FotoJet (23)
2020.04.17

むくみがちなおうち時間に。 「在宅ワークで顔のたるみが気になる!」。”ながら美容”おすすめフェイスローラー3選

ただでさえ季節の変わり目になるとむくみがちなフェイスライン。プラスして在宅ワークでパソコン作業が長引くとつい姿勢が悪くなり、顔のたるみも気になる。そこで今回はたるみのケアや、むくみ改善が期待できる「美顔ローラー」をご紹介します。仕事の隙間時間やスマホを見ながら、入浴時など、片手が空いたときの”ながら美容”におすすめです。

1.〈ルルド〉の「フェイスメイクローラー」

45,000円(アテックスサービスセンター 0120-486-505)
45,000円(アテックスサービスセンター 0120-486-505)

大阪体育大学との共同開発。電気刺激のEMSと、深部を温める温感RF(ラジオ波)を搭載したローラーが、顔を包み込んで刺激。歯と歯茎のピリピリ感を軽減した、独自設計。
「2つのローラーがそれぞれに電流を流す設計が珍しい!片方のローラーの単独使いができるから、鎖骨付近や耳後ろのリンパ腺を刺激した後に、頬を挟み込んで使うと顔がすっきり。肌のメイク乗りもアップ!」(神原サリーさん)

【効果的な使い方】
1.下から、前から筋肉を引き上げ!
2.鎖骨辺りや耳後ろのリンパも流せる。

(Hanako1172号掲載/photo : Mari Yoshioka text : Kyoko Kashimura, Miho Arima, Nao Yoshida edit : Nao Yoshida)

2.〈SIXPAD〉の「フェイシャルローラー」

〈SIXPAD〉「フェイシャルローラー」18,000円
〈SIXPAD〉「フェイシャルローラー」18,000円

筋肉にアプローチして押し流し、フェイスラインをストレッチ。

(Hanako1180号掲載/photo : Chihiro Tagata (model), Natusmi Kakuto (still) text : Emi Taniguchi)

3.〈ReFa〉の「リファモーションカラット」

「リファモーションカラット」28,500円(MTG 0120-315-332)
「リファモーションカラット」28,500円(MTG 0120-315-332)

表情を動かすことによって蓄積した疲労や、フェイスラインのもたつきなどに。一度に深くつまみ流し、美しく引き締める。

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る