『ファイナルファンタジーVIIリメイク』/PlayStation 4
2020.05.05

この機会にチャレンジしてみよう。 ゲーム好き漫画家がおすすめする新作ゲーム2選!ゲームは女性の間でポピュラーな存在に。

ゲーム機やソフトが入手困難な状況になるほど、今ゲーム界がアツい!そこで今回は、月に4〜6タイトルの新作をやっているという、漫画家・山本さほさんに、2019〜2020年でおすすめしたい作品を教えてもらいました。

1.『十三機兵防衛圏』/PlayStation 4

『十三機兵防衛圏』/PlayStation 4

栄えある「日本ゲーム大賞」において、フューチャー部門を受賞したSFドラマチックアドベンチャー。個性的なファンタジーワールドを生み出してきたアトラス×ヴァニラウェアの完全新作として、多くのファンから支持を得ている。13人の少年少女たちが機兵と呼ばれる巨大ロボットに乗り込み、人類存亡の最後の戦いに挑む。8,980円(アトラス)

『十三機兵防衛圏』/PlayStation 4

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

▶︎おすすめ三カ条
1.独特な世界観を表現している!
2.日本ゲーム大賞の部門賞を受賞!
3.良作の多いアトラス作品!

2.『ファイナルファンタジーVIIリメイク』/PlayStation 4

『ファイナルファンタジーVIIリメイク』/PlayStation 4

1987年リリースされた第1作からこれまで、シリーズ累計販売総数1億4,900万本!社会現象にもなった日本製RPGの王道シリーズが今、蘇る。本作はシリーズの中でももっとも売れた名作(1,000万本)を、最先端の技術で完全リメイク。過去作のノスタルジーを新たな感覚で追体験できるファン待望の超大作。8,980円(スクウェア・エニックス)

『ファイナルファンタジーVIIリメイク』/PlayStation 4

©1997, 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA/ROBERTO FERRARI LOGO ILLUSTRATION: ©1997 YOSHITAKA AMANO

▶︎おすすめ三カ条
1.世界的に最も売れたFFシリーズ!
2.王道のRPGの中でも最高峰!
3.男女問わず楽しめるテイスト!

ゲームは女性の間でポピュラーな存在に。

「月に4〜6タイトルの新作をやっています。ただ、私に限らずゲームは女性の間でポピュラーな存在になってきているのでは。周囲でもよくゲームを楽しんでいる姿を見かけますし、背徳感は一切感じません(笑)。そんなゲームを取り巻く環境の中、2019〜2020年でおすすめしたい作品は2本。多くのゲーマーが絶賛する『十三機兵防衛圏』は、口コミで人気に火がつき、一時は入手困難な品薄状況となりました。そして、ほぼハズレなしと言われているシリーズのリメイク作品の中から『ファイナルファンタジーVIIリメイク』を。どちらもスマホのアプリほどお手軽ではありませんが、この機会に手を出してほしいです」

Navigator/山本さほ(やまもと・さほ)

漫画家。ゲームへの造詣が深く、『ファミ通』をはじめ連載多数。オンラインで飲み会を嗜む自称おこもり有段者。現在、『無慈悲な8bit④』が絶賛発売中。

(Hanako1184号掲載/text:Kohei Kawakami)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る