エース橋本
2020.05.06

有名アーティストがプロデュースするアルバムも。 【2020年】注目すべき新人アーティスト。チャンスを努力で掴み取り、心奪われる曲を続々リリース中!

YouTubeやサウンドクラウドのほか、SNSの発達で、世界中の新しい音楽が聴けるようになった。もちろん玉石混交なんだけど、よーく耳を澄ませてみると、かなりの実力者の作品があったりする。そんな中から、いきなり最前線に躍り出る音楽家って、下積みや苦労を重ねていたりして、実は滋味深い曲が多かったりもするのです。そこで今回はチェックしておきたい新人アーティストをご紹介します。

1.世界中が萌え上がる連弾姉妹/Kitri

スクリーンショット 2020-05-01 4.31.35

現役音大生のMonaと、妹のHinaによる姉妹連弾ボーカルユニット。地元京都で、子供の頃からピアノを習い、クラシックに慣れ親しんでいた2人。両親を含む一家で大ファンだったという大橋トリオと邂逅。独自の演奏スタイルに衝撃を受け、大橋自らプロデュースを買って出たという。MonaのメインボーカルとHinaのコーラス、そして連弾。イノセンスを体現するような演奏スタイルは、海外リスナーの心も鷲掴み。ライブの前に、まずは動画をチェック!

Kitri

『Kitrist』:大橋トリオがプロデュースしたデビューアルバム。映画『“隠れビッチ”やってました』の主題歌「さよなら、涙目」も収録。ギャップがすごい。

2.エモいボーカル&度胸!/大比良瑞希

大比良瑞希

ofubeatsやAlfred Beach Sandal×STUTSなどのライブや作品に参加し、そのエモーショナルなボーカルスタイルで注目を集めていた大比良瑞希。4年ぶりとなるセカンドアルバム『INANYWAY』が完成。先行の「ムーンライトfeat.七尾旅人」は、ハーモニーの美しさ、そしてパーカッシヴで90’sなリズムセクションが話題に。蔦谷好位置のプロジェクトKERENMIに大比良がフィーチャーされた『電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-』の主題歌「からまる」も収録。

大比良瑞希

『INANYWAY』:アルバム冒頭の「Eternal My Room」から、夏に聴きたい「ミントアイス」まで、聴き応え十分。tofubeatsが書き下ろした「無重力」もナイス!

3.体はLA、心はジャパン!/エース橋本

エース橋本

写真を見て、芸人さんかと思った人も少なくないはず。しかし、その正体はタイラー・ザ・クリエイターが率いたクリエイター集団「オッド・フューチャー」に参加していたDJ、ブランダン・デシャイだったのです。日本のアニメや漫画などが好きすぎて、アーティスト名も変更。さらに、やりすぎなジャケットには、同じくアニオタのサンダーキャットも参加している。ディープなんだけど、メロディアスなトラックメイクとメロディのR&Bを披露!

エース橋本

『プレイ.メイク.ビリーブ』:一時期は東京に在住して、EXILETRIBEにも楽曲提供していたとか。このニューアルバムには、向井太一を迎えた「2NITE」も収録!

(Hanako1184号掲載/text:Taku Takemura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る