日本橋 榛原
2019.10.23

シリーズ「大銀座老舗手帖」 手紙を書くなら、日本橋の老舗和紙舗〈榛原〉のレターセットを。竹久夢二のデザインも。

戦前より、東京随一の高級繁華街として国外でも名高い、大銀座エリア。近年は新しい商業施設が増え、街の景色や訪れる人にも変化がありますが、昔から愛され続けている老舗が、いまもなお、数多く軒を連ねています。今回は、100年以上続く日本橋の老舗和紙舗〈榛原〉が守り続ける伝統と新しい挑戦を感じさせる魅力的な品をご紹介。

そのときどきの手紙のあり方に寄り添って、豊かな時間を提供する。

日本橋 榛原

江戸時代後期、日本橋で和紙舗として創業し、200年以上の歴史を持つ〈榛原〉。当時の手紙は大切なコミュニケーションツールのひとつで、直接会話をする前にまず手紙を送る、ということも。そのため、便箋選びや字の美しさは、自分の印象を演出するキーポイントでもあったそう。そんななか〈榛原〉の「雁皮紙」という良質な和紙は、なめらかな筆あたりで、細い字でもきれいに書けると評判に。ほかにも和紙に木版摺りで装飾を施した千代紙、団扇、便箋などが、粋を好む江戸の人たちに愛された。

日本橋 榛原

〈榛原〉は和紙の伝統を重んじるのと並行して、時代の流れにも敏感に反応。文明開化を迎えると、ウィーンやパリなど各国で開催された博覧会にいち早く参加して、和紙の魅力を発信。その一方で日本でも西洋紙を扱い、紙の楽しみ方を広めていった。また国内の芸術活動をサポートして、数々の一流画家と交流を深め、〈榛原〉製品のデザイン原画を依頼。お得意さんだったという竹久夢二もそのひとりで、こうした原画は現在もさまざまなアイテムに取り入れられている。「木版摺 色ふちレターセット」は、白和紙に木版摺りと刷毛引きという伝統的な手法を使って縁取り。アーカイブされているオリジナルの図案をもとにした「ちいさい蛇腹便箋」は、折り目がミシン目になっていて、文章の長さに合わせて切り取り可能な、現代の巻き紙に。手紙のあり方や意味合いは、メールのなかった頃と今とでは大きく変わっている。送る相手の顔を思い浮かべて、一言一句考えながら丁寧に文字を書く時間の豊かさに、こうしたアイテムは気づかせてくれる。

変わらないもの 木版摺 色ふちレターセット(右)

便箋は、縁の部分にブラシで色を乗せて生み出す刷毛引きの手法。封筒は木版摺りで鮮やかに仕上げている。古くから愛されてきた定番アイテムの技法はそのままに、サイズをやや小さくしている。赤、青、橙、緑の4色展開。1,200円

新しいもの ちいさい蛇腹便箋(左)

ぽち袋とセットになった手のひらサイズの蛇腹便箋。麻の葉(右上)と松竹梅(右下)は〈榛原〉千代紙の図案。山みち(左下)は、竹久夢二が〈榛原〉のためにデザインした作品がもと。ちょっとしたメッセージカードとしても。各500円

〈榛原〉

店舗の壁は「色硝子」がモチーフ。光の加減で、表情豊かな菱型文様が浮かび上がる。
■東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー1F 
■03-3272-3801 
■10:00~18:30(土日~17:30) 祝、年末年始休 

(Hanako1177号掲載/photo : Nao Shimizu text :Akane Watanuki edit : Seika Yajima)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る