FotoJet (1)
2020.04.20

おしゃれなものを着ると気が引きしまる! おうち時間もおしゃれに。おしゃれで上質なルーム&アンダーウェア8選

おうち時間もおしゃれに過ごしたい大人女子たちへ、上質でおしゃれなルームウェアからアンダーウェアまでご紹介します。

1.〈SLEEPY JONES〉

27,000円(THE MOTT HOUSE TOKYO 03-6325-2593)
27,000円(THE MOTT HOUSE TOKYO 03-6325-2593)

NYのラウンジウェアブランド〈SLEEPY JONES〉のリバティ柄のパジャマセット。細番手で織り上げたなめらかなコットン素材で、継ぎ目が肌に触れないように縫製するなど、着心地へのこだわりが随所に。

(Hanako1179号掲載/photo : Naoki Seo text : Asami Kumasaka text & edit : Seika Yajima)

2.〈フランク & アイリーン〉

hanako04-768x768

アイロンが不要で洗いざらしのまま着られるアイテムが大活躍。はおりとしてもシャツとしても使える、利便性の高さとスタイリッシュさを兼ね備えた〈フランク&アイリーン〉は、一枚持っておきたいところ。130年以上の歴史を持つイタリアの老舗生地メーカーの素材を使ってカリフォルニアでデザインされているシャツだけに着心地の良さも色柄のバリエーションもパーフェクト。さらに身体の動きも研究して作っているから、アクティブに行動する時にもぴったり!

(photo&text:Kishiko Maeda)

3.〈ハンロ〉

hanako03-768x768

ランジェリーやラウンジウェアは全てここのもので揃えたい!と思うほどに溺愛しているハンロ。実は、普段の装いも素敵に仕上がるアイテムも多々。たとえばこのノースリーブトップスは、極限まで研ぎ澄まされた品の良いシルエットと、うっとりするような綿の手触りが、さすがはハンロ。

(photo&text:Kishiko Maeda)

4. 〈COCOONA SKINWEAR〉

カップ入りキャミソール、ショーツ(コクーナスキンウェア)
カップ入りキャミソール、ショーツ(コクーナスキンウェア)

つけていることを忘れるほどさらっとした着心地は、シルクならでは。透け防止になる色は仕事上も必須。

5.〈KEnTe〉

ブラジャー、ショーツ(ケンテ/ケンテカスタマーセンター■03-4330-0336)
ブラジャー、ショーツ(ケンテ/ケンテカスタマーセンター■03-4330-0336)

スウェット地でリラックス度は抜群。絶妙な色味とたっぷり入ったギャザーが好き。上下で色を変えてもかわいい。

6.〈hazelle〉

ブラトップ7,500円、ショーツ3,000円(ヘーゼル/エンピーアール■03-6876-3783)
ブラトップ7,500円、ショーツ3,000円(ヘーゼル/エンピーアール■03-6876-3783)

大好きなセレクトショップで出会いました。リピート中。縫い目が外に響かず、着心地抜群の一枚。オーガニックコットンです。

山口香穂/スタイリスト。栃木県生まれ。轟木節子氏に師事後、2014年に独立。雑誌、WEB、広告などで活動中。
インスタグラム:@kaho__yamaguchi

(Hanako1182号/photo : Tomoya Uehara styling : Kaho Yamaguchi text : Yoshie Chokki)

7.〈bijorie〉

「ブラレット」2,900円、「サニタリーショーツ」1,900円(アダストリア 0120-601-162)
「ブラレット」2,900円、「サニタリーショーツ」1,900円(アダストリア 0120-601-162)

ヘルシーな可愛らしさと軽やかな着け心地で人気の下着ブランド〈ビジュリィ〉。この春新たに登場する「ポルカ」シリーズは、グラデーションのような淡いドット柄にこだわった一着。ピスタチオやアイボリーといった優しいカラーが、ブルーデイの心も和らげてくれそう。

8.〈K+1%〉

ブラ4,500円、ショーツ3,500円
ブラ4,500円、ショーツ3,500円

2018年秋にスタートしたサニタリーランジェリーブランド〈K+1%〉。スタイリストのスド=キョ=コさんがディレクターを務めていて、高いデザイン性で注目を集めている。ストレッチベロア素材を使用したブラとショーツは伸縮性に優れていて着け心地抜群。ヒップの方までクロッチが付いているから、漏れの心配いらず。

(Hanako1181号掲載/photo:Keiko Nakajima styling:Noriko Yaguchi text:Momoka Oba illustration:oyasmur edit:Rio Hirai)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る