ブルーノート
2020.05.03

80周年を迎えたNYの名門。 ジャズ初心者は必聴!おうちBGMにもおすすめ「ブルーノート・レコード」3作品

石塚真一原作の漫画『BLUE GIANT』シリーズがヒットしたことで、何かと話題に上るジャズ。そこで今回はファンはもちろん、ジャズ初心者にもおすすめしたいブルーノート・レコードのおすすめをご紹介します。

1.『処女航海』ハービー・ハンコック

『処女航海』ハービー・ハンコック

1965年に発表されたピアニストの名盤。海をテーマにした、鮮やかなピアノの即興が聴き所。

2.『クール・ストラッティン』ソニー・クラーク

『クール・ストラッティン』ソニー・クラーク

数々の名演を支えたピアニストが、1958年に発表したリーダー作。お洒落なジャケットに象徴される、晴々するような演奏が心地いい!

3.『ソング・フォー・マイ・ファーザー』ホレス・シルバー

『ソング・フォー・マイ・ファーザー』ホレス・シルバー

1964年に発表されたタイトル曲は、ジャズのスタンダードとして知られる。

『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』

2019年に発表されたドキュメンタリーがブルーレイ化、貴重な映像が盛りだくさん!
2019年に発表されたドキュメンタリーがブルーレイ化、貴重な映像が盛りだくさん!

石塚真一原作の漫画『BLUE GIANT』シリーズがヒット。作品に登場するジョン・コルトレーンらの曲をまとめたコンピレーション『ブルージャイアント』も発表され、漫画原作のファンも実際に音楽を聴く機会が増えている。そんな巨匠たちが多くの作品を発表、1939年に創立され、昨年80周年を迎えたNYの名門〈ブルーノート〉のドキュメンタリー映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』も発表された。ハービー・ハンコック(80歳)とロバート・グラスパー(42歳)など、世代を超え、縁深い音楽家たちがセッションを披露。また、劇中に登場するジャケットの色彩も『ブルージャイアント』ファンにはたまらないものがあり、必見&必聴の作品だ。

(Hanako1184号掲載/text:Katsumi Watanabe)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る