夏の夜にしたいこと、3つ。ナイトテラスからスポーツ観戦、夜喫茶まで!
2017.07.11

ヨルは短しソト出よ乙女♡ 夏の夜にしたいこと、3つ。ナイトテラスからスポーツ観戦、夜喫茶まで!

仕事終わりのビールは格別だし、生ぬるい夜風も気持ちいい!いよいよ夏の夜がやってきました!花火に、ビアガーデンに、夜遊びに……夏の夜にやりたいことはたくさんあるけれど、今回はイマドキの楽しみ方をご紹介。夏も夜もあっという間に過ぎてしまうから!今すぐ街へ繰り出そう、乙女たち♡

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

【夏の夜にしたいこと1】夜風を感じるナイトテラスで乾杯。

センス良いスパイス使いが魅力〈orangé〉。

今春、オープン10年を機に〈orangé〉がリニューアル。店先に並ぶテラス席は、歩道との境に緑を並べることで、歩行者の目を気にせず過ごせる空間に。以前と変わらず、夜風が心地よい時間を演出する。フードは料理家の栗原友さんが監修し、日本の食材や世界のスパイスを使い、国境を超えた厚みのある品々に食指が動く。トリュフが香るローストビーフバーガーやフレンチフライは、シャンパンを合わせて楽しみたい。

orangé

orangé

  • ダイニングバー
  • 六本木駅

隠れ家的スペースでリラックス!〈HyLife Pork TABLE〉

ビルの2階に位置するテラス席は、車や人の流れを気にせずにくつろげる、隠れ家のようなスペース。夜空の下、ほんのりと灯りが照らす雰囲気は、いつもより女子トークが盛り上がること間違いなし。こちらでは、カナダの農場で一貫生産された“ハイライフポーク”を、さまざまなメニューで味わえる。イチオシは、オリジナルスパイスでマリネしてグリルした厚切りステーキ。うまみとコクに優れ、さらりと軽やかな後味だ。

「ドライリブ」1本200円。骨から身がほろっと取れるやわらかさ。手づかみでカジュアルに。

「厚切りポークグリルステーキ」100g 750円、注文は200g~。フレッシュトマト&レモンのサルサで食べる。グラスワインは650円~。テラス席の予約不可。

HyLife Pork TABLE

HyLife Pork TABLE

  • ステーキ/ビストロ
  • 代官山駅

【夏の夜にしたいこと2】晴れた日はスポーツ観戦へ!

爽快感と高揚感をたっぷりと〈野球観戦@明治神宮野球場〉

野球好きはもちろん、実はそうでない人にこそおすすめしたい明治神宮野球場での野球観戦。東京メトロ銀座線外苑前駅から徒歩約5分という好立地で、仕事帰りにも楽しめる気軽さながら、最高の爽快感を味わえるんだから、行ったことがないなんて絶対に損してる!

明治神宮野球場に行く前には天気のチェックも大切。空の下で心地よく吹き抜ける風を感じながら、広々とした空間で見る野球は、ドーム球場では絶対に感じられない良さがある。野球初心者同士なら、外野自由席がおすすめ。

大きな鉄板で焼かれる山盛りのウインナー。18番入り口横にある〈ルウジャパン〉の「ウインナー盛り合わせ」(メガ盛り800円)は、明治神宮野球場に来たら一度は食べておきたい名物グルメ。観戦しながら食べるフードをあれこれ選ぶのも、観戦の楽しみのひとつだ。

競馬場そのものを満喫しよう!〈競馬観戦@大井競馬場〉

最近、競馬場に女性が増えているって知っていましたか。デートスポットや女子会スポットとして、注目を集めているんだとか。ハナコラボの斉藤アリスさん(中央)と内田尚子さん(左)も競馬経験者。今回競馬デビューという木村衣子さん(右)を連れて、大井競馬場へやってきました。100円の入場料を払って、いざ場内へ。

時間は17時すぎ。仕事終わりに合流した3人は、19時出走の9Rから馬券を買うことにして、まずパドックへ。ここはレース直前の出走馬を下見するための場所で、競馬場の中で一番間近に馬を眺められる。「尻尾のつけ根が立っている馬は、おしりの筋肉が発達してるんだって」と内田さん。しっかりと馬の体つきをチェックしている様子。木村さんも初めての競走馬を前に「馬ってかっこいいですね!」と興奮気味。

19時、9Rがついにスタート! 大井競馬場には自由席から有料指定席、ブッフェスタイルのレストランまで様々な席があるけれど、レースを一番間近で見られるのはコース外側のゴール前。目の前を馬たちが走り抜けていく様子は迫力満点だ。出走すれば、ゴールするまではあっという間。ゴール間際になると、観客席全体が白熱する。3人も声をあげてレースに熱中。そして――ついにゴール! みんなの予想、どうだった?

【夏の夜にしたいこと3】夜までやっている純喫茶で、ひっそりと夜更かし。

40年の時を経ても変わらない味と空間〈ギャラン〉。

今年で創業40年を迎える老舗。階段を上がると、広々とした店内に輝くシャンデリアが目を引く。オムライスやドライカレーといった軽食メニューのほか、パフェやあんみつなどの甘味も充実。新聞や雑誌を広げて寛ぐ常連に交じって、昭和の煌びやかな空気を堪能して。23時まで営業。

入口はビル1 階に。レンガ造りの階段には高級感が漂う。

「ナポリタン」サラダ付きで900円。絵本からそのまま飛び出してきたかのような、ティピカルな佇まい。

ギャラン

ギャラン

  • 喫茶店
  • 上野駅

タマゴサンドを頬張りながら、始発を待つ〈みやざわ〉。

銀座の街で愛されるサンドイッチメニューは全部で11種あり、「牛ヒレステーキサンド」や「ヒレカツサンド」も人気で、どれもボリュームたっぷり。午前4時まで営業。ただし、イートイン&テイクアウトともに、提供が始まるのはランチタイム以降の15時半からなので注意。

銀座の高級クラブでも御用達の逸品。少し薄めにカットされたパンはしっとりとしていて、そこからはみ出
るほどにぎっしりと詰まった中身を優しく受け止めている。ゆで卵を潰したものとマヨネーズを混ぜた具にはコクがあり、バターの香りも相まって、いくつでも食べられそう。「たまごサンド」850円。

みやざわ

みやざわ

  • 喫茶店
  • 銀座駅

Hanako1133号・1127号より参照。

編集部

夜更かしのシメには、早朝の築地市場なんていかがでしょう。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る