飯能〈ピッツェリア ジェコ〉
2021.03.31

Hanako w/ Seibu〜わたしが出会ったお店と、その暮らし〜 飯能の人たちに本場のピッツァを広めたい!純粋な想いから誕生した〈ピッツェリア ジェコ〉。

イタリア政府公認の「真のナポリピッツァ協会」認定店は、埼玉県内で3店のみ。そのうちのひとつ、〈ピッツェリア ジェコ〉は、飯能におけるピッツァの代名詞ともいえる実力店。その人気を支えるひとりが、飯能で生まれ育った栗原開さんです。

建設会社がピッツェリアをオープン。風見鶏のいる黄色い丸塔は街のアイコンに。

飯能〈ピッツェリア ジェコ〉

〈ピッツェリア ジェコ(以下、ジェコ)〉はまず、その成り立ちがユニークです。飯能の建設会社の社長が、会食で茨城県つくば市にある名店〈ピッツェリア・アミーチ〉に訪れたのは、いまから8年ほど前。それまで知っていた“ピザ”とは一線を画す“ピッツァ”のあまりのおいしさに衝撃を受けたといいます。地元の人たちにもぜひ食べてほしい!そんな直球な熱意だけで、なんと〈ジェコ〉をオープンさせてしまいました。

店名の入ったオリジナルの薪窯でピッツァを焼く栗原さん。1〜2分で火が入ってしまうピッツァを同時に3枚も焼ける技をもっている。
店名の入ったオリジナルの薪窯でピッツァを焼く栗原さん。1〜2分で火が入ってしまうピッツァを同時に3枚も焼ける技をもっている。

イタリアからピッツァ窯や建築資材を取り寄せ、こだわり抜いてつくった店舗の設計は、さすが建設会社だけあってお手のもの。けれど、肝心のピッツァの専門家は当然、擁していません。いったい誰に、ここでピッツァを焼いてもらおう?
そんな時、白羽の矢が立ったのが、栗原開さんでした。当時、すでに飲食業に携わってはいましたが、ピッツァに関しては未経験。さっそく件の〈アミーチ〉で手ほどきを受けることに。

■続きは「Hanako w/ Seibu」をチェック。

Hanako w/ Seibu
Hanako w/ Seibu / 編集部

「私が出会ったお店と、その暮らし。サイト「Hanako w/ Seibu」はこちら

Hanako w/ Seibuさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る