老舗&話題店の雑貨アイテム6選!【東京駅イーストエリア】作家ものの器や北欧デザインまで。
2020.03.01

母にあげたい、センスが光るプレゼント。 老舗&話題店の雑貨アイテム6選!【東京駅イーストエリア】作家ものの器や北欧デザインまで。

歴史に裏付けされた職人技が光る老舗から、コンテンポラリーなアイテムが話題の店まで。ギフト探しはもちろん、自分用にも欲しくなる雑貨が目白押し。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈タッチアンドフロー日本橋髙島屋S.C.店〉

タッチアンドフロー日本橋髙島屋S.C.店
手前・6,000円、奥・9,000円(共にタッチアンドフロー|タッチアンドフロー日本橋髙島屋S.C.店 03-6262-2854)

ほどよく手になじむシュリンクレザー×真鍮ボタン。もうひとつのポケットのように気軽に使えるアイテム。ペンポーチ(手前)は全5色。4色そろうフラットポーチ B6(奥)にはこまごましたものを。

2.〈ポスタルコ京橋店〉

ポスタルコ京橋店
下・7,000円、上・ストーン付き 各14,000円( 全てポスタルコ|ポスタルコ京橋店 03-6262-6338)

LA出身のマイク・エーブルソン氏がNYでスタートした〈ポスタルコ〉。ハンドメイドの真鍮製キーホルダーはネジで開閉して鍵を通すつくり。碧玉やメノウなど、天然石のタイプは贈り物にも喜ばれそう。

3.〈minä perhonen elävä Ⅱ〉

minä perhonen elävä Ⅱ 馬喰町
46,000円(iittala|minä perhonen elävä Ⅱ 03-6825-8037)

〈minä perhonen〉の新ショップには、家具から小物まで北欧デザインのプロダクトがそろう。コロンとしたフォルムがかわいい鳥のオブジェはフィンランドを代表するガラスデザイナー、オイバ・トイッカの作品。色違いも。

4.〈白木屋傳兵衛〉

白木屋傳兵衛 京橋
左・950円、右・1,700円(共に白木屋傳兵衛 0120-37-5389)

パン屑などをさっと掃除できるテーブル用小箒(左)に、握りやすく、洋服使いにぴったりの「肩払い」(右)。軽さとコシの強さに江戸時代から続く老舗の技が感じられる上に、見た目も素敵。さりげなく飾っても様になる。

5.〈榛原〉

榛原 日本橋
ちいさい蛇腹便箋各500円(榛原 03-3272-3801)

1806年に日本橋で創業した〈榛原〉には、トラディショナルな柄をキュートにアップデートした商品も。まるでマッチ箱みたいなルックスのこの便箋は、蛇腹式で好きな部分でカットして使えるというアイデアもの。表紙はほかにもバリエーションが。

6.〈ヒナタノオト〉

ヒナタノオト 日本橋小舟町
皿(大)13,000円、(小)9,000円、片口35,000円、匙1,500円(全て富井貴志|ヒナタノオト 03-5649-8048)

一見磁器のようでいて、実は木製。新潟の作家・富井貴志の作品で、オオノキや栗、山桜などの木材を使い、漆を何度も重ねて作り上げる。軽くて使い勝手もいいので、形違いでストックしたい。

(Hanako特別編集『East Area of Tokyo Station Magazine』掲載/photo : Kengo Shimizu styling : Chiaki Utsunomiya text : Hiroko Yabuki)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る