自分に合った自転車に乗ってる?【ライフスタイル別】おしゃれ×機能性抜群のバイクカタログ
2020.08.14

自転車のある暮らし。 自分に合った自転車に乗ってる?【ライフスタイル別】おしゃれ×機能性抜群のバイクカタログ

混雑を避ける通勤手段や、リフレッシュの手段として需要が高まる自転車。いま注目の2つのショップに、目的別のおすすめバイクを紹介してもらいました!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

〈tokyobike〉通勤や買い物に使いたい!毎日の移動に楽しさをプラスする。

〈tokyobike〉

歩きでは遠い場所を近くに感じたり、行ってみたいお店に足を延ばせたり。お気に入りの自転車を手に入れると生活範囲がぐっと広がる。〈tokyobike〉はそんな普段使いにぴったりなオリジナルの自転車と、“自転車のある暮らし”を提案してくれる。ブランドロゴを主張しないシンプルなデザインや、ほとんどのモデルがスタンド標準装備なのもうれしいポイント。

1.小さなタイヤでストップ&ゴーも快適。

〈tokyobike〉

またぎやすいフレームと、小回りのきく小径タイヤが特徴。カゴやラックをつければちょっとした買い物にも。4色展開。
■TOKYO BIKE CALIN 62,000円。

2.毎日の通勤で軽快に走りたいなら。

〈tokyobike〉

9段変速、細身のタイヤ、フラットハンドルと、最もスポーティなモデル。5〜10km程度の通勤もラクラク。全4色。
■TOKYO BIKE SPORT9s 78,000円。

3.変速のないシンプルな美しさ。

〈tokyobike〉

通常のスポーツバイクよりも小さめのタイヤで、踏み出しも心地いい。変速がないので故障が少ないのもポイント。6色展開。
■TOKYO BIKE MONO 48,000円。

〈Tokyobike Shop 吉祥寺〉
■東京都武蔵野市吉祥寺本町2-35-10 1F
■0422-27-2819
■12:00(土日祝11:00)〜19:00 水木休

〈BLUE LUG〉運動不足解消や趣味にしたい!所有欲を満たす魅惑的なスポーツバイク。

〈BLUE LUG〉

専門店ながら、雑貨のセレクトショップのような雰囲気で、初心者や女性ひとりでも立ち寄りやすい。自転車以外に必要な小物もスポーティすぎず、ファッション感覚でそろえられる。走りの軽快な自転車で体を動かしたいという人や、休日にサイクリングに出かけるなど趣味として楽しみたい人、デザイン性の高い自転車を探している人にもうってつけのお店。

1.乗り慣れてきてからのアップデートにも対応。

〈BLUE LUG〉

SURLYという人気のアメリカのブランド。ハンドルやタイヤの太さを選べ、バッグやカゴを装着できるなど、自分好みにカスタムがしやすいバイク。250,000円〜。

2.クラシックな見た目と軽快な走りを両立。

〈BLUE LUG〉

トラブルの少ないシングルギア。外見も美しいフレームは、リラックスした姿勢で乗れるのでスポーツバイク初心者にも最適。
■FAIRWEATHER 180,000円〜。

3.流行り廃りのない一生モノのデザイン。

〈BLUE LUG〉

拡張性が高く、長く乗り続けられる一台。中古やヴィンテージ自転車は美しくても乗り物としての不安があるが、新品でその世界観が楽しめる。
■RIVENDELL 300,000円〜。

〈BLUELUG 幡ヶ谷店〉
■東京都渋谷区幡ヶ谷2-32-3
■03-6662-5042
■14:00〜22:00(土日祝13:00〜21:00)水休

(Hanako1187号掲載/photo:Kenji Nakata illustration:WALNUT text:Akiko Yamamoto edit:Hanako Kajiyama, Dai Watarai)

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る