t19_1027_hanako_11201_仮
2019.12.08

まるで羽毛!やみつきのボディブラシも。 丁寧なバスタイムで変わる!おしゃれバスケアアイテム4選【ギフトにもおすすめ】

一日を締めくくるバスタイムには、五感が喜ぶものを。頑張った自分をたっぷりと甘やかす時間に。Hanako『1000円の幸せと、6000円の悦びと。おいしい店!』「キレイを磨き、自分メンテナンスを」よりお届け。
s19_1027_hanako_11201_仮

1.愛する人を抱きしめるような幸福感で満たされる。

なめらかな泡で全身を包み込み、しっとり洗い上げる〈uka〉の塩入りボディウォッシュ。イランイラン、ブラックペッパー、マンダリンオレンジ、ユズの精油による愛の香りで、一日の緊張を解きほぐして。3,000円(uka Tokyo head office 03-5843-0429)

2.パルマローザの香りに全身を預け一日のノイズをリセット。

たっぷりの米ぬかオイルがしっとり肌に整える〈OSAJI〉のバスミルク。シトラスとローズをあわせたような、爽やかでエレガントな香りで気持ちをリフレッシュ。バスタブに注ぐとまろやかな乳白色のお湯に。2,500円(日東電化工業 0120-933-871)

3.職人が生み出した至高のブラシでお疲れの肌もすべすべに。

熊野筆の伝統技術をモダンデザインに昇華したボディブラシ。白い山羊毛のソフトタイプは羽毛のような至福の感触。一度体感したらやみつきに。豚毛・山羊毛をミックスしたハードタイプはフットケアにも。各10,000円(SHAQUDA 082-854-1137)

4.優雅な気分に浸りたいときは、麗しい香りのバスソルトをお供に。

ザクロをイメージしてシトラス、アイリス、バニラ、パチュリをブレンドした、20世紀中頃に生まれた香りのバスソルト。フィレンツェの歴史を感じさせるパッケージはインテリアとしても秀逸。7,000円(サンタ・マリア・ノヴェッラ銀座 03-3572-2694)

(Hanako1179号掲載/photo : Naoki Seo text : AYANA text & edit : Seika Yajima)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る