすけ)

室崎友輔さん
室崎友輔さん

地域防災プランナー、アウトドア防災アドバイザー。防災学者の父の影響もあり、防災事業の道へ。

(Hanako1194号掲載/photo : MEGUMI styling : Rina Taruyama illustration : naohiga text : Motoko Sasaki , Kana Umehara edit : Kana Umehara)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る