AK+ 自由が丘
2019.12.16

香り豊かな“ワイルドフラワー”専門店も。 アレンジ体験ができるおしゃれフラワーショップ3軒。【東急東横線沿線】カフェ巡りやショッピングついでに。

おしゃれなお店がひしめく人気エリア、東急東横線沿線。カフェやショッピングついでに、新たな趣味のきっかけとしてフラワーアレンジメントを楽しんでみては?今回は、フラワーアレンジメントのレッスン・ワークショップが体験できる、代官山・自由が丘のフラワーショップ3軒をご紹介します。

1.〈COCO BOTANICAL arrangement〉/代官山

代官山 COCO BOTANICAL arrangement
「店内が狭いので、ワークショップの定員は1回で4名くらい」と成松さん。
「店内が狭いので、ワークショップの定員は1回で4名くらい」と成松さん。

「ドライフラワーならではのシックな色合いと落ち着いた雰囲気に魅せられた」という店主の成松朋実さんが、2016年にオープンしたドライフラワー専門店。

扉を開けると、天井一面に吊るされた色鮮やかなドライフラワーが迎えてくれる。使う花材はすべて自家製。
扉を開けると、天井一面に吊るされた色鮮やかなドライフラワーが迎えてくれる。使う花材はすべて自家製。

ドライフラワーといっても、お店に並ぶ花々はどれも驚くほど色鮮やかで、店内にはポプリのような優しい芳香が漂う。その理由は、すべて自家製のドライフラワーを使っているから。天井には多彩な種類の花々が吊るされていて、まだ生花が新鮮なうちに素早くドライに仕上げている。

好きな花材を選んだら、生花と同じ要領でブーケを作っていく。
好きな花材を選んだら、生花と同じ要領でブーケを作っていく。

ここでは月替わりでテーマを決めたドライフラワーのアレンジメントが人気を集めている。
「乾いた花を使うことで、クラフト感覚でアレンジメントできるのがドライフラワーの魅力」と、成松さん。

ワークショップのほか、アレンジメントのオーダーやオリジナルブーケの販売も。贈り物にも人気。3,200円~。
ワークショップのほか、アレンジメントのオーダーやオリジナルブーケの販売も。贈り物にも人気。3,200円~。
キーチャームの作れるアレンジメントなどドライならではの作品も。
キーチャームの作れるアレンジメントなどドライならではの作品も。

ブーケのほか、リースやオーナメント、ガラスドーム、しめ縄などドライフラワーならではの多彩なアレンジメントが楽しめる。

〈COCO BOTANICAL arrangement〉
月ごとにテーマを変えたワークショップを開催。料金や内容は都度異なる。詳細、予約はHPから。ドライフラワーの単品販売、ブーケのオーダーも。
■東京都渋谷区恵比寿西2-20-14 森川コロニー2F 
■12:00~19:00 不定休 

(Hanako1178号掲載/photo : Satoko Imazu, Koichi Tanoue text & edit : Chisa Nishinoiri)

2.〈AK+〉/自由が丘

AK+ 自由が丘

西オーストラリアに自生するワイルドフラワーのエネルギーをたくさんの人に感じてもらいたいという思いで、2年前からはじめたワイルドフラワー専門店。店内では、プリザーブド加工という特殊加工が施された、生とドライの中間で発色がよく、天然の香りと効能が続く「オーストラリアプリザーブドフラワー」を数多く展開している。

ソフトな感触、香りや効能などアレンジ後の美しい状態は、約1年間持続。ゆっくりとドライフラワーに変化していく過程も楽しみたい。
ソフトな感触、香りや効能などアレンジ後の美しい状態は、約1年間持続。ゆっくりとドライフラワーに変化していく過程も楽しみたい。

花は、1本単位やグラム数で購入できるほかに、ブライダル用ブーケ、赤ちゃんのバースフォトや記念日などに使えるアルファベットの花文字、お手頃価格なスワッグなど、インテリアとしてそのまま楽しめるアイテムも豊富だ。2階では、随時ワークショップが楽しめるので、香り豊かな西オーストラリアのワイルドフラワーに触れてみて。

〈AK+〉
■東京都目黒区自由が丘1-25-5
■03-6459-5574
■11:00~19:00 水休

(Hanako CITYGUIDE『自由が丘 百科事典』掲載/photo: Kazuharu Igarashi, jun Nakagawa text: Seiko Takahashi)

3.〈BLOOM & STRIPES〉/自由が丘

BLOOM & STRIPES 自由が丘

プロのアドバイスがついたフラワーアレンジは、予約いらずの手ぶらでOK!花も器も好きなもので挑戦を。

〈BLOOM & STRIPES〉
「セルフアレンジメント®」はいつでも予約なしで体験可能。
■東京都世田谷区奥沢5-14-1
■03-6421-1187
■10:00~19:00 日休

(Hanako CITYGUIDE『自由が丘 百科事典』掲載/photo: Kazuharu Igarashi, jun Nakagawa text: Seiko Takahashi)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る