ill_18
2020.12.14

自分のためのご褒美時間。 お風呂タイムの楽しみを増やそう!働く女子に聞いた「お風呂での過ごし方」。

これから本格的な冬に入れば更に長風呂をする人が増えるはず。そこで今回は癒し・贅沢・自分磨きなど様々な観点からお風呂時間を楽しむためアイディアをご紹介。家にいる時間が長いからこそ試す価値がありそう!

1.「ナイトライトLT-ST23」で光に癒される

ナイトライトLT-ST23 2,073円(AUKEY jp.aukey.com)
ナイトライトLT-ST23 2,073円(AUKEY jp.aukey.com)

「お風呂に浮かべて使える防水のLEDライトは白色と黄色、グラデーションで色が変化するカラーサイクリングをワンタッチで切り替え可能。お風呂の雰囲気がガラッと変わって面白い!」(市川さん)。

Navigator…市川渚(いちかわ・なぎさ)/クリエイティブ・コンサルタント。ファッション・IT関連のコンサルティングを行う傍ら、デジタルアイテムを使ったスタイリッシュな暮らしをメディアで発信中。

(Hanako1184号掲載/photo:Kazumasa Harada styling:Yui Otani text&edit:Yuriko Kobayashi)

2.〈L:A BRUKET〉の「シーソルトスクラブ」でボディケア

〈L:A BRUKET〉の「シーソルトスクラブ」
〈L:A BRUKET〉の「シーソルトスクラブ」

セージが入った、〈L:A BRUKET〉の「シーソルトスクラブ」。アーモンドオイルも含まれており、塩×オイル×ハーブで保湿しながら身体の引き締めをサポート。

おすすめはシャワーを軽く浴び、全身をスクラブで磨いたあとにそのまま流さず湯船に浸かること。
入浴剤を入れていなくてもそのまま身体についたお塩が溶けてバスソルトがわりに。太ももやふくらはぎ、お腹周りなどをガリガリとスクラブしていくのが本当に気持ちいい!

(photo,text:Atsuko Fukumoto)

3.「湯船に浸かりながら、ハーゲンダッツを食べる。」

ill_18

「お風呂の熱気により、ハーゲンダッツがマイベストな溶け具合に。シートマスクは韓国土産やプチプラを色々ストックして、その日の気分で選ぶのも楽しみのひとつ」

カメラマン・田形千紘/温かみがある写真で、女性誌のファッション・ビューティページで活躍。

(Hanako1180号掲載/photo : Natusmi Kakuto (still) illustration : SANDER STUDIO, Takeshi Tomoda (profile) text : Emi Taniguchi)

4.〈アデランス〉の「バスタイムエステ スパニスト」でヘッドスパ

12,800円(アデランス 0120-05-1960)
12,800円(アデランス 0120-05-1960)

1分間に約2,800回振動する4つのヘッドが、頭皮の毛穴に詰まった汚れをやさしく揉みだし、健やかな美髪へと導いてくれる。風呂場でも使える防水仕様。

(Hanako『ふだんづかいの大銀座』掲載/illustration : Ran Sakuma text : Mikiko Okai edit : Momoka Oba)

5.〈ジョーマローン〉の「ウッドセージ&シーソルト ホームキャンドル」で香りを楽しむ

ジョーマローン ウッドセージ&シーソルト ホームキャンドル

リフレッシュしたい日にアラサー向けにオススメなのは、「ウッドセージ&シーソルト ホームキャンドル」。

なんだかもやもやする。気分をすきっとさせたいという日にもぴったり。華やかでラグジュアリーな香りです。

キャンドルの燃焼時間は約45時間で、香りが長くたち、持ちがいいのも嬉しいです。

(text&photo:Yoko Iwakura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る