【台湾】人気イラストレーターのお気に入り台北スポット。意外なクリエーションの原点とは。
2020.10.16

魅力いっぱいの街・台北。 【台湾】人気イラストレーターのお気に入り台北スポット。意外なクリエーションの原点とは。

カラフルな色使いと繊細なタッチの作品が台湾で人気のイラストレーター、エステル・チェンチュンホンさん。女性を描くことが多く、想像力、おとぎ話、人生のさまざまなシーンで、独特な世界観で描かれている。彼女の創作の源は台北の街を歩いたり、ランニングで出会った台北の街。そこで出会った標識、家具、街ゆく人などが風景が作品に反映されています。そんなエステルさんにオススメのお気に入りの書店とランニングスポットを教えていただきました。
Hanako.taiwan
Hanako.taiwan / Hanako.taiwan

「Hanako.tokyoの姉妹サイト「Hanako.taiwa」は、「リアルな日本の情報をもっと知りたい!」という台湾の読者の方に向けオープン。フードはもちろん、カルチャー、ライフスタイルまで中国語で翻訳。感度の高い台湾の女性たちのためのウェブメディアです。」

Hanako.taiwanさんの記事一覧 →

クリエーションの原点は台北の本屋さん。

S__145866768

〈朋 丁 pong ding〉は台北の大安の路地の中にある書店。海外、写真集、デザインなどのアート本がセレクトされている人気のブックストアだ。「私は現代美術の巨匠やデザイナーの作品を見るのが好き。へンリ・マティスとデビッド・ホックニーのファンです。実験的で、カラフルで、前衛的なところに刺激を受けます。そんな有名、アーティストの画集を手に取りたいと思い立ったら、軽く走りながらこちらに来ます」とエステルさん。
カフェやショップなどが点在する大安地区は、台北の中でもカルチャースポットだ。3年前に古いビルをリノベして作られた〈pong ding〉。MRTの「MRT台北駅」と「MRT善導寺」そして「MRT中山駅」から歩いて10分ぐらいの距離。

写真2−1
大安区にある人気の書店〈朋 丁 pong ding〉。カフェも併設されているので、ゆっくり楽しめる。
写真3
3階はギャラリー。2017年にエステルさんも「《閒暇者的忙碌凝視》」という個展を開いた。
写真4
アートブックのセレクションに時間を忘れます。

散歩をしたり、朝のジョギングにぴったりな公園。

S__145866765

作品を創作し始めた頃のこと。自分の方向性がわからなくなってしまうことがあったという。「有名な作風を真似ることがトレンドだと思っていたことがありました。でも、それは間違っていると感じて、完成した作品を破棄したこともありました」創作のストレスから解放されるために始めたのがジョギング。走っていると自分の心も軽くなって、また前向きになったことからいまでは台北の街を走ることが日課になっているそうだ。
走っているときに出会う人、子供達、街の風景がいつしか彼女の作品へと反映されていることも。「路上観察が大好きです。老人たちのおしゃべりに耳を傾けることもありますよ。そして、遠くにある山を眺めたりもしますね」
バイクや車など交通量が多い台北。ランニングや散歩する場所は決まっているそうだ。

S__145866767

台北のジョギングに最適な公園ベスト3!

1.〈萬華馬場町紀念公園〉
「街中ほど混雑することはなく、広く景色を見渡せます。特に川沿いは走っていて気持ちがいいですよ。」
■台北市馬場町紀念公園-台北市萬華區水源路青年路口

2.〈天母運動公園〉
「子供からおばあちゃんまで思い思いに過ごす姿を見ることができる公園。ここで、しばらく、人を観察するのもオススメです。」
■臺北市士林區三玉里忠誠路二段77號

3.〈天母古道〉
「全長は2.6 kmあります。最初は長くて急な石段の道ですが、徐々に滑らかな道になるので走りやすい。ついつい、道ゆく人に見入ってしまうのが玉にキズですが。」
■臺北市士林區三玉里忠誠路二段77號

〈朋 丁 pong ding〉

■臺北市中山北路一段53巷6號
■ 02-2537-7281
facebook.com/pondingspace

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る