般若心経写経の所要時間は40~60分ほど。最後に名前と願いごとを書いて終了。写仏も用意されている。
2021.01.17

お寺をもっと身近に感じよう 【京都旅】こんな時代だからこそ体験したい寺での学び体験5選。/寺見学・写経・坐禅・抹茶・彫仏

仏教の修行としてお経を書き写す写経にチャレンジしたり、僧侶のお話を傾聴して生きるヒントを見出す人もいる。いにしえからの心の拠り所であるお寺に行ってみませんか?写経、坐禅、抹茶、彫仏から、僧侶によるプライベートな案内まで。内面を見つめ直すきっかけになる心を学ぶ体験がそろいます。

1.お寺の見学

〈仁和寺(にんなじ)〉

通常非公開の金堂や経蔵、五重塔・初層内部などを、僧侶による解説を聞きながらじっくり巡ることができる。普段見ることのできないお堂内部は見応え十分。ほかに昼食やアフタヌーンティー付きのプランも。

〈仁和寺(にんなじ)〉
■京都府京都市右京区御室大内33
■075-461-1155
12~2月9:00~16:00(3~11月は~16:30)拝観料500円。「特別プライベートツアー~」10:00~15:00の30分ごとに受付、所要時間2時間。1~7名7,800円~。申込み・開催日など詳細はHP(http://www.ninnaji.jp/news/)で。

2.【お茶】珍しい武家茶道のもてなし秀吉ゆかりの献茶点前を。

「秀吉公ゆかりの神仏への献茶点前」土日祝のみ10:30~16:00受付、料金1,500円。扇子を載せるのは神仏への献茶に息がかからないように。扇子は記念品として持ち帰れる。
「秀吉公ゆかりの神仏への献茶点前」土日祝のみ10:30~16:00受付、料金1,500円。扇子を載せるのは神仏への献茶に息がかからないように。扇子は記念品として持ち帰れる。
高台寺の塔頭寺院のひとつ。
高台寺の塔頭寺院のひとつ。
「秀吉公ゆかりの神仏への献茶点前」土日祝のみ10:30~16:00受付、料金1,500円。扇子を載せるのは神仏への献茶に息がかからないように。扇子は記念品として持ち帰れる。
高台寺の塔頭寺院のひとつ。

秀吉の妻・ねねが晩年を過ごした圓徳院では、古田織部が秀吉の命で始めた織部流の点前を。まずは扇子で覆われた茶碗が運ばれ、目の前で茶が点てられる武家茶道が新鮮。ほかに境内で焼かれた楽茶碗を使い、北書院の庭を眺めながらいただく「楽茶碗でのお抹茶」500円も。

〈圓徳院(えんとくいん)〉
■京都府京都市東山区下河原530
■075-525-0101
■10:00~17:00受付(17:30閉門)
■拝観料500円

3.【写経】厳かな本堂で一文字ずつ心を込めて書く般若心経。

般若心経写経の所要時間は40~60分ほど。最後に名前と願いごとを書いて終了。写仏も用意されている。
般若心経写経の所要時間は40~60分ほど。最後に名前と願いごとを書いて終了。写仏も用意されている。
「般若心経写経」9:00~15:30受付、料金1,000円。仏様に向かって行う写経は、厳かさもひときわ。
「般若心経写経」9:00~15:30受付、料金1,000円。仏様に向かって行う写経は、厳かさもひときわ。
般若心経写経の所要時間は40~60分ほど。最後に名前と願いごとを書いて終了。写仏も用意されている。
「般若心経写経」9:00~15:30受付、料金1,000円。仏様に向かって行う写経は、厳かさもひときわ。

人々の疫病平癒を祈り嵯峨天皇が写経し、奉納したことから根本道場といわれる。写経は御本尊の不動明王をはじめ五大明王を祀る本堂・五大堂で。まずは塗香(ずこう)で身を清め、書き終えた写経は願いを込めて奉納を。短時間で書けるものも。

〈旧嵯峨御所 大本山大覚寺(きゅうさがごしょ だいほんざんだいかくじ)〉
■京都府京都市右京区嵯峨大沢町4
■075-871-0071
■9:00~17:00(受付~16:30)
■参拝料 お堂エリア500円、大沢池エリア300円

4.【彫仏】阿弥陀如来に見守られ、お地蔵様を作る静謐のとき。

三浦さんにより荒彫りされたヒノキを、彫刻刀を使って彫っていく。木の香りも清々しく、心癒されるひとときになるはず。
三浦さんにより荒彫りされたヒノキを、彫刻刀を使って彫っていく。木の香りも清々しく、心癒されるひとときになるはず。
「仏師・三浦耀山1日仏像彫刻教室」奇数月第2火曜10:00~16:00、料金12,000円。
「仏師・三浦耀山1日仏像彫刻教室」奇数月第2火曜10:00~16:00、料金12,000円。
三浦さんにより荒彫りされたヒノキを、彫刻刀を使って彫っていく。木の香りも清々しく、心癒されるひとときになるはず。
「仏師・三浦耀山1日仏像彫刻教室」奇数月第2火曜10:00~16:00、料金12,000円。

職人や学生とのコラボレーションで積極的に行う情報発信のひとつが仏師・三浦耀山さんの仏像彫刻体験。御本尊の阿弥陀如来に見守られながらの教室は、定員10人と少人数のため丁寧な手ほどきが受けられて安心。優しい顔のわらべ地蔵は癒しをもたらす存在に。

〈龍岸寺(りゅうがんじ)〉
■京都府京都市下京区塩小路通大宮東入ル八条坊門町564
■075-371-0370
■9:00~16:00(要事前連絡)

5.【あめ玉坐禅】瞑想効果のある飴を舐める7分間だけの小さな修行。

坐禅を組む松山さん。坐禅はそれぞれが自由に行う。
坐禅を組む松山さん。坐禅はそれぞれが自由に行う。
「ひと粒の禅」300円。飴には境内で採れた柚子オイルと、瞑想効果のあるハーブ・ゴツコラ、整腸効果がある食べる杉パウダーが入る。お土産として購入も可能。
「ひと粒の禅」300円。飴には境内で採れた柚子オイルと、瞑想効果のあるハーブ・ゴツコラ、整腸効果がある食べる杉パウダーが入る。お土産として購入も可能。
坐禅を組む松山さん。坐禅はそれぞれが自由に行う。
「ひと粒の禅」300円。飴には境内で採れた柚子オイルと、瞑想効果のあるハーブ・ゴツコラ、整腸効果がある食べる杉パウダーが入る。お土産として購入も可能。

「禅にはひとつのことに意識を集中する修行があります。飴も真剣に舐めれば禅の入り口になるのでは」という副住職・松山大耕さんの発想から始まった、飴を舐める間の坐禅。方丈の前に座り姿勢と呼吸を整えたら、オリジナルの飴を口に。徐々に溶ける飴だけを感じる修行の時間を。

〈退蔵院(たいぞういん)〉
■京都府京都市右京区花園妙心寺町35
■075-463-2855
■9:00~17:00
■拝観料600円

(Hanako1192号掲載/photo : Akira Yamaguchi text : Mako Yamato)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る