Tシャツ/スタイリスト私物
2021.01.02

お休み中にコツコツリフトアップ。 マスクで気になる“たるみ顔”を解消!顔の筋肉をトレーニングできる「美顔ワークアウト」。

大型連休前のHanako定番「おこもり」企画。例年よりおでかけシーンがぐっと減りそうな今回のおやすみは、じっくり時間をかけて、やりたかったことを始めるチャンス。充実のおうち時間で一年のスタートを気持ちよく!今回は、顔の筋肉をトレーニングできる“美顔ワークアウト”をご紹介します。12月28日(月)発売 Hanako1192号「幸せをよぶ、神社とお寺。」よりお届け。
Tシャツ/スタイリスト私物
Tシャツ/スタイリスト私物

withマスク生活が当たり前となり、知らず知らずのうちに深刻化しているといわれるのがフェイスラインのたるみ。顔の筋肉をトレーニングできる“美顔ワークアウト”を日常に!

5つの美顔ワークアウト

両手を使うのが難しい人は、片側ずつでもOK。これを左右3回以上繰り返して。目の下のシワ&ほうれい線まわりのたるみを改善!
両手を使うのが難しい人は、片側ずつでもOK。これを左右3回以上繰り返して。目の下のシワ&ほうれい線まわりのたるみを改善!
人差し指の側面で頰骨を引っ張り、目を閉じる・開けるを繰り返す。マスクで目立つ、目の下のシワにアイロンがけするイメージ。
人差し指の側面で頰骨を引っ張り、目を閉じる・開けるを繰り返す。マスクで目立つ、目の下のシワにアイロンがけするイメージ。
「お」の口のまま、人差し指を曲げフック状に。これを頰骨の内側に引っ掛ける。おでこの外側と目尻を意識しながら目を開く。
「お」の口のまま、人差し指を曲げフック状に。これを頰骨の内側に引っ掛ける。おでこの外側と目尻を意識しながら目を開く。
「う」の口を縦に細長く開き、「お」の口に。顔は下げないように注意。これだけでもほうれい線を伸ばし、顔のたるみにも効果的。
「う」の口を縦に細長く開き、「お」の口に。顔は下げないように注意。これだけでもほうれい線を伸ばし、顔のたるみにも効果的。
口を縦長に開いて「う」の形に。これが基本のスタイル。外へ動きたい顔の筋肉と引っ張り合うので、これだけでも十分な顔トレ。
口を縦長に開いて「う」の形に。これが基本のスタイル。外へ動きたい顔の筋肉と引っ張り合うので、これだけでも十分な顔トレ。
両手を使うのが難しい人は、片側ずつでもOK。これを左右3回以上繰り返して。目の下のシワ&ほうれい線まわりのたるみを改善!
人差し指の側面で頰骨を引っ張り、目を閉じる・開けるを繰り返す。マスクで目立つ、目の下のシワにアイロンがけするイメージ。
「お」の口のまま、人差し指を曲げフック状に。これを頰骨の内側に引っ掛ける。おでこの外側と目尻を意識しながら目を開く。
「う」の口を縦に細長く開き、「お」の口に。顔は下げないように注意。これだけでもほうれい線を伸ばし、顔のたるみにも効果的。
口を縦長に開いて「う」の形に。これが基本のスタイル。外へ動きたい顔の筋肉と引っ張り合うので、これだけでも十分な顔トレ。

『世界一効く美顔づくりの教科書たるみもシワも総消し!』著・木村祐介

『世界一効く美顔づくりの教科書たるみもシワも総消し!』著・木村祐介

たるみやシワ、ほうれい線など老けて見える様々な悩みを解消するワークアウトが満載。わかりやすいQRコードつき。1,300円(学研プラス)

Navigator…木村祐介(きむら・ゆうすけ)

日本で唯一のパーソナルフェイストレーナー。運動力学や機能解剖学に基づいた、独自メソッドを考案。

【HanakoインスタLIVE開催!】
たるみに効果的な美顔ワークアウトを木村さんが伝授!詳しくはHanakoのインスタグラムをチェック。

(Hanako1192号掲載/photo : Shintaro Yoshimori, Yoshihito Ishizawa, Hiromi Kurokawa styling : Chie Hosonuma, Tomomi Tanuma model : Maiki Kimura food coordination : Toshie Kikawada illustration : Ema Mori, Takeshi Tomoda text : Emi Taniguchi ,Aya Honma, Momoka Oba cooperation : AWABEES, UTUWA)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る