おうち時間は季節の野菜を使って保存食づくり。料理コーディーネーター・冷水希三子さんがつくる“丁寧な暮らし”。
2020.05.12

「とりあえず、で買ったものはありません」 おうち時間は季節の野菜を使って保存食づくり。料理コーディーネーター・冷水希三子さんがつくる“丁寧な暮らし”。

自宅兼仕事場の家で過ごす時間は、切り替えがなくいつも変わらない。仕事も寛ぎも料理が中心。そんな冷水希三子さんの家時間の過ごし方を教えてもらいました。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

家での小さな手間が重なり“おいしい”を運んでくれる。

「私は仕事以外の時に家で何をしているんだろう?と考えた時、寛ぎ時間も料理でした。ということは、私は家ではずっと寛いでいるのかも(笑)」そう笑いながら話す冷水さん。

冷水希三子さん
果汁を無駄にしないよう、必ず手で絞るという冷水さん。家時間は季節の野菜を使って保存食づくりを。
冷水希三子さん
家の中には植物、器が飾られている。「とりあえず、で買ったものはありません」

この日作っていたのは、“手作りポン酢”。これは仕事ではなく自分用。「“おいしいものが食べたい”という気持ちが強く、これでいいかと何かを口にすることはほぼありません。だからこの手作りポン酢も、おいしく食べるための下準備。作るといっても本当に簡単で、鰹と昆布でだしこをとって濾したら、薄口醤油、酢、みりん、酒、甘夏の搾り汁を足すだけ。無駄にしたくないので、甘夏は皮をむいて手で搾ります。春夏は実山椒の塩漬け、唐辛子の酢漬け、塩漬けも保存食として作ります。無農薬の果物や野菜を取り寄せているので、むいた皮はそのままざるへ」

冷水希三子さん
一つ一つ甘夏の皮をむく作業も愛情があふれている。

だしや甘夏のいい香りで満ちた家の窓際には、他にも果物の皮がざるに載って天日干しされている。「会津や信州のざるは実山椒やゆずの皮、野菜や唐辛子を干したり、大活躍。天日干しした野菜や皮は瓶に入れて保存し、料理に使います。柚子つなどの量でも天日干しを」

家と仕事場が同じであることによって、スペース的にソファが置けないということが唯一のネック。「その代わりに椅子やブランケットでゆったり過ごせるスペースを作ったばかりです」

【家時間のおとも】ヴィンテージの椅子と北欧のブランケット。

冷水希三子さん

「〈YAECA〉で購入したヴィンテージのウィンザーチェアと岡山で購入した北欧ブランドのブランケットのセットが、おこもり時間をさらにリラックスさせてくれています」

【ベストツール】会津、信州などのざるはサイズ違いでそろえる。

冷水希三子さん

「天日干しだけでなく、キムチ作りの時に白菜をどっさり入れたり、ざるの出番はとても多いので、持っていないサイズに出合うと買ってしまいます。この佇まいも好きなんです」

Profile/冷水希三子(ひやみず・きみこ)

料理にまつわるコーディネート、スタイリング、レシピ制作を中心に、書籍、雑誌、広告などで幅広く活躍中。
■Instagram:@kincocyan

(Hanako1184号掲載/ photo:Kosuke Mae text:Maki Kakimoto)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る