ハナコラボ あんこ
2021.03.07

ペアリングや食べ方アレンジもお届け。【ハナコラボミーティングオンライン】 和スイーツブランド〈あんこと〉がデビュー!第1弾「あんこチーズケーキ」の試食会を開催。

ハナコラボ パートナーのための定期イベント「ハナコラボミーティングオンライン」。今回は、2月にデビューしたばかりの和スイーツブランド〈あんこと〉の「あんこチーズケーキ」の試食会をオンラインで開催。こだわりポイントや+αでさらにおいしくなるペアリングなど、ケーキの魅力をたっぷりご紹介します。

今回、参加したハナコラボ パートナーは…

(上段)1列目左からハナコラボ ディレクター土屋志織、同プロデューサー荒川由貴子、〈それがし〉グループ総料理長・大久保富士夫さん、〈株式会社JO〉代表取締役・尾山淳さん、伊藤ひいなさん。2列目左から大木南さん、浅井裕美さん、柚木彩香さん。3列目左から永田尚子さん、児島麻里子さん、高橋里香さん。4列目左から木村美和子さん、木崎真那さん、ナンシさん。
(上段)1列目左からハナコラボ ディレクター土屋志織、同プロデューサー荒川由貴子、〈それがし〉グループ総料理長・大久保富士夫さん、〈株式会社JO〉代表取締役・尾山淳さん、伊藤ひいなさん。2列目左から大木南さん、浅井裕美さん、柚木彩香さん。3列目左から永田尚子さん、児島麻里子さん、高橋里香さん。4列目左から木村美和子さん、木崎真那さん、ナンシさん。
左から大久保さん、JSA認定ソムリエ・青木優輝さん。
左から大久保さん、JSA認定ソムリエ・青木優輝さん。
(上段)1列目左からハナコラボ ディレクター土屋志織、同プロデューサー荒川由貴子、〈それがし〉グループ総料理長・大久保富士夫さん、〈株式会社JO〉代表取締役・尾山淳さん、伊藤ひいなさん。2列目左から大木南さん、浅井裕美さん、柚木彩香さん。3列目左から永田尚子さん、児島麻里子さん、高橋里香さん。4列目左から木村美和子さん、木崎真那さん、ナンシさん。
左から大久保さん、JSA認定ソムリエ・青木優輝さん。

荒川、土屋は東京の五反田にある〈和牛それがし〉から、〈あんこと〉をプロデュースする〈株式会社JO〉の代表取締役・尾山さん、〈それがし〉グループ総料理長・大久保さん、JSA認定ソムリエ・青木さんとともにお届け。ハナコラボ パートナー10名が、各自宅からオンラインで参加しました。

★インスタライブのダイジェストIGTVは、こちらをチェック!

テーマ:「和スイーツブランド〈あんこと〉の『あんこチーズケーキ』を試食」

「あんこチーズケーキ」3,500円+送料。室温で1〜1.5時間解凍してから食べるのがおすすめ。
「あんこチーズケーキ」3,500円+送料。室温で1〜1.5時間解凍してから食べるのがおすすめ。
あんこや生地はカラダに優しいてんさい糖を使用し、すっきりとした甘さに。
あんこや生地はカラダに優しいてんさい糖を使用し、すっきりとした甘さに。
「あんこチーズケーキ」3,500円+送料。室温で1〜1.5時間解凍してから食べるのがおすすめ。
あんこや生地はカラダに優しいてんさい糖を使用し、すっきりとした甘さに。

〈あんこと〉は、東京の五反田、恵比寿で〈酒場それがし〉〈鳥料理それがし〉〈とり口〉など、日本酒×和食を中心とした飲食店7店舗を運営する〈株式会社JO〉からデビュー。各系列店でオープン当初から愛されている“あんこ”にフォーカスした和スイーツブランドです。第1弾は、和と洋の組み合わせが新しい「あんこチーズケーキ」。白カビタイプのフランス産チーズ「ブリー・ド・モー」を贅沢に使い、職人が炊き上げたあんこをサンドして2層に。チーズの豊かな風味と絹のような滑らかな口当たりが特徴です。

じっくり2時間かけて炊き上げます。
じっくり2時間かけて炊き上げます。
事前にあんこは棒状に固めておくことで、中で崩れず、きれいなケーキの断面が完成します。
事前にあんこは棒状に固めておくことで、中で崩れず、きれいなケーキの断面が完成します。
じっくり2時間かけて炊き上げます。
事前にあんこは棒状に固めておくことで、中で崩れず、きれいなケーキの断面が完成します。

主役のあんこは、北海道十勝産で収穫された小豆からいいものを選別。鍋に小豆を入れたら、2時間かけて、豆の状態を見極めながら丁寧に練ります。あんこを炊き終えたら、棒状にして保存。型にチーズ生地を流し込み、棒状のあんこを入れたら、再度生地を流し込むことできれいな2層になり、あんことチーズそれぞれの食感が楽しめます。さらに、小⻨粉を一切使用しないグルテンフリーな上に、無添加・無化調なので、健康や美容が気になる方はもちろん、お子様も安心して食べられます。
まずは全員で「あんこチーズケーキ」を試食。「チーズもあんこも軽やかで食べやすい」、「あんことバターの組み合わせは食べたことあるけど、あんことチーズは初めて。相性抜群です」など、大満足の様子。「普段から食生活には気をつけているけど、グルテンフリーなら罪悪感がないから◎」という声もありました。

ペアリングや食べ方アレンジでさらにおいしく!

左から白、ロゼ、赤。
左から白、ロゼ、赤。

実はお酒とも相性抜群な「あんこチーズケーキ」。ソムリエ・青木さんの解説を聞きながら、3種類のワインとのマリアージュを楽しみます。「白はフランスのロワール地方で作った『シュナン・ブラン』。甘口ながら酸味もしっかりあるので、甘味のあるチーズとぴったりです。ロゼは山梨県塩山市にあるワイナリー〈98wines〉の『マスカット・ベリーA』。ストロベリーのような甘さに少し酸味もあるので、特にあんことのマリアージュを楽しんでほしいですね。赤はイタリアのロワイヤ地方で作った〈カミッロ・ドナーティ ランブルスコ〉の『ランブルスコ』で、特別に発泡していないワインです。3種類のなかでは1番飲みやすく、何にでも合うと思います」(青木さん)。3種類用意していた伊藤さんは、「赤は和、白はチーズが際立って洋の雰囲気。ロゼはバランスがよかったです」。もちろん、お茶やコーヒーとも合うので、気分やシチュエーションで変えて楽しむのもおすすめです。

左からはちみつ、ドライ白イチジク。
左からはちみつ、ドライ白イチジク。

はちみつやドライ白イチジクでアレンジしてみるのも、「あんこチーズケーキ」をおいしく、楽しく食べるコツ。はちみつはお好みでケーキにかけて、すっきとしたチーズに甘味をプラス。また、ドライ白イチジクはケーキと一緒に食べればおつまみに大変身!他には塩であえて塩味を足すなど、アレンジは無限大です。

試食会終了!最後に、〈あんこと〉への想いを伺いました。

「昨年5月頃から、約半年間かけて完成した渾身のケーキです。あんことチーズの甘味と酸味、塩味のバランスがむずかしく、0.1g単位で調整するなど大変でしたが、無事に完成しました。あんこの可能性が感じられるスイーツになっているので、ぜひたくさんの方に食べてもらえたらと思います」(大久保さん)。「第2弾は4月頃に発表予定なので、今後とも〈あんこと〉をどうぞよろしくお願いいたします!」(尾山さん)

〈あんこと〉
「あんこチーズケーキ」は毎週日曜日10:00からオンラインショップにて販売(数量限定)。
■オンラインショップはこちら
■ブランド公式Instagramはこちら

今回、ミーティングをしたお店はココ!

ハナコラボ あんこ

〈和牛それがし〉
■東京都品川区西五反田1-4-8-202
■03-6420-3092
■12:00~L.O.14:00(ランチ)、
 17:00~20:00(ディナー) 年末年始休
 ※緊急事態宣言の発令に伴い、20:00までの営業となります。
http://www.soregashi.jp/niku/

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る